怒涛の一週間が過ぎて

先週は鎌倉、サンディエゴ、東京、堺、姫路、京都、鎌倉と飛び回り一週間がとても忙しく過ぎました 流石に疲れ切ってしまいました

先日は月曜日、外来診療の後 久しぶりに鎌倉でPCIをしました 何時まで手技を続けるのでしょうか?

そして本日は火曜日、12月から1月末まで二ヶ月かけて鎌倉のハイブリッド室の機器更新をしていました もちろん以前のマシンでもTAVI、MitraClip、Watchmanなどのいわゆる Structured Heart Disease Interventionは可能であり、またStent Graftなども可能だったのですが、マシンも相当に古くなり、そして何より解像度その他の点で不満足でしたので、二ヶ月間完全にこれらの手技を停止し、マシンの入れ替えをしてもらったのです

という訳で本日は2ヶ月ぶりにTAVIを行いました やはり久しぶりになので少し緊張しましたが、バッチリ 素晴らしい手技でTAVIを行うことができました いやあTAVIはいいなあ PCIのようにネチネチしたところがありません いや失礼 ネチネチなんて言葉はいけませんね そうでなくてバシッと手技的に決められる、その点がいいなあ

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です