あっという間に一週間 そしてTAVIの威力

先週前は可児ライブでPCI治療したばかりなのに、あっという間に日にちが過ぎて行きました

月曜日(6/26)は外来診療の後、夕方面会、会議、そして取材でした 取材はTAVIに関するもので、その経済的観点からの取材でした

本当にこのまま医療費がどんどんと膨らめば国民皆保険制度に則った健康保険制度は崩壊するのでは? と多くの人々が懸念を感じておられると思います 高額の抗がん剤が次々と認可される中で時期を得た企画だと思います

そして、翌日は朝から二件のTAVI、両方とも自己拡張型で行いました その後早々に外来診療 そして夜は鎌倉ライブ実行委員会が開催されました 委員会の後、皆で遅くまで飲みました すっかり酔っ払ってしまいましたね

28日の水曜日は午前中外来診療、そして 16:00 発のANA便で羽田空港から千歳に移動し、宿泊しました。翌朝は札幌東徳洲会病院での 9:00AMからのTAVIカンファランスに参加 この日は 自己拡張型TAVIディバイス EvolutRの8例経験を終了し、Proctor freeとなるべく予定されていたものです この札幌東徳洲会病院でのTAVI導入にあたり、バルーン拡張型SAPIEN3、そしてEvolutRとそれぞれ 8例ずつのプロクターを受けねばならない決まりの中で、僕がプロクターを全例行うことになるのです

そして、朝から三例の EvolutRの Proctoring開始です 皆様方ご高齢の患者さんであり、全員重症大動脈弁狭窄症に伴う心不全のため緊急入院されたりしている患者さんです 軽度の介助で日常生活問題無く送れる方ばかりですが、体重は皆様方 30Kg程度とご高齢の女性にはよくあるVmax = 4.1m/Secの重症大動脈弁狭窄症です

特に一例目は普段は日常生活を自分でつたえ歩いて行っている方ですが、高度の脊椎後彎症(極度の猫背)の方で、膝関節にも拘縮が認められる 88歳の方でした カテ台に乗って頂いても平らに仰臥位になることがてきず、高い枕を頭の下において上半身は30度ぐらいに起きたままの状態でした また両膝も伸展することができず、本当にフラットとなることが不可能な状態でした 末梢動脈も石灰化が強く、内径も限界であり、とてもS3を持ち込める訳は無く、絶対的に ERの対象であると考えられました また弁輪部にもブロック状の石灰化がありこの意味でもS3不可の症例でした

カテ台にフラットに寝れない

ここで僕は我ながら素晴らしい Proctoringで行うことができ、一発でERを指摘位置に留置できたのです 足もまっすぐに伸ばせませんでしたので、久しぶりにこの患者さんに対しては外科の先生にカットダウンをお願いしました

こんな状況でTAVIを行うのはどうか? というご意見もありますが、この笑顔を見て頂けばやはりやって良かったと思えますよね

美味しそうにお食事を一人でとられる
最高の笑顔です

本当にTAVIに向けて良かったです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です