Bucaramanga, Colombia

つい数ヶ月前まで、外務省渡航自粛地域に指定されていたコロンビア第五の都市、Bucaramangaの心臓病センターに昨日は朝から行きました Brcaramangaは標高 1,000mに位置する高原都市ですが、周りを2,000m級の山々に囲まれています 人口は 50万人ぐらいであり、国境から遠くないのです、かつては激しい戦闘地域であったのでしょうが、現在はその面影無く、美しく静かな活気ある街でした

流石にこの地まで来る日本人はあまりいないようですが、それではも Fujiyamaという和食ではなく、中華料理の店がありました 何でもご主人は日本人ですが、現在病気でHoustonにおられ、奥様は台湾の方で、日本語を話される方で、その方とその方のご姉妹の方、そして、コロンビア人のchefでやっておられました なかなかおいしい料理でしたが やはり中華料理でした

心臓病センターは財団が運営していて、ブカラマンガ自治大学医学部付属病院でもあり、建て替え中のとても奇麗な建物でした カテ室は僕がお披露目したことになります この日初めて PCIが行われたカテ室ということになります それまでは、他の病院建物で行われていたということでした マシンは東芝でしたがなかなか良いマシンでした

症例は慢性完全閉塞ばかり3例でした 全て順行性アプローチで成功裏に終了しました

Hp

Entry of the Hospital
Entry of the Hospital
Finishing 3 CTO cases
Finishing 3 CTO cases

 

終了後、遅い昼食を会議室で皆でとりましたが、そこには Bucaramangaの市長代理および、保健局代表の方が来られ、栄誉にも Bucaramanga市の名誉市民となりました

Authorized Citizen
Authorized Citizen

予定よりも早く終了し、 18:30発の Bogota行き Avianca便まで時間があったので、Bucaramanga近郊にある国立公園となっている渓谷まで車を飛ばして頂きました 残念ながら16:00過ぎて到着したため、施設はしまっていましたが、そこからの絶景はものすごいものがありました 是非今度は時間をとって訪れたいものです

Cable Car to Canal
Cable Car to Canal

Cablecar

本日はこれから Foundation of Infantile Cardiologyで The 3rd Coloumbia Complex PCI Summit 2014を行い、本日・明日と慢性完全閉塞のライブを5例にわたって行います 時差ボケに負けないように頑張ります

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です