シカゴ出発するところ

現在シカゴ オヘア空港のラウンジで JAL便の出発を待っています 今回水曜日朝到着し、本日金曜日昼の便で帰国します 短い滞在ですが、水曜日から今まで飛行機の中では一睡もせず、そして着いた日は3時間、昨夜は2時間しか眠っていません 帰国の便でも眠れるか否か分かりません

水曜日の午後は別のホテルに移動し、ある新規ディバイスの in vitro試験を行いました

新規ディバイスの in vitro試験
新規ディバイスの in vitro試験

そして木曜日午前中は JTVT-TVT collaboration sessionにおいて発表をしました

そして本日朝は main arenaで TAVI liveの moderatorをして、それから空港行きの車に乗ったのです

この間に食べたラーメンは一杯のみでした 今回は Ajida Ramenで食べました とても美味しいものでした

Ajida Ramen
Ajida Ramen

実は今回もう一つ重要なミッションがあり、そのためにスタジオでビデオ撮りも行いました 自分自身のものは写真に撮らなかったのですが、現在ロスに留学中の落合くんの撮影風景がこれです

ビデオ撮り
ビデオ撮り

幻の「夜汽車」

昔むかし ある所に「夜汽車」という飲み屋さんがありました その場所は 懐かしの尼崎市で、阪神電鉄尼崎駅から歩いて5分、国道二号線の「近藤病院」より三和通商店街に入ったところでした

「夜汽車」はご当主が沖縄出身であり、コの字カウンターに集う人々も沖縄出身の方々が多く、その方たちは「三線」(さんしん)を弾く方々です 僕はかれこれ7-8年前にこの三和通商店街を散策していてこの店を偶然見つけ入ったのです そこのおでん 特にマダコを煮たおでんが好きで関西に行く時は必ず通っていたのです

それがある時 多分4年ぐらい前から消失してしまったのです かつての店の前に行っても似たような門構えの店はあるのですが、雰囲気が違いますし、店名も違います 必死でネット検索かけてもヒットしないのです 何か自分の一部が切り取られたような衝撃と落胆が僕の心を覆いました

それがそれが何と昨日 Slender Club 2019尼崎 その Welcome Partyにおいてその「夜汽車」のご主人とその一団が参加され、沖縄民謡のライブ演奏をされたのです

沖縄民謡ライブ
沖縄民謡ライブ

そして、伺うと何と店はそのまま同じ場所にあるものの、店名のみ変更されたということでした 現在の店名は「北酒場」でした

新しい店名「北酒場」
新しい店名「北酒場」

そのライブ演奏終了してから「北酒場」に行きました 以前のように沖縄民謡仲間が集まりとても良い雰囲気でした 人生の一部を取り戻した気分でした

あっという間に時間が過ぎていく

やっぱりなあ 歳なのですよねえ 自分の歳を一番身近に感じる時、それは ふと何でこんなに毎日が早く過ぎていくのだろうか? と思う時です

たとえば今週は何をやっていたのか? 思い出しましょう 火曜日28日は経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)のビデオ撮りを二症例分撮りました 翌日は? うーん外来診療に明け暮れたのかな 木曜日は? 比較的時間が取れたので、PPM (Prosthesis Patient Mismatch)について調べました 二週間後に迫った TVT (Chicago)で発表せねばならないからです うーんなかなかまとまらない

そして昨日金曜日です 午後の羽田-伊丹便で久しぶりに関西に入りました そして夜は神戸の Steak Houseで早めの夕食、それから明石焼きの名店「司」で明石焼きを食べ、その後喫茶店に行きました 尼崎のホテルに入ったのは22:00頃ですかね しばらくしてバタンキュー

本日はなんと6月01日です 6:00AMには覚醒し、朝食はスキップして8:00AMに尼崎市園田にある 「はくほう会セントラル病院」に行きました 朝一番に Slender Club JAPAN 2019においてライブ手技を割り当てられていたからです 到着してから電子カルテで症例の造影を見たのですが、何と3ショットしか無いのです 何でも腎機能が少し低下しているので造影剤使用を抑えるためこの三ショットのみだったのです 右冠動脈がmid portionより慢性完全閉塞であり、副血行も十分ではありません 正直 I do not have enough information regarding anatomy to do PCI for this patient. と叫びたくなりました 絶望的な状況です

それでも気を取り直し、またごねたとしても状況が改善する訳でもなく、まずは 8:50AMに右遠位橈骨動脈穿刺から自ら行いました すごいですねえ 穿刺一発で成功です「どうして自分はこんなにも本番に強いのだろう」と何時もの如く思いました

