デトロイト

デトロイトでは St John Hospitalの山崎先生ご自宅に泊めて頂きました

ご自宅に泊めて頂くのはこれで3回目でした 何時も奥様手作りのお料理を食べさせて頂き、感謝しております

さて、朝 Ground Roundをした後、カテ室に移動し症例に入りました 最初の症例は左冠動脈前下行枝のCTOであり、逆行性ルートは使えず、順行性で頑張るしかありませんでした 少しtrickyであり、当初ワイヤーは順行性に false lumenに入りましたが、何とか切り抜けることができました しかしものすごく細い左冠動脈前下行枝であり、まあ通せて良かったです

次の症例は左主幹部でした 左主幹部から三分枝し、入口部狭窄がある症例で、これに対しては double guiding cathetersで行いました その後の症例は時差ボケで記憶の彼方です

症例終了後、ご支度で夕食を頂き、20:30には寝てしまいましたが、やはり4:00AMには覚醒し、8:45AMのデトロイト発の飛行機に乗るため、山崎先生に送って頂きました

今回も山崎先生にとてもお世話になり、ありがたく思います アメリカの病院の現実を知れてとても勉強になりました。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です