ヘトヘト

本日は朝から 上海交通大学医学院付属瑞金医院に入り、ずっとある特殊な手技とディバイスの教育的見学をしてきました 中国語で「交通」というのは英語の Communicationの意味であり、中国の大学の中でもランクの高い大学です

この瑞金病院 (RuiJin Hospital)は上海の中でも中山病院以上に有名な病院です 僕は 1992年に初めて訪問し、困難な状況の中で中国の先生方に対してPCIのトレーニングをしたのですが、それ以来多分今回の訪問で五回目でした

もっとも最終の訪問からは 20年近く経過していました 早いものですね 僕の記憶の中には初めて訪問した時の光景が鮮明に残っているのですが・・・

また、正門前の「永和大王」という豆乳料理のチェーン店も健在でした

瑞金病院正門前の「永和大王」

当時循環器内科のトップであられた Shen (沈)先生と、その時駆け出しの循環器内科研修医であられ、現在は当時の Shen先生の立場になっておられる Zhang (張)先生も出てこられ、懐かしい思いになりました

でも事情があって先生方の今回の写真をここで掲載する訳には行きません あしからず そのかわり、Home Pageより探してきた写真を掲載しますね

Shen (沈)先生と Zhang (張)先生

病院は 20年前より飛躍的に大きくなり、建物群は高層ビルとなっていました 循環器内科で専有しているカテ室は 4つであり、その他に EP専用のものと、Hybridがあるそうです 素晴らしいですね

ところで、もう暫くしたらばホテルを check outして、 1:45AM上海浦東空港を発ちます とは言うもののこれは日本時刻 2:45AMなのです そして 5:30AM頃に羽田空港到着してそれから鎌倉そして病院です 火曜日は Structureの日です ハードな一日になりそうです もうヘロヘロ

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です