市販後初の BVS植え込み実施

本日認可後、そして PMS (市販後調査)開始後初めての BVS (薬剤溶出性生体吸収性スキャフォルド)の植え込みを行いました

BVSに関しては、未来に向けた夢のあるディバイスではありますが、まだまだ未解決の問題が残されていて、そのためにその植え込みに関しては、施設の要件、あるいは術者の経験に関して非常に厳しい制約が設けられています そして、植え込んだ患者さんのデータは匿名化された状態で全例 NCD (National Clinical Database)に登録されることが必須条件なのです しかも、その植え込みに際しては、可能な限り OCT (光干渉断層検査)による精密な病変計測が必要であり、また植え込みに際しては除外基準が非常に多い、というものなのです

本日植え込みを施工した患者さんは未だお若い患者さんで、限局性の単純病変を有する方でした しかも、金属アレルギーを有することが事前にわかっている方であります 金属の中の特にニッケルに対してアレルギーがあると推察されますが、幸いなことにプラチナに対しては大丈夫です

BVSの両端には非常に小さなプラチナ・マーカーが四個ついていますが、そのプラチナは大丈夫なので、この患者さんは BVS植え込みの良い適応、と言っても良いでしょう 最初に OCTにより病変の計測を行い、BVS植え込み適応あり、除外基準に抵触しないことを確認しました そして、前拡張の後、再度OCTにより計測し、やはり除外基準に抵触しないことを再確認し、いよいよ BVSを一個植え込み、後拡張の後で再度 OCTによる観察を行い、BVSがきちんと冠動脈内膜に接していることを確認し、手技を終了しました

実際に僕自身は5年以前よりこれまでに 40症例ぐらいの患者さんに対して臨床試験の中で植え込みを実施してきましたが、日本国内市販後は初めてでしたので、少し緊張しました 結果はとても良く患者さんに対して良いことをしたと思います