Macの高機能DICOM Viewer/Analyzer : HorliXの紹介 (6)おまけ

先の (5)の記事を書いていて馬鹿なことを考え試しました それは「同じ Apple IDであれば、何回かは別の Macに downloadして走らせることが通常できる」

だとすれば、「やはり Apple IDでインストールする iPadにも同様にインストールできないのか?」

という妄想です

それで試して見ましたが、そもそも iPadに Apple Storeでは HorliXは検索しても出てきません やはり Apple側も macOSと iOSは兄弟のようなものであっても、Application側でプラットフォームを識別してインストールできるかできないかを判定しているのですね

当たり前じゃない いやいやどんな小さな疑問でもそれが前に進んでいく動機となるのですよ

あととても重要な指摘です DICOM dataというのは重要な個人情報です ですから、やはり cloud上にそのままの形式のファイルを uploadするのは問題あるかと思います また、個人の MacBook上に蓄えている場合、その個人MacBookのログインに関しては、慎重にして下さい 簡単なパスワードだけでは危険です

もっとも DICOM Fileの中から個人情報データのみ削除すれば良いと思います 具体的には、生年月日、患者氏名、患者ID この3つを削除すれば良いと思います

DICOM formatでは、.XA ないし .dcmという拡張子のついたファイルから構成されていますが、この一つのファイルの中に、これらの個人情報が全て書き込まれています ちなみに、それらの情報は単なるテキスト・データですので、テキスト・エディタで開けば簡単に読むことができます

ちなみに、僕の MacBook Proの中の一つの .dcm fileを強制的にテキスト・エディタ VS Codeで開いてみましたところ、下記のような xml formatで出力されました

<dict>
  <key>albums</key>
  <array>
    <string>MassyCTO2012</string>
  </array>
  <key>patientID</key>
  <string>Dr SAITO Dr CHEVALIER</string>
  <key>patientUID</key>
  <string>ZEI...A, 40 YEARS OLD  CTO 2012-DR SAITO DR CHEVALIER-********</string>
  <key>patientsName</key>
  <string>ZEI...A, 40 years old  CTO 2012</string>
  <key>stateText</key>
  <integer>0</integer>
  <key>studyInstanceUID</key>
  <string>1.3.46.670589.28.26540597965520120310121759799988</string>
</dict>

この症例が、僕が Chevalier先生を助手として Massy, Franceの CTO courseで治療したということが一発で分かってしまいますね もちろん、それぞれの .XAや .dcmファイルの大部分は圧縮画像データである バイナリで構成されていますので、その部分はテキスト・エディタでは読むことができません

従って、簡単なスクリプト・プログラムを書いて、個人情報部分に ****** などの文字を書き込めば確実に個人情報が削除されますので、たとえあなたの MacBookが盗まれたとしても個人情報漏洩、という観点からは安全となります

簡単なプログラムです その内書いて公開しますね 今はとりかかる時間がありませんので失礼

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「Macの高機能DICOM Viewer/Analyzer : HorliXの紹介 (6)おまけ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です