ひどい時差ボケの中で

今朝は Aalborg University Hospitalに行きました 宿泊した Comwell Hotelというホテルの大通りを挟んで斜め前 距離にして 500mぐらいのところにある大学病院です 何でも Denmarkは3つの地域に分かれていてそれぞれに一つづつ大学病院があり、この病院もその中の一つということです

ちなみに Aalborg (オールボー)はデンマーク第四の都市であり、人口 20万人ということです
Leif Thusen先生は何年か前にこの病院に移籍されたそうです そのLeifが今回の僕のスカンジナビア半島の旅をアレンジして下さったのです メインの仕事は僕の持っているCTOに対するPCIの知識と技術を伝授することでしたし、僕の人生にとってはこれまでのPCI人生の総括、という意味があるのです

Aalborg University Hosital
Aalborg University Hosital

とは言っても時差ぽけは辛く、また寄る年波には勝てない、という面があるのですが、こういう場面での僕は強いですね、「まあなるようにしかならないし、成るか否かは、それまでの人生の積み重ねが反映されるのだから、今更ジタバタしても仕方ない」という何時ものうっちゃり技がすぐに出てきます

それで今朝は 8:30AM頃にホテルから病院に出かけ、そこでは Leif先生が入り口で待たれていました そしてそれから本日用意された二例のCTO症例シネを見たのです

第一例目は冠動脈バイパス手術予定であった72歳の男性患者さんで、これまでに何回かの心筋梗塞をおこされ、心機能低下が著しく左室駆出率は 25%程度しかありませんでした この患者さんが左冠動脈前下行枝の99%のために 2051/11月に左冠動脈前下行枝に対して緊急PCIを受けましたが、それ以前より狭心症があり、それは右冠動脈近位部のCTOでした ただ、このCTOは 1999年の診断カテーテルより指摘されている非常に古いものでした

驚くべきことに本日の造影では、右冠動脈CTO部分より末梢が長い範囲に渡り全く造影されず、11月の時には bridge collateralで比較的鮮明に造影されていた右冠動脈が見えず、従って解剖がわからない、という状態でした

また、PCI開始時より既に血圧が 70 mmHgを切る状態で、PCIをやるためには昇圧剤を与えながらやるしか無いことになっていました また、右橈骨動脈よりカテーテルを挿入したのですが、右鎖骨下動脈の蛇行がひどくガイディング・カテーテルを左冠動脈にいれることができませんでしたので、大腿動脈よりガイディング・カテーテルを挿入しました

順行性には造影されず、逆行性にも良い副血行路が無く、諦めかかったのですが、頑張って非常に細い、しかも蛇行の激しい中隔枝を見つけ、そこを狙って見事に中隔枝経由の逆行性アプローチを完成させました その後は Reverse CARTOなども多彩に織り交ぜながら最終的にワイヤーを開通させました しかしステント持ち込みが石灰化のために大変であり、結局子カテを用いたのです 最終的に 3.5 x 48mm x 2個のDESと、4.0 x 23mmのDESを植え込み奇麗な出来で終了しました

そうそう大事なことを忘れていました 終了間際、なかなか右冠動脈にステント持ち込めなくガイディング・カテーテルを操作している間に恐らく AL-1による大動脈弁閉鎖不全が発生し、心停止となり心臓マッサージをしました 原因は自明ですので全く焦る気持ちもありませんでしたし、心臓マッサージの後すぐに回復しました 結局患者さんはとても喜ばれていました やりがいありますね

この第一例目は開始時刻か既に 10:00AMを回っていましたが、何時もより時間がかかり終了したのは 13:00でした それから病院の職員食堂に行き、昼食をとりました

時差ボケ

今回もひどい時差ボケからスタートです
成田発コペンハーゲン行きのスカンジナビア航空直行便は予定よりも 1.5時間遅れて出発しました コペンハーゲンからオールボー (Aalborg)行きの便には飛び乗るようにして乗り込みました そして、Aalborg空港到着は 19:00そしてホテルに入ったのが 19:30でした
これから北欧ノルディックの旅が始まります 今日はその初日です

Map of Nordic Countries
Map of Nordic Countries

ノーベル賞

昨日は雑誌の取材で名古屋大学東山キャンパスを訪問させて頂きました あるノーベル賞受賞者との対談があったのです すごいですよね ノーベル賞というのは人類が歴史を刻んでから1,000名は多分受賞者がいない賞ですよね、それを受賞されている方というのは うーん ですね
実際にお会いしてお話させて頂き、気さくな方で安心しました まあそのような方でないとノーベル賞などは受賞できないのでしょう
発言された内容に一部誤りがありましたが、それは周りが支えるべきことで本質ではありません お話できてとても良かったです 自分としても啓発されることがありました

