寂しい そして 前に向かって

とてもとても寂しいのです 何故かと言えば、あの行きつけの安らぎの場所「ブックスペース栄和堂」がこの 10月26日より閉店するのです

僕にはこの安らぎのスペースで MacBook Proをひろげて コーヒーとサンドイッチを食べながら Web系のプログラムを書くのが開放された時間だったのです 電源は完備され、また Wi-Fiも飛んでいて しかも雑踏がなく静かに時間を過ごし、色々なことに思いを馳せることができました

最後に先日の日曜日 10/21に訪れました 初めて開店前の 12:00少し前に店に入り、そこから 4.5時間時間を過ごしました 「きっと最後だからたくさんのお客さんで一杯だろう」と思っていたのですが意外にも僕をその 4時間あまりの時間帯には僕を含めて 10名未満のお客さんしかいませんでした

でもお陰様で http://www.kamakuralive.net/ のプログラムはずいぶんと改良され洗練された趣になった(と、勝手に自画自賛している)のです

そして昨日 10月 22日は Chicagoより Tony先生をお招きし、CTO (慢性完全閉塞)に対する経皮的冠動脈インターベンションを合計 4例 + 通常PCI 1例したのです 正直自分の経皮的冠動脈インターベンション体力が以前より絞られてきていますのでCTOを 4例立て続けに治療するのはとても辛いのです

それでも昨日は違いましたねえ 往年の最盛期の僕が戻りましたねえ ワイヤー選択、戦略全てがバッチリでしたし、何より微妙で大胆なテクニックも健在でした

一例が Tonyより proctoringされた ADR (Antegrade Dissection Re-entry; 経順行性乖離腔再疎通)テクニックに関しては正直「邪道」と思っていましたが、実際にやってみるとなかなか面白いし、そのテクニックの中に色々な Tipsがあると感じました

何れにしても新しいことを取り入れようという自分自身の姿勢には我ながら感心しましたよ これが前に向かって ということでした

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です