対側左からはものすごく体の大きい方で retrograde approachを行った場合、device lengthが足りなくなる危険性があり、敢えて左近位橈骨動脈よりアプローとしました 結局左橈骨動脈より7Fr EBU3.75を左冠動脈に、右遠位橈骨動脈より7Fr JR3.5を右冠動脈に挿入し、ようやく造影を行い戦略を立てることができました

そして、左冠動脈前下行枝よりかすかな中隔枝を一義的に狙い中隔枝経由の逆行性(両側性)アプローチを戦略としました こんな時は我ながらすごいですねえ Sion wireは一発で目指した中隔枝をクロスし、右冠動脈近位にいったのです それからmicro catheterを進め、造影すると慢性完全閉塞部分はものすごく汚く造影され、たくさんの決戦や necrotic tissueが存在し、この先 distal embolizationのリスクがあるだろうな そのように予想したのです でも何はともあれどんどん手技を進め、最終的に externalizationに成功し、バルーンステントと行い一応成功しました 「一応」というのはやはり distal embolizationのため TIMI 2程度の flowにとどまったからです でも IVUSでも確認しましたが、きちんと真腔のど真ん中を通過して再開通させたのです 我ながらあんな困難な状況でこの症例治療をやり遂げるのはすごい きっと世界で僕だけしかできない そのように自画自賛したのです

時刻は11:00AMになっていました まずは行きつけ と行っても実は前回訪れたのば 2016年4月09日だったのですが 尼崎三和本通り商店街最大の秘境レストランである「寿々屋」に行きました いやあ懐かしいなあ ママさんとも再開できて嬉しいな 寿々屋は三和本通り商店街脇にある「ナイス市場」にあるのです

ナイス市場
ナイス市場の看板が見えますね
ナイス市場の中
ナイス市場の中 ほとんどの店のシャッターが閉まっています

この「寿々屋」さんは、顔なじみの女将さんがやっておられるお好み焼きの店です お好み焼きと言ってももちろんそれだけではありません 特筆すべきは「スープたこ焼き」なのです 店はこじんまりとしていて鉄板付き机が五席のみです

寿々屋の店の中
寿々屋の店の中

僕がこの店に通うようになってもうかれこれ10年以上なると思います 三和通商店街を歩いていて偶然運命の出会いのように見つけたのです それ以来定期的に通っているのですが、前回が2016年だったのは自分なりにショックでした

名物スープたこ焼き
名物スープたこ焼き
とん平焼き と、イカゲソ塩
とん平焼き と、イカゲソ塩
モダン焼き
モダン焼き

何はともあれ女将さんと再会を祝いました

寿々屋 女将さんと
寿々屋 女将さんと

僕自身があと何年通えるか分かりませんが、僕が通える間は続いて欲しい店の一つです 是非皆さん方も、尼崎を訪れた時は、なかなかたどり着くのが難しい場所ですが、是非ともこの「寿々屋」さんを訪ねて下さい ただし、営業時間が 11:30AM – 18:00ですので気をつけて下さいね 本日は昼は満員でした

しばらく寝ぼけていたら

さて、パリからは木曜日夕方 5月23日に帰国しました パリでは official rolesが3つ、これはやらねばなりません、それだけでなく、private meetingsがたくさんあったのです その中で今後の新しいデバイス開発の方向性が決まったりするので気が抜けません 結局毎日 8:30AM頃から夜のdinnerまで予定でぎっしりでした

23日は時差ボケでしたが、翌日24日金曜日はまた別の仕事でビデオ撮りがあったのです

24日土曜日は今、メキシコ循環器病センターから一ヶ月間研修に来られている若手女性Interventional Caridologistである TiTi先生を鎌倉観光に連れて行きました この日 日本全国5月としては歴史上最高の猛暑であり、鎌倉も朝から35度ぐらいまで気温が上がり強い日差しでした それでも10:00AM病院玄関で待ち合わせ、大船駅まで25分間炎天下を歩き、そこで岩本理枝と待ち合わせ、三人で横須賀線次の駅である北鎌倉駅で下車しました TiTi先生が SuicaをiPhoneにインストールして自由に使いこなしているのを見て驚きました

北鎌倉駅より何処に行こうか迷ったのですが、結局まずは「明月院」に行きました そこの受付には岩本理枝の知り合いがたまたま出ておられ、挨拶してもちろん入場料を払い散策しました 名物の「あじさい」は未だ少ししか咲いていませんでした

