今や過去の遺物

Amazon中古で、今やレアとなった書物 CG出版社「文書データ圧縮アルゴリズム入門」という本を入手しました。幸いなことにとても安かったのですが、もう入手できないでしょう。全体で 250ページほどの小さな本ですが、中身は濃く、ハフマン符号化から始まり、算術符号化、それらの適応型符号化、そしてLZ77など、これらについてのアルゴリズム解説のみならず、全て C言語によるプログラムが惜しげもなく記載されているのです。
これらの特に算術符号化に関しては、現在アメリカのある会社による許し難い特許の網により、使用することはできず、ましてやプログラムを書籍に掲載することなど不可能なのです。
この本の出版は 1994年であり、未だ特許宣言前の時代だったのでしょう。もちろん本の中にプログラムが印刷されているので、それを打ち込めば現在のパソコンでもコンパイルできると思います。でも面倒です。
この本には最後にあの昔懐かしい 3.5インチ フロッピー・ディスクがついているのです。そこで、懐かしき外付けフロッピー・ディスク・ドライブである Panasonic CF-VFDU03を探してもらいそれをつけました。このドライブはかつて 15年以上前に当時使用していた Panasonic Let’s Noteラップトップ・パソコンの外付けドライブとしてついてきたものであり、今では貴重な外付けドライブなので保管してあったものです。
しかし、残念かな、このフロッピーは読み取れませんでした。当時、フロッピーのフォーマットには、2DDと2HDというものがあり、さらには当時全盛の PC-9801あるいは CP/Mなど OSも色々だったので、それで現在の Windowsでは読み取れないのでしょう。試しに MacBook Proでも試みましたが、駄目でした。とても残念ですね。
ちなみに、ネットで、この外付けドライブを検索したところ、流石に今や入手できないようです。アメリカ国内では、何と 180ドルで売られてもいるようですが、肝心の写真が間違っており、何と外部電源アダプタの写真でしたから信用できませんね。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です