ということで昨日は名古屋を忙しく日帰り、こんなことが可能となったのも新幹線が50年ぐらい前に開通したからでしょう 素晴らしき技術の進歩ですね

ということで本日は朝から成田に向かいました 成田発昼過ぎの便でコペンハーゲンに飛ぶのです 本来はもう飛び立っているのですが、飛行機が 2時間ぐらい遅れていますので未だ成田空港です
僕は暫く 日本を離れます 日本を離れて、自分の人生について考えます、色々な思いがあります、それらよついて考えます、あと 懸案のプログラミングですけどね

その結果、自分がインタベの世界から離れ、あるいは医師を捨てる、そんなこともありかな とも思います 

これまで 1981年にPCIの第一例目を行ってから、いやいや 実は 1979年に第一例目を行ったのでした、遠い記憶の彼方に全てが曖昧となりつつあります
1979年に Old Gruentzig On-The-Wire Balloonで第一例目から第四例目の合計四例を関西労災病院重症治療部脇のレントゲン機械(これはOld Siemens -> new cheap Hitachi)で行ったのです

それから何と 37年間が経過したのです そんな自分の人生、自分が人生を交差してきた患者さん、どんな患者さんにとってもそれぞれの人生であり、誰にも干渉を許されない人生なのです その人生と関わり、お互いに波紋を与え、それぞれの人生に影響してきたのです

そんなことを考えます そして、本日暫く日本を離れ、色々と考えたいと思います

iPython Notebook

またまた iPython Notebookにハマり始めています でも Pythonすら未だ使いこなせていないのでまだまだ道は遠いのですが・・・

それにしても、昔は IPython Notebookと題が書かれていたのが、2015年9月頃からいつの間にか Jupiterとしか書かれていないのです これについても良くわからなかったのですが、昨日 Kindle購入した本によれば、IPythonというPython言語の縛りから解き放たれ、Notebookは独自のプットフォームとして開発が進んでいるとのことでした 現在では、Rubyなど他の言語にも対応しているのだそうです そして Jupiter.orgという団体を作り上げ、そこが中心になって開発しているのだそうです

という訳で TAVIのクラス最初の段階は

class TAVI():
    def __init__ (self, age, sex):
        self.age = age
        self.sex = sex
        
class Sapien(TAVI):
    def __init__ (self, age, sex, size):
        super().__init__(age, sex)
        self.size = size
        print("SAPIEN case, Age = {0}, Sex = {1}, Size = {2}".format(self.age, self.sex, self.size))
        
sapien_case = Sapien(88, 'M', 23)

これを走らせれば 

SAPIEN case, Age = 88, Sex = M, Size = 23

となります

本日も早かった

本日は朝から 3例の予定TAVIでした 事実上の開始は 9:30AM頃からでしたが、縦に(要するに手術室1室のみで) 3例を行ったのですが、15:00前には終了しました

もちろん、これは患者さんの入れ替え時間、手術室の清掃時間なども含まれているのです 余裕で縦 4例を時間内にできそうですね

本日は 3例とも CoreValveで行いました 本日は併せて Tokyo Valvesの Video撮りも行われました CoreValveの勘所に関しては大分と理解してきました そりゃあそうですよね もう CoreValveだけで 30例は行っているのですから・・・

やはりシャフトが細く、結果的に用いるシースも細いので、末梢血管に問題ある方には使いやすいディバイスです また弁輪の限局性石灰化などの弁輪破裂の危険性が高いと目される方に対しては安全性の高いディバイスでしょう

何はともあれ早く安全に、しかも効果を挙げて終了して良かったですねえ

ちなみに Python 3.4では

先のクラスを用いたプログラムは version 2.7用に書かれていましたが、これを version 3.4で走らせる時には簡単になります

class Shape():
    def __init__(self, x, y):
        self.x = x
        self.y = y
    def position(self):
         print("Corer position = x: {0} and y: {1}.".format(self.x, self.y))
 
class Square(Shape):
    def __init__ (self, side = 1, x = 0, y = 0):
        super().__init__ (x, y)
        self.side = side
    def area(self):
        print("Area = {0}.".format(self.side * self.side))
 
class Rectangle(Shape):
    def __init__ (self, short_side = 1, long_side = 1, x = 0, y = 0):
        super().__init__ (x, y)
        self.short_side = short_side
        self.long_side = long_side
    def area (self):
        print("Area = {0}.".format(self.short_side * self.long_side))
 
class Circle(Shape):
    def __init__ (self, r = 1, x = 0, y = 0):
        super().__init__ (x, y)
        self.r = r
    def area (self):
        print("Area = {0}.".format(self.r * self.r * 3.14))


a = Shape(10, 20)
b = Square(5, 10, 20)
b.position()
b.area()
c = Rectangle(5, 6, 10, 20)
c.position()
c.area()
d = Circle(10, 20, 15)
d.position()
d.area()

これで良いのです めんどくさい最初の親の objectクラス継承の宣言は不要ですし、super()のめんどくさい引数も不要です

pyenv 覚書

$pyenv versions

これでインストールされているpythonの version一覧出力 例えば

* system (set by /Users/***/.pyenv/version)
  anaconda-2.1.0
  anaconda3-2.1.0

これで現在は systemに最初からインストールされているpython ここでは Python 2.7.1が選択されていることが分かる

echo eval "$(pyenv init -)" >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

