Macの高機能DICOM Viewer/Analyzer : HorliXの紹介 (4)HorliXに読み込まれた DICOM dataはどうなっているのか?

さてここで疑問があります OsiriXのデータはこれまで「書類」フォルダ つまり Unixの表示であれば ” ~/Documents/”というフォルダに “OsiriX\ Data”という名前で保存されていました

そして HorliXに読み込んでしまえば、この OsiriX\ Dataというフォルダは削除しても大丈夫なのです

あれ? 肝腎のDICOM dataは何処に行ったの? バックアップするにはどのフォルダをコピーすれば良いの? そんな疑問と不安に苛まれませんですか? でも大丈夫安心して下さい 僕が解明しましたのでその情報をここで公開します

でもここから先はターミナルを扱える中級者以上が対象です

ずばり DICOM dataは以下のフォルダに存在します それは、

~/Library/Containers/info.phazor.HorliX/Data/Documents/HorliX Data” という名前で

~/Library/Containers/info.phazor.HorliX/Data/Documents/”というフォルダ内に存在します

つまり意外や意外 通常一般人がアクセスする「書類」、「デスクトップ」、「ピクチャ」あるいは「ミュージック」というフォルダには存在しませんです しかも、一般人も時々アクセスする「プリケーション」フォルダにも存在しないのです!!!

どうやってこれが分かったのですか? と疑問に思いませんでしたか? それは自分自身の Unixの知識で解明したのです OsiriXのデータが OsiriX\ Dataというフォルダにあるのであれば、HorliXのデータは HorliX\ Dataというフォルダにあるだろう そのように当たりをつけて検索しました もちろん Unix commandです

$find ~/ -name HorliX\ Data

これでHome folderから検索しましたが出てきません ということはホーム・フォルダには存在しないのですね!!!! 通常個人ファイルはそのユーザーのホームに存在するのですが、そうなっていないのです!!! これは驚愕の事実でした

仕方ないので、検索範囲を拡大したのです

$find / -name HorliX\ Data

このようにして Mac全体から検索かけたのです とても時間のかかる検索であり、ずらずらと大量の結果が出力されますが、その中に先の

find:/Library/Containers/info.phazor.HorliX/Data/Documents/HorliX Data

という出力を発見しました 何とこんなフォルダに存在しているのです これは驚きです

ここまでの解明された知識を基としてこの重要なファイル群 (僕の場合、何と 1998年 9月28日のPCI症例データから保持しているのです PCI症例といっても、これまで何万人の治療を行ってきてその中でも印象に残っている症例や症例報告に用いた症例、あるいは外国でのライブで行った症例などの特別な症例だけです 何れにしても、これは僕の人生の一部 何と20年間の僕のカテ人生、といっても本当の僕のカテ人生は、1976年に始まりましたので、40年間余りのカテ人生の半分近い人生 それが詰まっているのです・・・・ 涙 涙 うわーあんっ)をバックアップするにはこのようにします

たとえば外付けHDDの名前を BACKUP2TB とかつけたとするとまずは、この HDDの中に HorliX\ Dataという名前のフォルダを作ります

$ls /Volume/

とこのようにすれば、外付けディスクの名前が分かります この場合、

BACKUP2TB/      Macintosh HD0/     com.apple.TimeMachine.localsnapshots/

にように出力されます これでこの外付けHDDが BACKUP2TBという名前でマウントされていることが確認できますので次にフォルダの作成です

$sudo mkdir /Volume/BAKUP2TB/HorliX\ Data

これでBACKUP2TBディスクの中に HorliX Dataというフォルダが管理者権限でできました でもこれだけではコピーできません 何故ならば権限が与えられていないからです つまり所有者は管理者 rootだからなのです

$sudo chown ***** /Volume/BACKUP2TB/HorliX\ Data/

とすることにより私 つまり *****がこのフォルダの所有者となりました これで初めてバックアップ可能となります その方法は rsyncという Unix commandを使用するのです

$rsync -av --delete /Library/Containers/info.phazor.HorliX/Data/Documents/HorliX Data/ /Volume/BACKUP2TB/Horlix\ Data/

と打ち込むのです これで全データがバック・アップされます また、新たなDICOM dataが HorliXデータベースに読み込まれていくと思いますが、時々上記の rsyn commandを走らせば、新たな DICOM dataが追記されていき、もう HorliXより削除したデータは backupの /Volume/BACKUP2TB/から同様に削除されます 便利ですねえ

どうですか? 少し難しかったですか? 何ならばシェルスクリプト書きましょうか? シェルスクリプトであれば、自動的にできますもんね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です