とんぼ返りのジャカルタ

この週末、2月14日にはジャカルタの国立循環器病センター Harapan Kita (英語で言えば Our Hope = 我々の希望)病院を舞台に、第7回 Asian TRI Seminarを開催しました

「開催しました」と主体的な動詞を使っていますが、実際に僕がその主催者と言って良いものです このセミナーは、東南アジアの諸国を舞台に持ち回りで年一回開催し、各国にTRIを普及していこうという試みで、これまでに、Singapore, Thailand, Malaysiaなどで開催してきて、Indonesiaは二回目の開催でした

内容は、ライブデモンストレーションを主に、その他 講演、そして症例報告という次第です

2/13 10:00AM過ぎ羽田発の ANA便でジャカルタに飛び、16:00頃空港に到着、今回は前回と異なり、交通渋滞は大したことなく、1時間かからないでホテルに到着しました またまた睡眠不足で疲れていたので早めにホテルの中の和食レストランで夕食をとりました ジャカルタでも和食はブームであり、その日もそのレストランは予約で満席だったのです

22:30頃には、寝たのですが、2:00AMに覚醒、結局そのまま一睡もせずに、iPython Notebookの勉強を続けました

そして、7:15AMホテルを出発し Harapan Kita病院に出かけました ここにはこれまでに7 -8回訪問してきました 最初に訪れたのは何と 1992年のことでしたので何ともう 20年間以上訪れていることになります

病院に着くと早速僕の割り当てのライブデモンストレーション症例を紹介されました 50歳ちょっとの三枝病変の患者さんで、これまでに左冠動脈前下行枝、左回旋枝にステントが入れられ、また10年くらい前に右冠動脈末梢にステントが入り、今回は少なくとも2011年のCT冠動脈造影で確認されていた右冠動脈の長い慢性完全閉塞病変でした 石灰化も強く見るからに困難な症例で、また当然のことながらTRIという縛りがあります

8:00AM会の開催に併せて症例の治療を開始しました 当初右冠動脈順行性に開始したのですが、予想通り非常に硬く、全く歯がたたないのですぐに逆行性に移行しました それでも非常に硬くようやく Conquest-Pro12により両側性に何とか通過させ、CART techniqueを用いて再開通に成功しました 会場は非常に沸き立ちました

慢性完全閉塞に成功
慢性完全閉塞に成功

それから講堂に行き、会に参加したのです 途中では僕が20年間に渡りTRIの普及に貢献してきたことを表彰されました

表彰式
表彰式
記念撮影
記念撮影

実は Harapan Kita病院には湘南鎌倉総合病院心臓血管外科で研修していた嶋田先生が1.5年前から留学されていて奥様と二人8畳一部屋のアパートに住んで頑張っておられるのです その代わり沢山の症例の手術をさせて頂いているのです その嶋田先生ともお会いし、夕食は一緒に食べました

本来戻りの ANA便は 21:15頃出発だったのですが、メールでその便の羽田出発がトラブルのために遅れ、到着が3.5時間遅れるため、ジャカルタ出発は 1:00AMになる、という連絡がありました

結局羽田に戻ったのは、本来の予定の 2/15 7:00AMではなく、10:40AM頃でした

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「とんぼ返りのジャカルタ」への1件のフィードバック

  1. 何時もながら。。。お疲れ様でした
    そして。。。
    お誕生日おめでとう御座います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です