本日の勉強会

本日は勉強会「みんなのPython勉強会 #24」に参加してきました 最終的には参加者の総数は優に 100名を超えたと思います 三人のその道のプロが講演をされました もちろん講演は MacBook Proを駆使したもので、Powerpointはほんの一部でしか使用していませんでした

内容は#1 Geopython, #2 Web API, #3 Git/GitHubでした まあ Geopythonというのは様々な地理的データを色々なデータベースと組み合わせて可視化するものであり、その動作エンジンに Python特に Pandasを用いるものです 確か、以前に Rを用いた同様のシステムの本を読み勉強した記憶がありますが、すっかり内容は忘れました まあ、一般の方々からすれば Google Earthを思い浮かべれば大きな間違いは無いと思います

演者は東大理学部博士課程を終了したまあ頭の良い方で、今は起業され二名の会社のCEOとしてGeographical Programを開発されている方です

二番目は驚いたのですが、昨日 59歳となられた方であり、この方も社員8名の会社を起こしております そして SNSと Webを結びつけさらに電話で自動音声化するプログラムのための APIを開発されているのです 社員は、日本に彼含めて三名、一人は東京(彼)ですが、もう一人は京都の山奥、もう一人は何処か忘れましたが少なくとも数時間では到達できない場所、一名は韓国、一名はロシア、二名がマレーシアのジャングルの中、一名がインドネシア これで会社を日本でつくり、ビジネスをしているのです 何しろ officeが存在せず、いわゆる remote officeというもので自宅なんでしょうか どこでもよくインターネットで繋がってビジネス開発、プログラム作成をしているのです

59歳ですよ しかも、彼はまあ以前から Pythonをいじっていたらしいですが、Python Web Frameworkである Djangoは未だ一年しか経験が無い、とそのように言っておられました そして皆に「59歳の僕でもプログラム書けるのだから皆是非ともプログラム書いて下さい」です かっこいいよね

3題目は、Git/GitHubの話であり、正直僕は知っていることなのであまり聞かずに話題として出てきた slackにかまけていました

結局、19:00から終わったのは 21:20くらい、それから地下鉄麹町駅まで歩き、有楽町線で有楽町に出ました 有楽町は未だたくさんのサラリーマンがおられ、自然と足は駅ガード下の飲み屋さんに サラリーマンばかりの飲んだくればかりの集団 皆タバコ吸っています そこに一人で入りました そして食べたというか飲んだというか それがこれです

有楽町駅

何しろ有楽町駅ですよ あの「有楽町で逢いましょう」の有楽町駅ですよっ 歳が分かってしまいますね

酒や「はないち」

いやあ風情ありますね 昭和の風情です 有楽町駅ガード下です 値段はとても安い ここで摂った本日の夕食がこれです

本日の夕食
やはり日本酒に限ります

それはそうと今回たくさん新幹線に乗ったのですが、重大な事実が判明しました やはり、列車の旅と言えばその間に飲むお酒です ところが、JR東海管轄の駅、新幹線の中から日本酒などが無くなり、あるのはビール、酎ハイそしてワインだけなのです どういうことでしょうか? 日本酒やウィスキーを排除するというのは これは誰か調べて欲しいものです 山陽新幹線これは JR西日本管轄ですが、そちらには今でも置いているのです JR東海は何かあったのでしょうか?

まあこの有楽町で呑んだのは一人で40分間ぐらい そのまま山手線経由で東京モノレールに乗り、今は羽田空港第2ターミナルのエクセル東急ホテルに入っています 明朝は 6:25AM発の ANA便で千歳に移動せねばなりません そして、明日夜に鎌倉に戻り、金曜日は鎌倉で外来診療の後、小倉ライブに

土曜日小倉ライブで術者した後、鎌倉に戻り、その数時間後にフランクフルト経由でパリ そして EuroPCRで様々な役割です

全く休みがありません 流石にきついですねえ それでもプログラムの勉強は続けたいし、TAVIももっともっと深く知りたいし 所詮人間は頭脳で生きている動物なのです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

“本日の勉強会” への 3 件のフィードバック

  1. 先生凄いです
    Python勉強会、と言うか、プログラムの勉強会も参加したことないし、
    この頃は学会も行かないし・・・
    (一応、雑誌や技術系・医学系webは頑張って読んでみていますが、)
    怖ろしく多忙な中出かけて行っている、というのは素晴らしいですね。
    見習おうと思います。

    バックアップの件は、かなりがっつり用心なさっているのですね。
    データが巨大化すると、それをバックアップするのも一苦労です。
    cloudだと、便利ですが通信コストがかかりますし。
    使っているマシンも多いし、眠くなってcommit/saveしないまま作業を終了してしまうとlatest dataがどれだかもはやわからなくなってしまうこともあります。
    静的データであれば問題になりにくいのかも知れませんが、修正を重ねるプレゼン資料やプログラミングコードなどでは、一夜明けると泣けてくる顛末になることもたびたびです。
    お疲れ様です。

  2. こんばんは。
    5月8日、CTO症例で長時間お世話になった者です。この度は最善尽くしていただき感謝しております。退院し自宅でくつろいでいるところです。
    JR東海管轄の新幹線ワゴンサービスですが、まだ、ウィスキーと日本酒はございますよ。
    https://www.jr-cp.co.jp/pdf/service/wagon_menu_list.pdf
    2ページ目がリストです。売り切れや搭載していない場合もあるかもしれませんが、お試しください。
    直近まで名古屋勤務で某社様ともご縁があり、数日前、のぞみ乗車中同僚のSNSに「山崎」が写っていたので間違いないと思います。なお、私は最近専らビールの代わりに炭酸水で我慢しております。
    また、先生のprogrammingに対する向学心には頭が下がります。我々のようにそれを若干商売のネタにしていても、実際には仕様とポリシーと決めるだけで開発はほぼ100%アウトソースしています。できる若手が入ってきてもそういう環境の下でできなくなってしまいますから。
    また、機会(ない方が良い?)があればよろしくお願いいたします。私の症例に合致しそうな新たなデバイス(難しいですね)の治験などあれば喜んで協力させていたします。
    大変お忙しいと存じますが、ご自愛ください。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です