明月院のあじさい
明月院のあじさい

明月院から次は「建長寺」に行ったのですが、なかなかの禅寺ですね

建長寺本尊
建長寺本尊

奥まった場所にある「半僧坊」は独特の雰囲気ですね そこまで急に階段を何段も登るのは暑い中大変でしたが、着いた先からは相模湾を見渡すことができものすごく良かったです

半僧坊
半僧坊
相模湾をのぞむ
相模湾をのぞむ

建長寺の次は、そのまま歩いて「鎌倉八幡宮」に行きました そのして八幡宮から「若宮大路」に出て、その脇の小路を散策していたところ、住宅街の一角、北条氏が切腹したと言われる場所に続く小路なのですが、その一角に古びたCafeを見つけそこに入りました

古民家カフェ
古民家カフェ

落ち着いた雰囲気でとても良かったですね 実は鎌倉の裏の小路にはこのようなCafeがたくさんあるのですが、僕が知らなかっただけのようです このようなCafeでは観光客で混乱する世界とは別世界を味わうことができます

TiTi先生
TiTi先生
つばめCafe
つばめCafe

この後、小町通りを歩き、鎌倉駅に、そしてそこからSuicaで江ノ電「長谷」駅に出て、そこからまた鎌倉大仏の背部の小路を10分ほど歩いていきつけのレストランに行き、合流した皆と一緒に遅い昼食を摂りこの日は解散しました

とても暑い日でしたが楽しかったですね

まったく駄目な自分

もう嫌になってしまう 貫徹するのが苦手な自分に嫌になってしまう 明らかに若い頃と比べると何かに一心に向かって進む強い気持力が低下している すぐにあっち あるいは こっちと目移りしてしまう

もちろん、医師としての自分の、いやこれで医師なのだろうか? 今どこかの現場、あるいは疫病が蔓延する地域に放り込まれた時、あるいはそこまでではなくて通常の日常診療に放り込まれた時、そんな時自分は医師として何らかの善を成し得るのだろうか? 既に医師 –> 内科医 –> 循環器内科医 –> インターベンション専門医 –> 経カテーテル的大動脈弁植え込み術・経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)・慢性完全閉塞・経橈骨動脈的冠動脈インターベンション専門医 としてどんどん分化し、専門バカになっている自分に汎用的な場面で何か医師としてできるものがあるのだろうか? いや翻って考えれば、そんな風に脱分化して行くことが、本当に正しいのだろうか?

そんなことを考えてしまう 何故そのようなことに至ったか? 数週間前、純粋関数型言語 Haskellに踏み込み、分からないながらもテストプログラムで練習繰り返していた自分がいました しかし、その後 Angularに目移りし、テスト練習プログラムを勉強し、Kindle本も何冊も途中まで読んでいた自分がいました

それが今朝 6:30AM 出勤途中、いつもPodCastで医学のこと、プログラミングのこと、素粒子のこと、相対性理論のこと、それらを耳学問で聞きながら歩いて 30 – 40分 その間それなりに勉強しながら出勤するのですが、AMP (Accelerated Mobile Pages)に心を動かされたのです でも新たな勉強が必要だし、ましてや自分にそんな能力あるのか否か? まったく自信がありません そもそも自分は何をしたいのだろうか? 一昨日も馬鹿なことしました

一昨日札幌から羽田に夜到着し、仕事の打ち合わせで大森蒲田の昭和の雰囲気が色濃く残る横丁の寿司屋さんに入りました カウンターのみ 6名しか入れない寿司屋さんです 若い大将は寿司に命を賭けている そんな雰囲気がありありです そこでおいしい寿司を食べ、日本酒を飲みました 隣にはご主人がスウェーデン出身、奥様は日本人の蒲田在住10数年のご夫婦が座っておられました その後何となく意気投合したのです。

スウェーデンと言えば三菱重工業に相当する世界的大企業 SAABで有名ですが、この歴史的な王国は独自の文化に色づいています

スウェーデン王国王宮の衛兵交代式

そうPCIの分野では SCAAR Registry
(Swedish Coronary Angiography and Angioplasty Registry)

が有名ですよね もうかれこれ10年ぐらい前(正確には2007/11/25 – /28)に自分でストックホルムの大学病院で治療した慢性完全閉塞患者さん二例がこの SCAR registryに登録されましたね

