gitの upgrade

特に Web開発では compilerでなく script言語を使用することが多いので、プログラムの更新にあたっては更新ログを記録し、いざとなれば元にもどせるようにするために gitを用いることが一般的ですね

gitはもう何年間も使用しているのですが、未だに使いこなしているとは言い難いものがあります そもそも gitはコマンドラインでのコマンドの一つですが、web serviceと連携してそのデータベースが無料の Web databaseにも記録されます そのようなサービスを提供している有名なものとして githubそして sourcetreeがありますね

前者は自分のソースコードを公開するならば無償で uploadできますが、後者はソースコードを公開しなくても無償で uploadできます

何れにしても使いこなしてなんぼ の世界ですが・・・・

さて、最近その git commandに非常に危険な脆弱性が発見されたらしいのです それで git commandの upgradeを試みました 自分の MacBook Pro OSX High Sierraに入っているgitは Apple gitでありシステムに最初から入っているものでした

$git –version

とすると git version 2.7.1と大分古いバージョン番号が戻ってきました

それを upgradeするためには、git commandをreplaceせねばなりません それで調べました もちろん homebrewを用いるのです ありましたね ここです

いやあ助かりました これで僕の gitは version 2.17.1とずいぶんと上がりました

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です