忙しい三日間

日曜日の昼前にホテル Le Meridian Etoirに到着し、13:00からは Tokyo Valves 2018のための準備会議が開催されました EuropaOrganizationからと、Marie-Claude Morice先生、林田先生、大野先生そして山中くんと僕が参加して、色々な観点から来年の会をどのようにするか皆で討議しながら決めていったのです

その作業はとても神経を使うもので大変でしたが何とかやり終わりました しかし、それに引き続き今度は London Valves 2017のための最終会議が行われ、それにも参加しました

夜は Spanish Barに行きました 時差ボケはどんどんひどくなりましたが、やはり 4:00AM頃には覚醒です

翌日月曜日 15日は特にスケジュールが無く、ホテルの部屋で過ごしました 昼はあいかわらず「来々軒」でした

来々軒の辛味噌ラーメン

翌日は 10:00AMからの Opening Ceremonyにおいて壇上に並ぶことになりました これは非常な栄誉と思いますが、僕がそんな場にいることが本当に良いのかどうか自信がありません 会場は Main Arenaであり、おそらく 2,000名以上の方々があつまりました ものすごい人数でした

これは開場15分前、この後たくさんの人が

今年は Andreas GruntzigがPCIを開始して、40年の節目です そこで、40 Years’ PCIというものが設けられ、その中ではいくつかの歴史に残すべき写真が展示されていました 僕も数回その陳列の中に並べられました

Gao先生、Fajade先生そして Kiemeneij先生と
Ethica Awardの歴史
2015年に受賞しました

 

それから色々なセッションの座長など行い 本日は既に 17日 朝 8:30AMより座長 それが終了してから 今度は EuroPCR TVの取材を受け、昼食時には色々な話し合いを行い 現在は MitraClipのセッションで勉強中です 今日の夜の便で鎌倉に戻ります

ああ ゾッとした

今朝は大変な思いをしました 今朝はTAVI 3件の予定ですが、その中の一例を検討している時に、自分の MacBook Pro Late 2016を例の Type C connectorで VGA端子につなげたのです そして OsirixMDを立ち上げた途端、Osirixの modeが勝手にかわり、これは大変と Osirixを shutdownして 再度立ち上げたのです

そうしたらば、何と Databaseが消えている!!!

自分の Macにはこれまで全世界で行ってきたそれなりの症例、bifurcation, LMT, DCA, Rota, たくさんのCTO、それに TAVI, MitraClip, Watchmanその他諸々が 400GBぐらいのデータして蓄えられているのです

それがそれが消えた!!!??

どうしようかと思いました そしてTAVIに入るにあたり、この動揺した精神状態をどうするか? こんな状態でTAVIに入れば患者さんに不利益

そこでとった行動は、「まず忘れよう、いざとなれば自分の過去を清算するつもりで、全てのデータ無くなってもいいさ」と思いを改めました これにより心は平静となりTAVIに臨み、そして素晴らしい結果で患者さんも眠りから醒め(当院では Conscious Sedation局麻でTAVIを行っています)、とてもお元気

これを確認して、そして再び Macに立ち向かい、自分で設定していた色々なことを思い出しました そもそも Osirix Databaseは自分の場合、~/直下においていたのを忘れていました

そして、それを Open Databaseで開いたところ、見事にありましたねえ 素晴らしいですねえ 何も消えていなかったのです ああ良かった

怒涛の一週間が過ぎて

先週は鎌倉、サンディエゴ、東京、堺、姫路、京都、鎌倉と飛び回り一週間がとても忙しく過ぎました 流石に疲れ切ってしまいました

先日は月曜日、外来診療の後 久しぶりに鎌倉でPCIをしました 何時まで手技を続けるのでしょうか?

そして本日は火曜日、12月から1月末まで二ヶ月かけて鎌倉のハイブリッド室の機器更新をしていました もちろん以前のマシンでもTAVI、MitraClip、Watchmanなどのいわゆる Structured Heart Disease Interventionは可能であり、またStent Graftなども可能だったのですが、マシンも相当に古くなり、そして何より解像度その他の点で不満足でしたので、二ヶ月間完全にこれらの手技を停止し、マシンの入れ替えをしてもらったのです

という訳で本日は2ヶ月ぶりにTAVIを行いました やはり久しぶりになので少し緊張しましたが、バッチリ 素晴らしい手技でTAVIを行うことができました いやあTAVIはいいなあ PCIのようにネチネチしたところがありません いや失礼 ネチネチなんて言葉はいけませんね そうでなくてバシッと手技的に決められる、その点がいいなあ

はじめて自分自身で経験する手技

今日はかねてより懸案であった手技を人生で初めて実際に行いました 僧帽弁閉鎖不全に対する治療です 実際に行うまでは半信半疑の治療でしたが、手技をうまく行った直後に肺動脈圧が低下するのを目の当たりにして これはやはり素晴らしい治療法だと認識しました

これまでもロスの病院での見学で同様なことを経験してきたのですが、何しろ自分たちで行ったのは初めてですので、やはりとても嬉しいのです 一つの枠を越えた、次のステージに移った、そんな実感があり、感激があるのです

これは治験で行われている手技なのであまり詳しくここで記述する訳にはいかないので申し訳無いのです しかし、この治療法は有効な治療法であることは多分間違い無いことです 私達もどんどんこの治療法を僧帽弁閉鎖不全で苦しんでいて、適応のある患者さんに対して行い何とかしてあげたいと思います

本日また新たな手技に一歩を踏み出すのです

今朝は早朝起床し、何時もより長く小雨降りしきる中自転車で出勤しました わざと通り道してペダルを漕ぎ、何だか何時もうまくいかない世の中を嘆きながら心を清く、そして強くしていくのでした

とはいいつつ頭の中は高速回転で一つのことを考えていたのです それは、登録日、病院毎に登録症例数を一覧として出力する SQL文の作成でした これは実用上重要であり、もちろん PHPや JavaScriptなどのスクリプトを介すれば誰でも出来ますが、それを SQL文で一発で行う、というものです

そして書きましたね 以下の文を

SELECT 
COUNT(*), `hp_tbls`.`hp_name`,       DATE_FORMAT(`pt_tbls`.`registration_date`, '%Y%m') 
FROM `pt_tbls` 
INNER JOIN `hp_tbls` 
ON `pt_tbls`.`hp_tbl_id` = `hp_tbls`.`id` 
GROUP BY `hp_tbls`.`id`, DATE_FORMAT(`pt_tbls`.`registration_date`, '%Y%m')

これで病院別かつ月別に登録症例数が一覧として出力されます あっ、SQLは MySQLのものですよ ここでのキモは、GROUP BYと DATE_FORMATでしょうか

何れにしても早朝より頭の回転は優れていました これで本日の新しい手技に全力で臨めますね