Haskellに惑わされ – 5

さて Haskellで整数mと nを足す関数 add’というのを作りましょう もちろん一人ではできないので、書籍を読みながらですが・・・

Prelude>add' = \m n = m + n :: Int

ということになりますが、何やら訳のわらない記号が出てきました そもそも addという関数名に何で ‘ というものがついているのでしょうか? これは何と呼ぶのでしょうか Macのキーボードでは 7のキーをシフトして押すものです これはどうやら「アポストロフィー」と呼ばれるものです

間違いやすい記号で Macでは「@」のキーをシフトしながら押すと出てくるものでこれはどうやら シングルクォーテーションマークと呼ばれるものです

見かけは似ていてもプログラムの中で使用する場合には全く意味が異なりますので注意ですね!!

実はこれだけのプログラムを書くだけでも落とし穴があり、大抵の人はそこで早期に脱落するのです、たとえば

  1. そもそも’なのか `なのか どちらなのか
  2. 何で’なんて使うのか
  3. \という変な傾きの棒はどのように打ち込むのか
  4. :: Intとは何なのか

こんなところですね

これについては そろそろ外来診療せねばならないのでまた後でね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「Haskellに惑わされ – 5」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です