全く散々な目に

土曜日から日曜日 台風が近づく中、岡山に出かけました 事前に飛行機でなく、新幹線で予定を組んでいたのが大正解 交通混乱に全く巻き込まれずに岡山に到着しました これはかつての部下 岡村くんが理事長に就任された「岡村一心堂病院」の開院30周年記念講演会に講師として招聘されたからです

しかし、台風の襲来に併せて金曜日夜から不穏な動きがありました 何かこの MacBook Proの keyboardがおかしいのです 最初は何がおかしいのか分かりませんでしたが、やがてその原因が2つあるコマンドキーのうち、左側でコピーやペーストなどその他のコマンドで頻回に使用する左側のコマンドキーが全く反応しないことにあると気づきました

これはやりにくいですよー 思えばこの MacBook Pro late2016 modelは当たりの悪いマシンでした これまでに 4つある type C portのうち2つが反応しなくなり、2017年暮れには湘南T-Siteiにある大塚商会の Authorized Apple Service Centerに修理依頼し、AppleCareに加入していたので、無償で修理してもらいました 修理といっても、結局 logic boardの全とっかえだったのです

普通に考えれば全とっかえすれば、新品同様になるので嬉しいのですが、実は OsiriXをインストールしてあると違うのです この DICOMソフトは厳重なコピープロテクトがしてあり、logic boardに搭載されているLSIのserial numberを読み込んでいるのです 従って logic boardが交換されれば、新たなマシンとして認識し、新たに高い金額を支払って OsiriXの再登録が必要となるのです それで結局そのようにせざるを得なかったのです つまりマシンが故障して 10万円以上の出費を強いられたのです

そうして新品同様になったのですが、今度は今年の2月頃になり、再び修理した筈の type C portが一つ作動しないことに気づきました ここで修理に出せばまた10万円以上の出費となるので ここはじっと我慢して 3つの Type C portで我慢してきたのです

それが、先日は Keyboardが一つ駄目になったのです 本当にAppleはどんな製品の作り方しているのだよっ もう頭に来てこのマシンは未だ残っている AppleCareで無償修理してもらいます でも OsiriXのライセンスは新たに購入せねばなりません と言う訳で、新しい MacBook Pro 2018を購入することに決めました

本当に Appleは何とかして下さいよ 商品はまっとうに製作して下さい こんなんが続くようであればマジに Windows10にしてしまいます

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「全く散々な目に」への4件のフィードバック

  1. radialist 先生、お世話になっております。
    apple 製品は本当にクセが強いですよね。HorliX を開発するようになってから、本格的にMac で作業するようになったんですが、ハード・ソフトともそう思います。
    OsiriX のコピープロテクトはそこまでやっていたんですか。参考になりました。HorliX は今のところコピーし放題です(笑)。
    ところで、OsiriX MD では RAW ファイルは読み込めますか? Horos では無理だったのでコードを修正しました。
    https://phazor.info/HorliX-J/?p=433

  2. 斎藤先生 OsiriXのピットフォール、10万は本当に痛いですね。私もLate2016-Proです。修理証明書(ロジックボードの交換を行った)をJPEGなどで添付したメールを送ることで、ライセンス再発行していただきたいですね。
    自分はときどきLet’sNoteに浮気しますが、やっぱり使いづらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です