DICOM XAハフマン解析

DICOM XAのファイルを Binary Editorで調査すると どうやら 一コマ静止画の集まりのようです。


以上のように、SOIに始まり、内部にDHTを含み、それに引き続いてSOF3があり、最後にEOIで終わるブロックが一コマとなります。

ちなみに、JPEG規約により、soi = 0xFFD8, DHT = 0x FFC4, SOF3 = 0xFFC3, EOI = 0xFFD9なのです。ちなみに、それぞれ Start of Image, Define Huffman Table, start of Frame 3 = Lossless, End of Imageのことです。

手持ちのDICOM XA fileを調べると、SOIからEOIのブロックに 149.646KBぐらいが含まれていました。1 pixel = 8 bitsの濃度とすれば、1 Frame = 512 x 512 pixelとすれば、262.144 KBのデータ量ですので、42%までデータが圧縮されたことになります。

プログラムとしては、SOF3の次から、EOIの前までをイメージ圧縮データと考え、DHTより求めた解読表に沿って解読すれば良いことになりそうです。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です