久しぶりにTAVIを行いました

本日は朝から札幌東徳洲会病院心臓センターで三件のTAVIがあり、その中の一例を治療させて頂きました

北海道地震の被害からも立ち直りTAVIが本格的に再開されたのです 僕が治療させて頂いたのは、ご高齢の方でしたが、かなり高度な大動脈弁狭窄症であり、治療してよかったと思います 9:30AMよりTAVIのセッションが開始となり、合計で三例の治療を終わったのは 14:00でした 縦に三例を4.5時間半で入れ替えなども含んでする、というのは相当に早いですよね 入れ替え時間を含め、麻酔も含めて一例 1.5時間ということになります 素晴らしいですね

長期間の海外出張で、しかも西に東にですので、相当に体のリズムが狂ってしまいましたが、徐々に回復です とは言っても色々なメールには応答できていません 頭が回りません

頭のリハビリには Javascriptの勉強をしています Javascriptと言っても、正確には ECMAScript20151 というもので、別名 ES6と呼ばれている言語仕様のものです 現在ではほとんどのブラウザ上にこの ES6は実装されていますし、node.jsにも実装されています

言語仕様は非常に先進的なものであり、これまでのプログラミングの大きな考え方 (= パラダイム)を変更するほどのインパクトがあります 際立って紹介されているのが、アロー演算子とか Promiseとかいうものです Promiseに関しては未だ勉強を開始していません 現在はアロー演算子の習得にかかっています

/*jslint node: true */
/*jshint esversion: 6 */
"use strict";

const ary = [1, 4, 7, 9, 32, 43];
let reducer = (accumulator, initialValue) => accumulator + initialValue;
let result = ary.reduce(reducer);
console.log(result);

ここで、最初の2つのコメント欄が無いと、jslintという文法チェッカーでエラーを吐かれます

このプログラムは、配列の合計を求めるという他愛もないものですが、重大なパラダイムシフトがあるのです とっても難しいのですよ

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です