九州トランスラディアル研究会

3月02日土曜日には、大分市の岡病院を舞台に、開始から 20年目の九州トランスラディアル研究会が開催されました

岡病院を訪問させて頂くのはこれが二回目なのですが、残念ながら前回の記録を持ち合わせていませんです

岡病院には 8:15AM頃到着し、シネを検討し、早速PCIにとりかかりました 右冠動脈のCTOであり、患者さんに伺うと、10年ぐらい前に胸背部痛の発作があったということなので、おそらくはその時に右冠動脈が閉塞したものと思われます

岡病院

両側遠位橈骨動脈アプローチで入りました 逆行性ルートは比較的すムーズに通過したのですが、CTO部分が相当に固く、また右冠動脈近位部で直角に屈曲しているためもあり、ガイドワイヤーの通過は困難でした やむを得ず Conquest-Pro12までもを使用し、もう少しの所まで行ったのですが、そこで撤退することになりました 合併症として心タンポナーデを併発しましたが、そこは心嚢ドレナージで切り抜け、その後も患者さんと病気のお話をさせて頂きました

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です