ストックホルムでの慢性完全閉塞治療
講義をしています
立派に手技していますね
十分に討論しながらの手技教育

さて、もう一つ有名なことはもちろんノーベル賞ですよね でも、それよりも僕にとっては心に残っているのが、有名な小説より起こしたシリーズ映画である「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズなのです この映画の独特の「ああスウェーデンという国はこのようなところなんだな」と思わせる雰囲気あるいは文化、すごく印象深い映画です。そして偶然なことに今週ダラスからロスに乗り継ぎで帰国する途中の American Airlineでこの映画の四作目である「蜘蛛の巣を払う女」が、飛行機の中でやっていて運良くそれを見ることができました。すごく印象深い映画でしたよ。

さて、その蒲田の寿司屋さんで出会ったお二人ですが、ご主人は英語と(もちろん)スウェーデン語しか話せられないのですが、僕はついついこれらの映画について話しました。やはりスウェーデンの方にとってもこれらの映画シリーズは有名であり誇りでもあるようでした。でもまだ「蜘蛛の巣を払う女」は見られていませんでした。いやあどこでどんなつながりがあるかわからないですね。色々な知識を絶えず蓄えるのはとても重要ですよね。

そうそう何で駄目な自分か? それはすっかり意気投合してお酒をたくさん飲み、その帰りに iPhoneを紛失したことなのです でも、今日の午後戻ってくる予定です いんあ、世の中まんざらでもありませんね。

今現在 CDMX (メキシコシティー)

さて日曜日夕方成田空港発の ANAメキシコ直行便で飛び立ちました ここ数年かけて行っている JICAとの共同プログラムであるメキシコでのTRI普及活動を行うためです

このプログラムは実に 3年間に渡り開催してきたもので JICAと共にメキシコ保健省も参加する公式プログラムであり、これまでに多数のメキシコ人および一部の中南米からの循環器医師を育て、これらの国々でのTRI普及に役立ってきました 今回はこの三年間に渡るブログラムの終わりとなり、やはり僕自身が参加せねばならないものだったのです

メキシコ空港に到着し、ホテルに一旦入り、それから早めの記念夕食会が開催された日本メキシコ友好協会に 16:00までには入りました

日本メキシコ友好協会
日本庭園
平成天皇の 1964年植樹

ここには和食レストランがありますが、日本庭園が素晴らしく、1964年には現在の平成天皇が訪れ記念植樹が行われました

翌日月曜日(11/19)はメキシコ革命記念日でしたが、このプログラムは行われ、メキシコ国立循環器病センター (INC; イエネセと発音します)を舞台に行われました

イエネセ

この日は僕が術者として一例 10:30AM頃より慢性完全閉塞患者さんを治療しました

患者さんは 66歳の Class 3 – 4の重症狭心症の方であり、数年前に冠動脈バイパス手術 (LITA-LAD, SVG-RCA)が行われたのですが LITAは枯れ枝となり、SVGも閉塞していて、しかも左冠動脈前下行枝近位部慢性完全閉塞、右冠動脈近位部と左冠動脈回旋枝遠位部は bridge collateralを伴う慢性完全閉塞でした

今回の targetは左冠動脈前下行枝近位部の慢性完全閉塞でした これに対して、遠位橈骨動脈アプローチに果敢に挑戦しました 実際に触知すると細めの動脈であり穿刺は困難が予想されましたが、なんだか「これも運命 どうなると結果がついてくる」と割り切り、穿刺しました 何と一瞬で穿刺に成功し 6Fr sheathを留置したのです そしてPCIも一瞬で慢性完全閉塞を通過させ DES 3.0 x 33mmを植え込み奇麗な出来上がりとなり終了しました これで患者さんはとてもお元気になられるでしょう

PCI成功して

その後講義を行い、このプロジェクト参加者が集まり記念写真を撮ったのです

記念写真

そして14:00より「うかい亭」でラーメンを食べました

うかい亭
辛味噌ラーメン

本日はこれからプロジェクト閉会式がありそれに参加します

今週はPCIに明け暮れ、そして行者になった

今週は新たな薬剤溶出性ステント治験や、Impellaを用いたCHIPによる治療、そして外来診療に明け暮れました 本当に忙しく自分の残された貴重な人生としての時間をどんどん費やしてしまいました

本当にこんなことでいいのだろうか? さらには MitraClipによる治療、これは大分と早く治療できるようになり、そんなには自分の人生の貴重な時間を費やしてはいませんが、まあTAVIに関しては既に部下に任しても全く問題ありませんので このような時には関わらないようにしていますし

