Haskellに惑わされ – 13

ライブデモンストレーション開始の直前に理解を深めるために ghciで REPLにより実行しました

Prelude> :{
Prelude| myDiv x = case x of (0, 0) -> 1 :: Int
Prelude|                     (_, 0) -> maxBound
Prelude|                     (n, m) -> n `div` m
Prelude| :}
Prelude> myDiv (0, 0)
1
Prelude> myDiv (100, 0)
9223372036854775807
Prelude> myDiv (3, 5)
0
Prelude> myDiv (100, 2)
50

思いどおりの実行ができましたね もっとも本からの抜粋ですが・・・・ しかし、本に書いているからと言っても簡単に実行できないのが Haskellです 要するにとても「厳しい」言語仕様なのです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です