緊急出動

本日札幌東徳洲会病院での外来終え一息ついていると、7月1日に新築移転開業した札幌徳洲会病院で緊急患者さんの話が飛び込んできました。緊急カテーテルそして必要あれば冠動脈インターベンションという段取りのため、応援に東病院より出動することにしました。
東病院との距離は自動車で25分ぐらいであり、千歳に向かう高速の道沿いにあります。もともと札幌徳洲会病院は白石区の中央に位置していましたが、手狭となりまた古くなったため、現在の地に新築移転したのです。大きな建物であり、今後の発展が期待されます。
既に部下の山崎君と、士反君がカテを開始していました。全く新しいカテ室で、スタッフの皆が未だ慣れていない状態で手技に入っていく、そのワクワク感に心が躍ります。24年前全てを捨てて鎌倉に入った時もこんなだったな、そんな感傷に浸ってしまいます。
あの時は未だ38歳でした。再び新規に開拓する話も出ています。新たな開拓地に挑むのは男として魅力的です。しかし、今この年でその元気があるでしょうか?
鎌倉に来て、ここまで色々なシステムを作り、患者さんも増やし、そして現在の色々なプロジェクトが走っているのです。そのようになるまで15年はかかったのです。今から15年経てば、とても現役を続けていられる年齢では無くなります。もちろん、これまで培ったノウハウがあり、そこに至るには15年はかからないでしょう、それでもその半分7-8年はかかるでしょう。
人生はやり直しがきかない、そして振り返ってばかりでは仕方ありません。前に進むしかありませんが、問題はどのように方向を決めて前に進むかでしょう。未だ迷える歳です。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です