そして昨日金曜日 11/09は伊勢志摩ライブで術者をさせて頂きPCIをまた行ったのです 何時もは土曜日の朝、あるいは金曜日の遅くに松坂に入るのですが、今年は行者としての修行がありましたので、金曜日午後遅めに松坂に入りました

そしてまずは講演を一つ行い、それから実際の症例治療に移りました 意外にもロータプレーターが必要となりましたが、結果的には満足の行く出来で治療が終了したのです この時点で 16:30ぐらいでしたが、すぐに松坂のホテルに向かい夕食を食べてバタンキューでした やはり疲れが溜まっているのですね

しかししかし結局 2:00AMに覚醒して、それからは一睡もできず本日に至ったのです

さて本日は自分の老境に向いつつある肉体を顧みずに無謀にも行者修行に挑んだのです

ここ伊勢にはものすごい昔から修験者が修行を行う聖域としての山があります 本当の意味での山伏が修行に入る山です その山が現在も残っていて、それは麓のお寺により管理されています その寺は 「伊勢山上 飯福田寺」というお寺であり、まだ40歳前後の住職さんが管理されています 飯福田寺というのはなかなか読めないと思いますが、「いぶたじ」と読みます

僕がこの寺と、その修験の場所を知ったのは、やはり伊勢山に当時は存在していた萎びた蕎麦屋さんに行ったからです それは丁度一年前のことでした

それからこの西暦 701年、つまり 1,300年前に開山した修験の山で少しでも修験者、行者に近付こうと、今日この日を一年間待ったのです

昨日は金沢循環器病院PCI 10,000例記念ライブデモンストレーションおよび祝賀会

昨日 11月02日は朝から羽田発の小松空港行きの ANA便で金沢に飛びました 飛行機はビジネス・マンで満席でした 途中日本アルプスを横切るのですが、快晴のため美しいアルプスの山々を見ることができました

記念の署名

昼に蕎麦を食べ、 14:00より一例 右冠動脈と左回旋枝の二枝慢性完全閉塞の症例のPCIを行わせて頂きました その模様は院内の会議室にライブ中継され、その様子を NHK金沢がテレビカメラで取材に来ていました

NHK中継カメラ

前日に症例の CDを見て、「これはものすごく難しい」と思いました 両方の冠動脈に対して既にPCIが試みられていたのですが、不成功に終わっていたのです それにその間の数年の中で心機能悪化し、解剖学的にはもっと困難になっていたのです 昨日の造影で左回旋枝のCTOはまず不可能 (間に CYPHERが植え込まれ、その前後で double CTO)と判断し、少しでも可能性のある右冠動脈に対して中隔枝経由の retrogradeで入りました なかなか目標とする中隔枝を選択できず、ようやくのことで選択でき、Corsairを中隔枝の中に挿入したのですが、その中隔枝は hair-pin curveを描いて #PDに対して遠位に向かって合流していたのです 以前のシネではそのような所見は無く素直に合流していたのですが、これは心臓の expansionによる解剖学的変位のためだと思います 何れにしても Sion/Sion-Blue/Sion-Black/XTRなどでは全く #PD近位に向けてワイヤーを進めることはできなかったのです SUOH-03は無かったので試すことはできませんでしたが、おそらく SUOH-03でも不可能だったでしょう こういう時に僕はしばしば Ultimate-Bross 3 (UB3)を用いるのですが、もちろん肝心の部分で硬いワイヤー先端による解離を引き起こしその時点で不可能・不成功になる危険性はあるのですが、そこはものすごい慎重で大胆なワイヤー操作でなんとか乗り切るのです そして昨日もそれを行いましたが、それが功を奏してワイヤーは右冠動脈近位部に向かって進めることができました このワイヤー操作が昨日のテクニックのキモでした

その後、CART/Reverse-CARTを行いようやくのことで順行性にワイヤーを #PD真腔に導入でき、最終的に 3.0 x 38mm + 3.5 x 38mmと二本のDESを植え込み成功裏に終了しました

そしてその開通した右冠動脈よりの造影で左回旋枝のCTOに対する可能性を検討したのですが、先に書いたように double CTOで collateralも poorですので、成功する可能性は限りなくゼロに近い、という判断でその時点で終了しました 使用造影剤量 < 300ml, 被曝線量 2Gyであり患者さんに対して悪影響をもたらすことなく成功したと思います これで少しでも心機能改善すれば良いと思います

