時差ボケでサンパウロ

結局羽田空港を飛び立ってから 29時間かけて サンパウロ国際空港到着、それは今までで一番はやい記録のように思います

サンパウロを初めて訪れたのは 1999年のことでした 当時一人飛び立ち、未だJAL直行便というのが存在し、まずロサンゼルスに一旦おり、狭い部屋に transitの間押し込められ、それから再びサンパウロに飛び立っていました ジャンボ・ジェットでした

その当時は32時間ぐらいかかっていたと思います 空港にはその時サンパウロ日本人会の方々が出迎えて下さり、到着するなりそのまま国内線でリオデジャネイに連れていかれ、例のキリスト像など観光し、その日の夜にサンパウロに戻り、日本人会の歓迎パーティーがありました

キリスト像
キリスト像
有江先生、日本人会とのパーティー
有江先生、日本人会とのパーティー

そして、翌日は朝から日系病院のサンタ・クルス病院でブラジル中の Intervetional Cardiologistsを50名ぐらい集め、一日ライブデモンストレーションをしました これがブラジルでのTRIのお披露目だったのです 合計5例ぐらいしたと思います

ライブデモンストレーション手技
ライブデモンストレーション手技

以前も記したことがありますが、当時ブラジルにおける選択的冠動脈造影および、治療の父であられた日系二世の有江先生がご存命であり、僕の助手を務めて頂きました そして、その有江先生に、終了した後、「僕は今まで先生程 手の早い医師は見たことない」と言われたのです この言葉は今も僕の記念碑です

何しろ有江先生はあの Mason Sonesの一番弟子であり、そこ(Cleveland Clinic)で学んだ技術をブラジル中に広めた偉人であり、抜群のテクニックの持ち主だったのです

今回はそのサンタ・クルス病院を本日三度目ですが訪問します 二回目の訪問は 2008年の日伯友好移民100周年記念行事でサンタ・クルス病院からライブデモンストレーションを飛ばした時のことでした

サンタ・クルス病院の後、日伯友好病院を訪問します 今回のサンパウロでは経皮的冠動脈インターベンション手技はせず、今後のブラジル支援についての話し合いなのです それと勿論、ブラジルからの若手医師に対するJICAを通じた指導・教育の成果確認のために訪問しました

とは言うものの、やはり激しい時差ボケで 昨夜は 10:30PM頃就眠しましたが、やはり 3:00AMには覚醒 そして、Pythonの勉強です ここまで来ました

 

import numpy as np 
size = 200 
iterations = 100 
def mandelbrot_python(m, size, iterations):
    for i in range(size):
        for j in range(size):
            c = -2 + 3./size*j + 1j*(1.5-3./size*i)
            z = 0
            for n in range(iterations):
                if np.abs(z) <= 10:
                    z = z*z +c
                    m[i, j] = n
                else:
                    break

m = np.zeros((size, size))
mandelbrot_python(m, size, iterations)
import matplotlib.pyplot as plt
%matplotlib inline
plt.imshow(np.log(m), cmap=plt.cm.hot)
plt.xticks([]); plt.yticks([])

この Pythonコードで出力されるのは何とこれです

mandelbrot
mandelbrot

この図形は言わずと知れた有名なマンデルブロー図形であり、自然界の図形をそのまま模した無限繰り返し図形なのです

ちなみに、僕のMacBook Proでこの図形をPythonで描かせたところ、何と 2.3秒で描き上げてしまいました これはPythonが並列計算を行い、CPUの最高速度で演算するからなのです

いやはや凄い世界に入りつつありますね

 

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です