リトマス試験紙

小学生の頃、理科か課外授業かで行った記憶がありますよね皆様方 それはリトマス試験紙です。

リトマス試験紙を色々な液体につけ、その色の変わり具合で、アルカリ性か、酸性か、あるいは中性か、そんにな風に見分けるだけなのですが、それでも物事の仕組みを直に学ぶことができて、「理科の心」を形成するのに役立ったと思います。

それで今朝フト思ったのですが、自分は今、「このカテ人生ずっと続けるしかないな」と、思っているのですが、それって一種のリトマス試験紙?

どうい試験をする紙切れか? と言えば、<<そんなこと言う年齢になった>>あるいは、<<それ以前の人生の中でとんとんカテに捧げた>>ということを試験するリトマス試験紙なのかな?

 

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です