Yosemite upgrade顛末

昨日水曜日は 3:45AMに Bogota Royal Hotelを出発し、 5:45AM発の San Salvador行き Avianca便に搭乗しました San Salvadorは El Salvadorの首都であり、そこで1時間以内の短いトランジットの後、シカゴ行き Avianca便に搭乗したのです

San Salvador空港
San Salvador空港

San Salvador空港は小さなもので、国際線乗り換え、と行っても別にレントゲン機械がある訳ではありません その代わり、厳しい身体検査が全員に対して行われます 手荷物は全て徹底的に開けられ、中身が全てチェックされます プライバシーは存在しません また身体検査も靴の厳しいチェックを始め、厳しいものでした きっと、武器だけでなく麻薬についても厳しく調べているのでしょう

Chicago Tribune本社ビル
Chicago Tribune本社ビル

結局 Bogota空港を出発してから 9時間ぐらいでシカゴ国際空港到着しました シカゴはもう 15年ぶりぐらいでしょうか ミシガン湖畔にそびえる巨大な美しい街です

Uno Pizza
Uno Pizza

シカゴと言えばまずはシカゴ・ピザです その発祥の地である Uno Pizzaで軽い夕食をとり、疲れと時差ボケと睡眠不足のためそのまま眠ってしまいました

UnoのPizza
UnoのPizza

そして、眠っている間にダウンロードが完了していた Yosemite Upgradeを行ったのです Yosemiteとは Appleが Mac向けにリリースした最新の OSです

もともとOSのupgradeにはこれまで用いていたソフト(最近ではアプリという呼び名が一般的でしょうか)が動作しなくなるという危険性があります 僕の場合、プログラムで用いる特殊な環境を構築しているので、その危険性は大きいのです 予想された危険は、Homebrew, Xcode辺りでした これらに関しては事前にインターネットで調べ、対策を予めとっていました

さて、Yosemiteをインストール、これもインストールに時間がかかることが分かっていたので、そのまままた眠りました インストールには数時間かかったと思いますが、インストール成功し立ち上げ、Homebrew/Xcodeをチェックしましが事前の準備のせいか問題ありませんでした 念のためParallels Desktop/Windows7も立ち上げましたが問題ありません

しかし、突然 XAMPPが作動していないことに気づきました これには少し焦ったのです XAMPPの中の MySQLが作動していないのです 随分とネットで調べたところ無事にここで見つけました

これによれば

OS X Yosemite DP5以降でXAMPP for MacのMySQLが起動しない場合は

/Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp

をテキストエディタなどで開き、
$XAMPP_ROOT/bin/mysql.server start > /dev/null &
とある箇所の上に
unset DYLD_LIBRARY_PATH
を付け加えます。

ということのようでしたので Sublime Text3を用いてこれを行い、再度立ち上げたところ見事に作動しました あーあ良かった

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です