TokyoValves 2020

さて、2/14, /15, /16と東京駅前の旧東京中央郵便局ビル(現在は Kitteと銘打った高層ビル)の中にある、Tokyo Conference Hallを舞台に TokyoValves 2020が開催されました。一応僕も4名の Course Directorsの中の一名なのですよ、これでも・・・・

さて、今年は Corona Virusのことで参加者が減るのでは?と懸念されていたにもかかわらず、何と 1,024名のご参加を賜りました。

実はこの学会に備え、日本では事実上初めてのTAVIに関する日本国内から日本国内に向けてのライブデモンストレーション中継が行われるべくずっと1年に渡り準備してきました。

何故ライブデモンストレーションで治療を行うか? その意味について考えてきました。そして、その意味は

  1. 実際の治療を公開することにより、治療の現状をお互いに知る
  2. 治療に関する思い込みをお互いに無くし、より良い治療に導いていく
  3. 広く討議することにより、お互いの知識の研鑽を図る

そして、ライブデモンストレーションの前提にあるのは、

  • 患者さんの安全とプライバシーの保護が第一である
  • 患者さんにとって最高の治療をその時に提供する義務がある
  • 学術的な討議を真面目に行わねばならない

といったことです。日本の学会や、海外の学会で、時にふざけた感じで治療が行われる場面を見たことがあります。とても気分が悪くなりました。あんなことをしてはいけません。

今年は、湘南鎌倉総合病院よりTAVI2例のライブデモンストレーション中継が行われたのです。治療の妥当性・正当性はJ-TVTという学会により常にチェックされました。そして、この二例の合間には何と、

誕生祝いケーキ
誕生祝いケーキ

僕の誕生祝いをして頂きました 嬉しかったなあ

ライブデモンストレーション
ライブデモンストレーション

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer. Winner for Master Clinical Operator Award in TCT 2019. Winner for Ethica Award in EuroPCR 2015.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です