Macの高機能DICOM Viewer/Analyzer : HorliXの紹介 (2)いよいよ HorliXに DICOM dataを読み込み

これも以前記載した通りなのです 簡単ですよ 今回は絵付きで紹介しますね

まずは HorliXのメニューから「ファイル」をクリックします そうすると次のサプメニューになりますこのサブメニューから Import を選択します そうすると次のサブサブメニューになります

はいこのサブサブメニューから Import Filesを選択します そうするとファイル選択画面になります

これで僕の場合はこの画面で OsiriX Dataというものを選択しました(「開く」ボタンを押す)

これにより HorliXが OsiriX Dataというフォルダに格納されている全DICOM dataを読み込みます 簡単ですねえ

実はこうして DICOM dataが HorliXに読み込まれれば、HorliXの内部に DICOM dataは全て取り込まれ、もう OsiriX Dataというフォルダのデータは不必要となります もちろん、その後も OsiriXをライセンスが切れるまで使い続けるのであれば、残しておかねばなりませんが、もうライセンス切れそうな場合にはこの段階で OsiriX Dataフォルダは不要となりますので、削除して良いです 削除すれば SSDのスペースが随分と空きますよ ちなみに削除するには OsiriX Dataというフォルダを「ゴミ箱」にドラッグ・ドロップすれば良いのですが、これはあまりにも「素人」っぽくてカッコよくないですよねかっこ良いのはやはりターミナルを使用して

 

$rm -rf ~/Documents/OsiriX\ Data/

というコマンドを打ち込むことですよっ ちなみに、rmというのは「削除する」という Unix commandであり、-rfというのは rmコマンドのオプションで、下の階層までいちいち確認せずに削除するという意味です

~/というのは現在使用中のユーザーの「ホーム・ディレクトリ」を意味し、その中の Documents/ フォルダ(=書類フォルダ)にある Osirix Dataというフォルダを削除せよ と命令しているのです

あっ、念の為 ターミナルで打ち込む時には単なる空白(半角のスペース)にも意味があるので、それをエスケープせねばなりません このためには、 OsiriX\ Data とせねばならないのです ちなみに Macで「\」というバックスラッシュをどのように打ち込むかご存知ですか?

実はキーボードの「¥」というキーと Optionキーを同時に押せばバックスラッシュを打ち込むことができるのです はい得な知識でしたね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です