今週の火曜日は久しぶりに燃えました

気がつけばいつの間にか7月です しかもあっという間に七夕も過ぎてしまいました 最近燃えない気分の中で 7/09火曜日は久しぶりに燃えました

当日経カテーテル的大動脈弁置換術4例が予定されており、最初の患者さんはアクセス困難例だったので左鎖骨下動脈アプローチが採られました この経カテーテル的大動脈弁置換術は僕自身が第一術者として行わせて頂き、残り3例は部下に主にしてもらいました

第一例目をスパッと終了し、すぐに他院よりご紹介の患者さんに対するCAG/PCIを行ったのです 遠位橈骨動脈アプローチで開始し、冠動脈造影を行うと予想よりもはるかに悪い冠動脈でした 諸事情があるためそのままPCIに以降しました 我ながら「あっこんな元気あるんだ」と驚いたのです

自分は Interventional Cardiologistとして何時までやるか? そしてPCIとSHDどちらの道を歩むのか? そんな重大な命題に対する回答を未だ出していないのです 回答を引き伸ばしつつ決断を先送りしているのかもですね

そんなこんなですね

そうそう昨日は朝アメリカからの訪問者と14,5年ぶりに再会したのです 彼とはHBD (Harmonization By Doing)立ち上げの頃より戦った同志なのです 懐かしかったですね

そしてたまたまですが、昨日は独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)に部下たちと併せて5名で訪問しました

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のある新霞が関ビル

これは医師主導型臨床試験開始の相談で訪問したのです PMDAの方々はお忙しい中我々の訪問にお付き合い下さり、とても有意義なお話を頂きました 本当にありがたいと思いました そして、このあと羽田空港に直行し、函館に移動したのです

いよいよ今週の土曜日には Martin Leon先生に鎌倉にいらして頂きJTVTが開催されます そんな中 1997年に JSIC会長として Leon先生をお招きした時のポスターか出てきました

JSIC 1997
JSIC 1997
Martin Leon先生ご講演
Martin Leon先生ご講演

そうかこの頃は Leon先生 (僕たちの間では Marty/Shigeruと呼び合っています)は未だ Washington Hospital Centerにおられたのですね この翌年でしょうか、彼が Columbia University Presbyterian Hospitalに仲間と一緒に移動されたのは

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です