素晴らしい

さて丁度一年前から 森山くんが Helsinki University Hospitalに留学していますが、出国する前に、彼がまとめた鎌倉での生体吸収性スキャフォルド (BVS)の長期データが JACCに掲載されました (J Am Coll Cardiol. 2018 May 1;71(17):1882-1893. Neoatherosclerosis 5 Years After Bioresorbable Vascular Scaffold Implantation.)  この論文は 「それまで BVSを植え込めば動脈硬化でいたんだ冠動脈が赤ちゃんの動脈のように若々しい動脈になるのでは?」という皆の期待を打ち崩す画期的なものでした つまり、BVSを植え込み冠動脈狭窄を改善させたとしても 5年後には新生動脈硬化が起こる、ということを示したものでした これは素晴らしい研究業績であり、3月27-29日 パシフィコ横浜で開催されている日本循環器学会において、特別賞を授与されました

彼はその授与式に出席するためにわざわざヘルシンキから一泊二日で帰国したのです 残念ながら僕は直接彼に会って祝福する時間は無かったのですが、お目出度うです

日本循環器学会での表彰式 (左端が森山くん)

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です