ライフ当日

さあいよいよライブデモンストレーション当日朝です これから二日間にわたってたくさんの患者さんを治療します。体力的にもそして何よりも精神的にものすごい強さが求められます。がんばります。それが医師としての責務です。

昨夜はみなみ未来出発のディナー・クルーズ (実態は屋形船)で外国の先生方をお招きして歓迎会を行いました。何と嬉しいことに中国からも三名の先生方がご参加されました。とても大変だったと思います。最後には僕と四名で輪になって抱き合いました。すごく感激しました。彼らにも最高の手技を披露するつもりです。

関数オブジェクトのお勉強

本日は鎌倉ライブデモンストレーションKNICのバックアップをしています。本日と明日は基本的に循環器科は休診ですが、それでも病気は待ってくれませんので、患者さんが来られます。その方々を可能な限り外来診療させて頂きました。

そして今 C++関数オブジェクトの勉強しました。どうにも自分の知識が浅はかなので、「だから何?」という感じです。何がいいの? どうにも理解できません。僕の理解の範疇をはるかに超えた世界なのです。

#include <iostream>

class biggerThanFour {
public:
  biggerThanFour() {std::cout << "Created" << std::endl;}
  bool operator() (int val) {
    return (val > 4);
  }
  ~biggerThanFour() {std::cout << "destructed" << std::endl;}
};

int main() {
  biggerThanFour num;
  for (int i=0; i<10; i++) {
    std::cout << i << "      ";
    if (num(i)) std::cout << "Larger than 4" << std::endl;
    else std::cout << "4 or smaller" << std::endl;
  }
}

これで結果出力は以下の通り

Created
0 4 or smaller
1 4 or smaller
2 4 or smaller
3 4 or smaller
4 4 or smaller
5 Lager than 4
6 Lager than 4
7 Lager than 4
8 Lager than 4
9 Lager than 4
destructed

 

鎌倉ライブデモンストレーション市民公開講座

本日はとても忙しい日でした 朝は公式の会合があり、午後からは市民公開講座を開催したのです。皆忙しい中、各病院の先生方、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構の方々、厚生労働省の方、アメリカの方々、各企業の方々がご参加され、たくさんの患者さんもご参加頂きました。とても有意義な議論を展開できたと思います。

テーマは、「臨床試験こそ病める者の希望」というものでした。その心は、臨床試験は人類の進歩に必要であり、何より現在病気にかかり、有効な治療が無い方に対しての唯一の希望である、というものです。

演者の講演には涙しました。

その後、講演の方々の中の何人か集まり、小宴を催しました。小宴には、Ron Waksman先生も Mitch Krucoff先生も参加頂きました。とてもおいしい食事でしたが、ものすごく seriousな議論もされました。

彼ら二人は、イスラエルで開催された ICIという学会から日本に飛んで来られました。そのイスラエルで今回の会長は Grube先生がされたのです。Grube先生は生粋のドイツ人です。ドイツ人がイスラエルで会長をすることはこれまでありえないことだったのです。皆 ホロコーストの記憶があるのです。実際、ホロコーストに収容されて奇跡的に生き延びた女性と対面する場面があったそうですが、その女性は Grube先生と握手するのを拒否されたそうです。

これも知らなかったのですが、マーラーや、ワーグナーはドイツ人の作曲家であり、結果的にナチスの行動の鼓舞に使用され、従って、今でもイスラエルでは絶対に許されない曲であり、作曲家なのだそうです。

指揮者ズービン・メータはイスラエル管弦楽団の代表指揮者であり、インド出身なのですが、彼がマーラーの曲を演奏しようとした時に、その時集まっていたイスラエルの聴衆 3,000人が反対し、結局その演奏はできなかったそうです。

僕が北京で講演した時に、80%の聴衆が出て行ったことを話しました。難しい問題です。

それ以上に、ひどい話があります。

日本国東北のある県では、その県唯一の医科大学教授が、高額レントゲン機器納入を配下の県立病院や市民病院。あるいはその他の公的病院医師に指示し、機器更新や、新設時に、メーカー名を指名し、それ以外の会社の機器を納入させないそうです。

これは明白な違法行為でしょう。その医科大学は公立、国立ですから、これは明確な贈収賄に値する行為ですよね。今時信じがたい行いですね。考えられません。何れにしてもそのような不必要な機器選定指示があれば、納入価は自然と高くなりますので、県民および国民の税金がその教授の不法な利益のために使われるのでしょうか?

こんなこと今時の日本で許されない行為です。いったいこの県は何処の県でしょう、そしてこの医科大学は何処の大学でしょう、そしてこの教授は誰でしょう????

その内 ご存知の方が名前を同定されるでしょう、今の内にこの教授、辞めた方が良いですよ。

今朝は強い南風

今朝は日本各地大荒れの天候のようです しかし、湘南海岸は低気圧に覆われておらず、日本海側に発生している強い低気圧に吸い込まれる南風が吹き荒れていました

湘南海岸で南風は海から陸に吹き上げる風になります 風自体は暖かいのですが、時に砂をも巻き上げ、自転車走行には辛いのです 今朝はまず腰越に向かって海に行く時に、向かい風、それから七里ヶ浜から由比ヶ浜にかけては強い横風に煽られました