というおまじないをterminalから打ち込む必要があります これで

Python 3.xにするには

$pyenv global anaconda3-2.1.0

このようにすれば、Python 3.4.1に切り替わる

$ python --version
Python 3.4.1 :: Anaconda 2.1.0 (x86_64)

Python2.7でのクラス使用

最近 Pythonに傾きつつあります もっぱらプログラムのテストには Pythonシステムに内蔵してある IDLEを用いています そこで、クラスの勉強をしているのですが、Pythonでややこしいのは、 version 2.x系列と version 3.x系列で大分異なる、ということです 3.x系列ではエラーにならないものが、2.7ではことごとくエラーとなります

クラスの定義にしても然りであり、2.7でクラス定義していてはまりました 結局、親クラスは object抽象クラスを継承する必要があり、また子クラスで親クラスを継承するためには、super()の引数として、自分自身のクラス・タイプと、selfを使用せねばならない、ということです ここに到達するのに1時間を要しました

class Shape(object):
    def __init__(self, x, y):
        self.x = x
        self.y = y
    def position(self):
         print("Corer position = x: {0} and y: {1}.".format(self.x, self.y))

class Square(Shape):
    def __init__ (self, side = 1, x = 0, y = 0):
        super(Square, self).__init__ (x, y)
        self.side = side
    def area(self):
        print("Area = {0}.".format(self.side * self.side))

class Rectangle(Shape):
    def __init__ (self, short_side = 1, long_side = 1, x = 0, y = 0):
        super(Rectangle, self).__init__ (x, y)
        self.short_side = short_side
        self.long_side = long_side
    def area (self):
        print("Area = {0}.".format(self.short_side * self.long_side))

class Circle(Shape):
    def __init__ (self, r = 1, x = 0, y = 0):
        super(Circle, self).__init__ (x, y)
        self.r = r
    def area (self):
        print("Area = {0}.".format(self.r * self.r * 3.14))

これは Shapeという親クラスを継承して、Square, Rectangle, Circleという3つのクラスを継承したのです あくまでも Python 2.7です

使用するには例えば

a = Shape(10, 20)
b = Square(5, 10, 20)
b.position()
b.area()
c = Rectangle(5, 6, 10, 20)
c.position()
c.area()
d = Circle(10, 20, 15)
d.position()
d.area()

このようにすれば、回答は

Corer position = x: 10 and y: 20.
Area = 25.
Corer position = x: 10 and y: 20.
Area = 30.
Corer position = x: 20 and y: 15.
Area = 314.0.

となります

嬉しいな 嬉しいな

大変苦労した正月早々のTAVI患者さん とてもお元気で心配いりません とても嬉しいです

少しはゆっくりと思うものの、新年になって次々と患者さんがいらっしゃいます 自分の心に二面性があります

外来で新患で苦しい患者さんを目の前にすると、「何とかしなくてはいけない 自分ができることだ」ととっても善人となるのです

しかし、いざその当日となると、「誰だ こんなに出来るわけないじゃない」と 悪人に

そしてカテ室で患者さんの前に立つと、「頑張らねば 最善をこの患者さんのために尽くすのだ」と再び善人に

そして終われば 「疲れたー 何時までこんな生活続けねばならないのか もういい加減リタイアの歳なのに」と 全く違った第三者となるのです

今現在は 悪人です そして もうすぐ善人になるのかな?

正月早々すさまじきインターベンション

何だか今年は波乱の雰囲気が漂います 正月三が日は寝正月で過ごし、昨日 4日より急激にフル稼働 すっかり疲れ果てて帰宅

今朝も疲れが残る中出勤 例によって 7:00AM病院出勤 「今日はTAVI 2例だ!」と気持ちは昂ぶるも、疲れがどっさりと溜まり、「ふー 最悪」という感じでした

それでも循環器内科カンファランス終了後、引き続きTAVIカンファランスに参加し、皆様方に正月の挨拶をして気持ちを高めて行きました

そして第一例目、これが相当に重症でした とにかくどんどん血圧が低下し、心臓が動かなくなる どんどんどんどん事態は悪化する 最終的に植え込みを思い切って行ったのです この判断が良かったのです これにより解剖学的な問題点(=重症大動脈弁狭窄症)が解除され、後は皆のサポートにより徐々に回復し、そして現在はお元気に話をされています

僕から見ればまさに天国と地獄の境目、いや違いますね生死の境目というのが事実です

こんな風に人生で一番重要な境目の縁を渡り歩いているのは相当なダメージを僕心と身体に与えるのでしょう 今までは若さで乗り切っていたのですが、何時までこんな限界状況にいることができるのでしょうか?

二例目はこれに引き換え順調に経過したのです 辛い