焦ったー よくぞ心臓発作起こさずに

本日は国民の休日ですが、17:20発の Delta便で Atlanta経由で Mexico Cityに入ります これは JICAの公式な仕事の一環です

当地滞在は丸一日少しのみであり、木曜日の夜遅くには鎌倉に戻っています

今日は大船駅発 14:10の NEXで一人成田空港に入る予定で、自宅より歩き、深沢バス停からバスに乗り、13:50には大船駅改札内に入り、時間があったので本屋さんで「日経ソフトウェア」を購入し、それから NEXホームに入り、ベンチでこの新しく購入した雑誌を読んでいたのです ふと見上げると、何やら NEXがホームに入ってきました そこで立ち上がり NEXに向かって歩いていったところ、NEXはどんどんスピードを上げ、あれよあれよという間に通り過ぎていったのです 気がついて腕時計を見ると、何と 14:12です

知らない内に出発していったのです あーーーーー

どうしよう ここで焦ってジタバタしても仕方ない、このような危機を切り抜けてこそその人としての真の能力が試される

まずは、なるべく成田に近づくことを考えました 現時点で大船駅より一番早く東京駅に向かうことができるのは 東海道線です

そこで、東海道線ホームに行き、まず来た東海道線に乗りました 不運なことにその時点で東海道線は藤沢-辻堂駅の間の踏切に自動車がエンストして遅れていました

それでも最初に出発した電車に乗り、東京駅に向かいました 車内アナウンスでその時点で 3分遅れ、iPhoneで時刻表を眺め、検討しました ひょっとして乗り過ごした NEXに東京駅で追いつく可能性がある、あわよくば品川駅でもその可能性がある そのように考察しました

そしてイザとなれば東京駅からタクシーで成田空港に向かう、その場合高速道路の渋滞情報の確認がいる、それでiPhoneに渋滞情報アプリをダウンロードして、それでチェックすると、幸い連休最終日なので成田に向かってはガラガラな様子でした

そうこうしながら電車に乗っていると、電車は段々とスピードを上げ、このままであれば、15:03東京駅発のさきのNEXに間に合うかも知れない、という雰囲気になってきました

実際に東京駅ホーム到着したのは14:59でした 東京駅東海道線ホームは地上2階で八重洲口方面にあり、NEX出発ホームである横須賀線ホームは、丸の内口の地下2階にあります そんなことは事前知識がありましたので、相当急いで走らないと間に合いません しかも、間にはエスカレーターがあり、こちらは luggageを持っています

すぐに Luggageを持ちながら走りました 走って走って、そしてホームに着くと、 NEXが未だ居て、しかも連結作業中でしたので、飛び乗りました

そして結局、はじめに予定していたNEXに飛び乗り、現在はその NEXの座席からインターネットにアクセスしています あんなに走ったのに息切れはせず、もちろん胸痛も起こらず、動悸も大したことありませんでした 我ながら最近の体重コントロールが功を奏していると思いました

それにしてもこんな電車乗り継ぎトリックみたいなこと、松本清張の「点と線」みたいですね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です