昨日の顛末

昨日は朝から緊張の一日でした それは朝からTAVIを三例するということだけではありませんでした そもそも三例縦で行うことは初めてではなく、9:15AM入室で行っても、だいたいの場合15:00にならずに終了してきたのです

しかし、昨日は大きな弁輪であり 29mm Evolut-R上限の患者さんであり、かつSOVが大きくなく、しかも左室流出路、弁輪、弁腹、STJなどには強い石灰化があり、balloon-expandableでは弁輪破裂の危険が非常に高い、と予想された患者さんです 皆様方 Vmax > 5m/Secという重症大動脈弁狭窄症でした

しかも、二例の方々が心機能非常に悪いのでした しかも、まだあります 昨日は TokyoValves2017用のビデオ撮影の日でした その三例をビデオ収録したのです

これらが併さりものすごいストレスを自覚し、緊張の一日だったのです

結論から言わせていただけば、この緊張の中、一本のロープをうまく渡り切るように、乗り越えました

そして、三例の中でも最重症例の三例目の方、予想通りというか、恐れていたとおりに、非常に危険な事態に陥りましたが、それを乗り越えました そして、今朝 6:50AM頃 ICUに行くと、非常にお元気でニコニコされており、僕と気づかれ、看護師さん、僕、患者さんの三人で握手をして無事乗り越えたことをお祝いしました

本当に嬉しかったです それと共に、大きな自信につながりました もちろん僕だけの力によるものではなく、チームとしての鎌倉ハートチーム皆の力によるものです 心からみんなにありがとうです 良かった良かった

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です