お盆の季節はとても忙しい

何でしょうか 会社が休みだからでしょうか あるいは クリニックの多くもお休みをとられているからでしょうか まあその両方でしょうか この季節 外来診療をやっているととても忙しく また重症例が多いのです 今日の僕の外来診療だけでも入院指示どうでしょうか 20名ぐらいに発行しました その内の 3例は今日緊急入院です 一人は冠動脈にステントが入り、一人は巨大な易破裂腹部大動脈瘤に対して ステントグラフトが入り、お二人ともあっという間に元気に回復です

そうかお盆は既に旅立たれた人の魂との交流ですから、呼ばれるのでしょうか

僕も明日から週末まで短い休みを取ろうと思っていたのですが、急遽休みを取られた同僚の代わりに外来診療を行います でも緊急例が多い時期なのでやり甲斐がありますね

とわ言ってもプログラミングが中断したままです しかも悪いことに僕の浮気性が出てきて、それは何かと言えば、日本発の完全オブジェクト指向言語である Rubyの勉強なのです 実はこれまで数回行おうとしたのですが、なかなか進まず挫折していたのです その大きな原因は Windows環境での Ruby Programmingが相当やりにくい、ということがあったのです でもその初めてとりかかってから既に 10年以上が経過する間に状況は一変し、 Windows環境でもバッチリとなっていました それに何より僕の現在のプログラミング環境は OSXであり、Unixであるので Rubyはすいすい走るのです それに世界は Web開発は Ruby一色になりつつあります そんなこんなで再び Rubyの勉強を始めたので Qtによる DIB programmingは中断しています 結局こんな自分では何もものにならないのかも知れませんね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です