嬉しいな るんるん

昨日は経カテーテル的大動脈弁置換術 (TAVI)の新しいページを切り拓く世界に足を踏み入れました これはTAVIの適応拡大なのです もともとTAVIは心臓血管外科による確立した外科的大動脈弁置換術 (SAVR)が非常に危険あるいは不可能と考えられる重症大動脈弁狭窄症に対する新しい治療としてはじまりました

それがディバイスの改良、そして何より先人たちの経験と学問によりどんどんより外科的大動脈弁置換術低リスク症例にも適応が拡大されてきました そしてついに、外科的リスクが著しく低い、具体的には予想手術死亡率 3%以下の症例に対してTAVIが SAVRと同等の、あるいはより良い長期成績を有するか否か、それを検討する時期に来たのです

患者さんを対象として実験する訳にはいきません それでこのような場合には、臨床試験が厳しい倫理基準と科学的裏付けの下で行われます そしてそのような世界的臨床試験に医師として、あるいは患者さんとして参加することは、人類の歴史に新たな一ページを切り拓くという名誉なことです

昨日第一例目の患者さんは当院においてその臨床試験にTAVIとして参加できたお一人だったのです やはり僕はその興奮を隠せませんでした そしてもちろん非常にうまくTAVI植え込みが終了しました 何の合併症も無くです

それに引き続いて二例目のTAVI これも大変うまくいきました 患者さんはすぐにお元気で嬉しいことこの上無しです

そして13:30から 実際には14:00から MitraClipです この方はご高齢であり何回も心不全入院を繰り返してこられた重症僧帽弁閉鎖不全の方です まずは年齢が理由で、そしてその他の理由で外科的僧帽弁治療による手術死亡率が 12%ぐらいと予想された患者さんでした

まず僕が世界で一番うまい Brockenbrough 経中隔左心カテーテル法が非常に困難でした その理由は下大静脈が蛇行し、しかも石灰化していて伸びないのです それでそもそも中隔に穿刺針を当てるのが困難でした しかも中隔が体に対して縦に垂直であり、穿刺針の向きの同定も困難だったのです それでもエコーの助けもあり上手に穿刺しましたね この段階で 30分費やしました その後、とにかくひどい僧帽弁閉鎖不全であり Prolapseが P1, P2の二箇所あり まずどちらから clippingするか その判断に迷い、結局 P2で clipping,することにしました それでも左心房が小さく本当に難しかったのです

P2 clippingに成功しても僧帽弁閉鎖不全は P1/A1側にものすごく残り、左心房圧を見てみると40mmHgぐらいの大きな V波があり、これではとても駄目なので、P1にも苦労の上 clippingしました これにより V波は C波と同じ高さに低下し、ドップラーでの僧帽弁閉鎖不全はせいぜい 一度にまで改善しました

本当に良かったですしこんな難しい症例を大成功裏に終了でき 本当にルンルンです 終了は 18:00でした 疲れましたねえ

その後 鎌倉ライブデモンストレーション実行委員会を開催し、遠方からも委員の先生方に集まって頂きました 多くの委員の先生方は 6:30 AM羽田発の便でそれぞれの病院の仕事に間に合うように戻られるのです 本当にご苦労さまです ありがとうございます

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です