若宮大路に入ると強い追い風に漕ぐのが楽になりましたが、巨福呂坂では風は谷間なので遮られ、僕の重い体重を少しも軽くしてくれませんでした ああ 辛い

何だか今週四日目の走行で、これまで合計100Kmぐらいでしょうか、足の筋肉が疲れ切っているのが分かります 今日から大事な鎌倉ライブデモンストレーションに入ります

そんなこともあり今朝は無理せずそのまま病院直行しました

今朝はお迎えあり

今朝はとても良く晴れ、そのためもあり一層冷え込んでいました 昨日よりも体感温度寒い中走り始めました 何時もと同時刻なのに晴れていたためか海は明るく きれいな朝焼けが見れました

巨福呂坂ののぼりはじめでお二人のYAMAさんが手を振って迎えて下さりました 必死で辛い中登り切り、おり始めたところ再び手を振って頂きました 「あれっ? 自動車で追い抜かれたのかな?」

それから距離を稼ぐため鎌倉女子大の方に向かい、大回りまして病院に着きました これで25Km!と思ったのですが、ダメでしたね

OSXにNetBeansをインストールしてみました

昨日MacBook Pro OX-X Lionに NetBeansをインストールしました インストールは簡単でただダウンロードするだけでした C++ compilerへの pathも自動的に設定されるようで C++も問題なく走りました Windowsで走らせるよりも高速に走ります

最初C++で Hello Worldを書いた時には、iostreamを認識しないで焦りましたが、これはどうもこのような標準的header fileを読み込み、事前にcompileするのに少しだけ時間がかかったからのようです

次に走らせた時にはまったく問題なく認識し compileも高速でした

ずぶ濡れだー

今朝も頑張りました 朝暗い内に自宅出発、出発してすぐに「あれっ、雨が降っている」と、気が付きました

それでも雨は小雨が降る程度だったので自宅に引き返さずにそのまま青連寺坂を上り、赤羽交差点から腰越まで一気に下りました そして国道134号線を小動交差点を過ぎて 行合橋を過ぎて七里ヶ浜に出ました その頃から雨脚が強くなり、「これはまずいかも」と思ったのですが、そのまま稲村ヶ崎を過ぎて由比ヶ浜に出た頃には、また雨が小降りとなり、ほとんど顔にも当たらなくなりました

俄然元気となり、急いで滑川の交差点を左折し、若宮大路の長いダラダラした上り坂を登り、二の鳥居前で左折し、すぐに右折していよいよ巨福呂坂の急坂を上り始めました

丁度その頃から再び雨脚が強くなり、巨福呂坂を下って、横須賀線踏切を渡り、小袋谷交差点に差し掛かる時には非常に強い雨になっていました

「今日はいい調子なので、距離を稼ごう」と思っていたのですが、この雨ではとてもではありませんが、病院までたどり着くので精いっぱい、びしょ濡れとなって病院にたどり着きました

本日は運転免許証再発行に二俣川の試験場まで行かねばなりません 先日運転免許証から色々諸々全て紛失してしまいました 出てこないかな と少し期待していたのですが、ダメですね

このまま心にひっかかりを溜めていても前に進めませんのでけじめをつけねばなりません 世の中いいことも悪いこともありますね

ということで本日びしょ濡れツーリングは以下の通り

今朝はとても寒かったのです

今朝は5:45AMに出発し、真っ暗な寒い朝の中外に飛び出しました。青連寺脇の結構きつい坂道を登るのは、未だ体が温まっていないためもあり、あいかわらずつらいものがあります。その坂を超えればだらだらと腰越まで続く海岸に向かう長い道、腰越で海岸に出れば、国道を左に折れ、小動の交差点を過ぎて七里ヶ浜に入ります

今朝は七里ヶ浜も真っ暗で、一人もサーファーを見かけませんでした 沖合には漁火が二つと、あれは城ケ島灯台でしょうか 定期的に光っていました

七里ヶ浜から稲村ヶ崎にかけては北風もそれほど強くはなかったのですが、稲村ヶ崎の坂道を一気に由比ヶ浜に下っていった途端に、強い向かい風の北風となりました

若宮大路を二の鳥居に向かう頃には、最高の向かい風となり、だらだらした坂道の若宮大路がとても辛く感じました 二の鳥居で左に折れ、すぐに右に折れ、鶴岡八幡宮脇を一挙に巨福呂坂に向けて登り始めました 今朝も「こんなトレーニング意味があるのか?」と感じるほど何時もながらに辛い坂道でした

頂上を超えて一気に下り、そのまま距離を稼ぐために鎌倉女子大方面に向かいました 今朝は本当に寒いツーリングでした

そう世の中うまくいかない

巨福呂坂頂上の辺りで少なくとも二人の方が僕がちゃんと日々鍛錬するかどうかに心を留めて頂いていることを知りました。これは少なくとも今の僕にとっては心の支えとなります。

という訳で今朝は何時もより早く 5:40AMに自宅を出発し、何時ものコースを走りました。外は真っ暗、今朝の鎌倉は 2度という天気予報でしたので、相当寒い、と警戒していたのですが、体感温度はそれ程には低くありませんでした。というのも予報された北風が全く吹いておらず、ほとんど無風状態だったからでしょう。今朝の相模湾には沖合の漁火は一艘しかありませんでした。

割とスイスイ走ったつもりでしたが、意外とスピードには乗らず、また巨福呂坂はいつも通りにきつく、日々を重ねど重ねどまったく楽になりません。心にひっかかることがあるからでしょう。世の中そんなにうまくいきません。悪いことも重なります。あーっ・・・・

何はともあれ、病院にはいつもよりも相当早く到着し、汗でびしょびしょになった体をシャワーで流しました。今朝の走行記録は以下の通り

今朝の自転車