うまく行きました

このライブの後ホテルに入り 18:00より講演を行い、夜は「太平寿し」で食事をしました

金沢循環器病院PCI10,000例記念

金沢市から飛び地となっている野々市町にある「太平寿し」はとても有名で、その大将は石川県寿司協会会長をされていたのですが、今年春先に残念ながら亡くなられたのです その後はお弟子さんが立派に継がれていました

疲れていますね

外来患者さんがたくさん来られとても嬉しいのですが、やはりとても疲れます おまけに火曜日はやはり縦に 3例のTAVI、そして 1例の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)です

TAVIにより治療した中のお一人の方は正直、「良くぞここまで生き延びられて、TAVIにより治療できたものだ」とも思う方でした これまで僕自身経験した中で最高値の なんとPeak Aortic Pressure Difference > 180 mmHgだったのです 本当に危ないところだったと思います この方もTAVIにより一瞬にして圧較差 0mmHgとなり、安静時にも感じておられた呼吸苦も全く無くなり、合併症無しでもうすぐ退院です TAVIの威力と、その治療に携わり治療できたことにやり甲斐を感じます そしてここ数年のTAVIの進歩、知識の集約、医学という科学の発展、ディバイスの進化、医術の進化、Heart Teamとしての成熟 それら全てが相まって良い結果が出ているのでしょう

それにしても神経を集中するこれらの治療に僕自身の精神が病んでいかないか心配です でも自分としてはとことんやり切るしか仕方ないと思いますね

本日も外来患者さんの診療に一生懸命でした 何年かぶりに僕を目指していらして下さった患者さんも数名おられました 結局本日の千歳行きの便を 16:00羽田発から 18:00羽田発に遅らせ先程泊まり先に到着しました

そして何時ものように 眼の前の MaxValueで夕食を買い込みました 毎度のことですがメニューは一緒ですね カップ麺、カレーパン、そしてウィンナパン これで〆て 202円でした 安いですねえ

夕食

TCT2018 – (3)

この日の夜は 2:00AMに就眠しましたが、覚醒したのは 4:00AMでした それから Kindleで本を読み再び 5:00AM頃に寝て今度は 7:00AMに起きました

この日は 9/23日曜日です 9:00AMより二時間近く セッションの discussantであり、その後 朝食がてらに Faculty Loungeでつまみ食いし、そして今度は 12:00よりの二時間近くのセッションでやはり discussantとしての roleがありました やはり日曜日ですので、参加者はとても多い印象でしたね

それが終了してから、今度は新たに取り入れようとしている冠動脈用の新規ディバイスに関する治験の相談をアメリカの方々と行いました またまた会場近くのホテルに移動です そして、引き続いて別の米国メーカーと新たなディバイスの治験計画について話し合い、そしてそれからまた別のホテルに移動して JTVTとTVTの連携に関しての打ち合わせをしたのです そしていよいよメイン・イベントである TVTとの交渉 ここには旧知の友人でもある、Martin Leon先生や Jeffrey Popma先生、その他 STS registryの責任者たる先生など有名大物が揃いました もちろん日本側も大物です 話はまとまりましたので良かったです

これが終了してからいよいよ最後の夕食となりました 先程のホテルから遠くないところによる(多分)有名な Seafood Restrauantにアメリカのメーカーの方々と入りました 広い店内は満席であり、日本から TCTに来られていた先生方もうーん日本のメーカーの接待でしょうかね 結構たくさんおられましたねえ

お店の名前は

Alaska Seafood

僕が注文したのは Bass (日本では鱸・すずき ですが、見た感じは少し違いました)を一尾まるまるをグリルで焼いたもので、辛いソースがかかっていました 魚そのものの品質はとても良いと思いました

Alaska Seafood

この夜は 22:00前には解散し、ホテルに歩いて戻りました そして、22:00には就眠したのですが、やっぱり 1:00AMには覚醒、そして本日9/24月曜日となったのですが、何しろ 6:15AM発の San Diego -> LA便に搭乗せねばなりませんので、4:00AMにはホテルを check outしたのです そんな時刻にタクシーがいるのか心配でしたが、ホテルの人は前の晩に「24時間ホテルはホテルの前で待っている」と言われたのでその言葉を信じて予約しなかったのですが、確かにタクシーがそんな早朝よりたくさん待っていました

そして今は LAの Loungeでこのブログを書いています

あーとても忙しい今回の TCTでした しかし、本当に辛くなってきました そうそう Faculty Loungeで Jean Fajadetといろいろな話したのですが、彼は僕が体力的にきつくなっているということを良く理解して下さいました のんびりしたいなあ