Haskellに惑わされ – 6

例えばこうです 僕が良く Web programmingする時に使用する PHP言語ですが、database言語であるSQL (僕が使用しているのは open sourceの MySQL言語です)と連携してSQLサーバーよりデータを取得し、それをサーバー内で PHP言語により加工し、その結果を http通信でクライアント側 つまり、一般ユーザーに送っているのですが、その部分の肝腎の SQL serverからの PHPでのデータ取得部分の一例はこんなものです

$row_session = $stmt_session->fetch( PDO::FETCH_ASSOC );
$stmt_role = $pdo->prepare( "SELECT MAX(`created`) FROM `role_tbls`;" );
$stmt_role->execute();

ここで出てきましたよね この部分です

"SELECT MAX(`created`) FROM `role_tbls`;"

この部分を良く見ると、

`created` や`role_tbls`

のように何だかさっきのもの (`)ではさまれていますね これは実は SQL構文規則では不要なものです しかしながら、この列が SQLの列名であることを分かりやすくするためにわざわざ用いているのです

つまり、 (`)というものはプログラム解析上では何の意味も持たない飾りだということです

従ってこの部分に(‘)というものを使用すると途端に文法エラーとなりプログラムは走りません これと同様のことが Haskellでも起こるのです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です