Dive in Python

ついに思い切って参加しました しかも今回は会場が東京駅前の理研です 理研の AIPセンターです ちなみに AIPは何か?と言えば、「革新知能統合研究センター」のことで、AIP = Advanced Intelligence Projectのことだそうです

Stapy x 理研AIP

今回の研究会の中心は OSS (Open Source Software) = 基本的にソースコードを GitHubなどでインターネット上に公開しながら有志がインターネットで参加してし協同で優れたソフトを早く開発していくというもの このOSSの代表作が Linuxであり、また それこそ 統計ソフトRもそうですし、多数存在します

今日の開催場所理研 AIPというのは、東京駅八重洲口歩いて数分の場所に存在する巨大な奇麗で新しいビルの15階にあります 流石東京だと思わせるビルです

Coredo日本橋ビル

内容は OSSとして開発されているPandasという Pythonの数値計算の有名なライブラリに日本人として唯一開発に参加されている方の講演とか、日本で開発され、全世界に広がっている深層学習のためのPython Frameworkである CHAINERの開発に参画されている方の講演、そして Scikit-Learnによる Pythonでの機械学習のお話、そして理研の教授であられる先生による講演などとても難しいお話が並びました

本日のスタッフ

結局全てが終了したのは 9:15pm頃であり、全く休憩無しでした 終了し、すぐに消え去ろうとしたところ、懇親会(ビアバッシュ)入り口で「齋藤先生」と突然声をかけられました えっ えっ 何とこの StaPyの毎回の研究会運営の中心であられる岸さまでした

そして驚くことに、何と岸さんは EP班の村上部長の義理のお兄さんだったのです いやあ驚きました 世の中広いようで狭いのですねえ

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です