慌ただしい一日

昨日は 8:30AMにホテルを出発し、Santa Cruz病院に向かいました この病院を訪問するのは 1999年、2007年、2008年に続いて四回目でした

Santa Cruz Hospital
Santa Cruz Hospital

この病院は日系移民がお金を出し合って、サンパウロ市(日本語では”聖市”と呼びます)の中心部に75年前に設立した病院です 第二次大戦中は、敵国病院としてブラジル政府に接収され、ようやく1990年に返還されて現在の型となっています しかし、長いこと経営難に喘ぎ、現在でも多額の借金を抱えているそうです

東芝マシン
東芝マシン

1999年にライブデモンストレーションで訪問した時には既に古くなっていた東芝製のシネが、2008年にライブデモンストレーションを行った時にも同じマシンでしたが、流石に1.5年前に最新型の東芝マシンに代わっていました

今回は手技を行わず、在サンパウロ日本国総領事館坪井領事、JICAサンパウロ駐在遠藤次長などと一緒に、サンタ・クルス病院が今後どのように発展していくかについて議論をしました

昼食は、「新すし」で辛し味噌ラーメンを食べましたが、まあまあうーん という味でしたね

新すし 辛味噌ラーメン
新すし 辛味噌ラーメン

その後 15:00より国際空港の近くにある日伯友好病院を訪問しました ここはサンパウロ日伯援護協会が開設している総合病院であり、黒字の病院でした ここでも遠藤次長を交え、今後の運営について議論をしました

サンパウロ日伯援護協会 日伯友好病院
サンパウロ日伯援護協会 日伯友好病院

この病院ではマシンはSiemens Artis Zでした

Siemens Machine
Siemens Machine

サンパウロで経皮的冠動脈インターベンションを行っている病院のほとんどを訪問しているつもりになっていましたが、実は未だ知らない病院もある、ということを知りました

さて、夕食はブラジル流ステーキ・ハウスである Rubaiyatで、JICA projectで鎌倉と札幌を9月に訪れた我が生徒達とその後の成果発表および会食をしました

Rubayatの 960gステーキ
Rubaiyatの 960gステーキ

流石にブラジル 何と 960gのステーキがありました 当然数名がかりで食べるのですが食べきれたものではありませんね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です