さて続き

そうそう 2月02日には治験薬剤溶出性ステントのために、Ferdinandが鎌倉に来られました 植え込み終了後、鎌倉でお食事、そして土曜日、日曜日と過ぎ、再び2/05には Ferdinandを鎌倉にお迎えし、外来終了後に治験DES植え込み、そして火曜日はTAVI、水曜日 つまり2/07にはメールでT-Siteから修理が上がってきた、との連絡があり、その日夕方の便で札幌東徳洲会病院に入り、治験DES植え込み予定でありましたので、急いで T-Siteに行き、修理終了した MacBook Proを受け取りました もちろん3年間の Apple Careに加入してあるので、修理代金は無償でした

結局、本社工場でも修理できず、Logic Boardが交換されたのでした つまり中身が真っさらとなった、ということです 結局SSDのデータ全てが消失したのです この日札幌には古い Macと新しいのと二台を持ち込みました 重い重い

そして札幌で治験DES植え込みしてから、部屋で TimeMachineでrecoveryしたのです これには10時間かかりましたよ その後、さらに新しいファイルをHDよりリカバーし、結局マシンは修理以前の状態に戻りました

本日は緊急症例に対してPCIを自らしたのですが、以前苦労して治験を行いつい最近承認されたDESの市販後初めての本邦植え込みをしました 全く世の中には治験を軽んじる人や会社が多くて困ったものです ばっかみたい

最近は Pythonもどんどん Version Upしていて現在の最新版は 3.6.4です すごいですねえ

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です