Macの高機能DICOM Viewer/Analyzer : HorliXの紹介 (5)HorliXはどのように入手するのか?

HorliXのアイコン – カッコいいね

HorliXの白い天馬のアイコン とてもカッコいいですね さて、一番肝心なことを忘れていました

HorliXはどのように入手するのか? とても簡単です

Macの左上隅の Appleマークから App Storeを選択します そして「検索窓」で HorliXと打ち込みます

そうするとこの様にすぐにヒットしますので、HorliXのアイコンをクリックすれば良いのです あっ、僕は既に10,000円で購入していますので、「開く」という選択ボタンになりますが、あなたの Apple IDでこのソフトを未だ購入しておられない場合には、10,000円のボタンが出てきます 何れにしろ OsiriX MDの二年間ライセンスが 100,000円超と比較するとものすごい安価ですね

ちなみに、隣の DCM Viewerというものがどんなものか良く知りません 開いてみるとこんなでした これは DICOMファイルの色々なことの確認用のソフトであり、いわゆる Viewerとしては動画も見れないものだと思います 胸部レントゲン写真などの静止画精査用のものですね

さて、ここで疑問です 何故  HorliX Dataはログインした個人の /Users/*****/ 配下、つまり ~/ というフォルダの下に無いのでしょうか?

ここからは僕の推測ですので余り信じないで下さいね 見方を変えれば これって、iPadや iPhoneのように MacOSではなく iOSのようにも見えないですか?

そもそも iOSはもともと Unixの派生である OSXという現在の macOSの前身から派生したものです ここらについてはここ とか ここ を読んで下さい 難しい記事ですが、特に後者は秀逸です 流石に Appleが書いた記事ですね

この iOSのファイル構造 この中に /Library/ Container/ というディレクトリがありますが、これって 要するに HorliX Dataが入っているディレクトリですよね

これはこれまで macOSのデータなどは /Application/ というフォルダ (= ディレクトリ)に入ってきたのと比べると随分と異なりますね 何故そうなっているかは知りません しかし、言えることは 確実に iOSに近い、ということです

何でしょうかねえ やはり securityの関係でこうなっているのでしょうねえ

またこの話題はここまでにしておきましょう 真相は Appleしか回答できない筈ですので・・・・

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です