光藤先生と再会

昨日は大分より日豊本線特急ソニックで小倉に、そして小倉から岡山に新幹線で移動し、岡山国際会議場で開催された CVIT中四国地方会で講演をしました。講演の前後で久しぶりに (うーん、この前の小倉ライブデモンストレーションの時には話す時間が無かったから・・ ということになるとそれこそ5年以上振りでしょうか)話す機会がありました。やっぱり友は良いです。色々な話しをしました。でも、心配されていた健康ですが、思った以上にお元気そうで何よりでした。

講演を終わってから、空港に急いだのですが、途中市内で魚やさんに寄り、ままかりを丸のまま 500g購入しました。100gで100円、大体 5 – 6匹です。ままかりの酢漬けは岡山名物で、僕も好きで岡山に行った時には必ずといって良いほど買って帰りますが、正直 ままかりを丸のまま購入したことは初めてでした。自宅に戻ってから、コハダと同じような捌き方、つまり、頭と尻尾を落とし、背びれも落とし、それから腹を落とし、腹ワタを出してから、腹から背に向けて包丁を入れ、今度は広げながら腹を下にかえし、それから包丁を背骨に沿って入れ、身を一枚に取り出す方法、この包丁捌きは何と呼ぶのでしょうか? その方法で合計30匹くらいの開きをつくりました。それを塩で〆、そしてその後酢で〆、今は冷蔵庫で寝かしてあります。さぞかしおいしいだろう、と楽しみです。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「光藤先生と再会」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です