Distal Radial Approach (DRA) vs Conventional Radial Approach (CRA)

さて、そろそろこの秘密のテクニックについて公表する時が来ました 何れにしてもライブでは皆の眼に触れることになるのでこれ以上秘密にしていても仕方ありません

DRAに関しては最近僕が推進している三文字略語ですが、未だ主流とはなっていません しかし、臨床試験を企画していますのでそれで主流となるでしょう dTRAとかも使われていますし、PPA (Princeps Pollicis Artery) Approachとか、も使われています これに対して通常の橈骨動脈アプローチについては、区別するために、僕は三文字略語として Conventionalを用いたいと思っています

さて、何故今 DRAが注目されるのでしょうか? 未だに経大腿動脈的冠動脈インターベンション (TFI: Trans Femoral Intervention)にこだわっている頭の固い先生方はここでは相手にはしませんが、経橈骨動脈的冠動脈インターベンション (TRI: Trans Radial Intervention)の優れた点は世界中で明らかになっています しかし、その最大の欠点は術後の橈骨動脈閉塞 (RAO: Radial Artery Occlusion)です これはTRIが生まれた時から悩ましき問題として注目されていました 既に論文にもなっている僕が仕掛けた大規模医師主導型臨床試験である RAP and BEAT trialでもこの点が Primary Endpointとされました

さて、DRAにおいては穿刺部位が何しろ CRAよりも末梢であるため、原理的にRAOが起こる可能性は低いと考えられます しかし、問題は何しろ新しい方法なのでデータがありません 想像のみで医療はできません そこで、僕はこの問題を解決するために無作為臨床試験を規格しているのです これに参加して頂ける施設と医師を求めています もちろん医師主導型臨床試験ですので、基本的にはボランティアとしての参加です 真実を知りたい、という知的意欲の下で参加して頂きたいのです

徐々にその全貌を明らかにしていきたいと思います 例によって、症例登録は Webで行います お金が無いとか色々ありますので、例によって僕が自分の知識を駆使して、html5 + css3 + Javascript + jQuery + Ajax + SQL + PHPでその全てのプログラムを書きます というよりも、既に成功裏に終了した RAP and BEAT試験のプログラムを改変するのです これが、僕が次に考えている大きな仕事です

鎌倉ライブデモンストレーション

ここのところ2週間程 鎌倉ライブデモンストレーションのHome Pageを積極的に更新しています ホームページの更新は継続することが非常に難しく、現実問題 循環器内科のホームページも数ヶ月間更新できていません

さて、鎌倉ライブデモンストレーションのHPは Responsive Web Designを用いています これは Twitter Bootstrapという Javascript FrameWorkを用いて書いているのです Responsiveとはどういう意味かと言いますと、要するに色々なディバイス これらの画面は PCの1024 x 768のピクセルに始まり、スマホの もっと少ない解像度のものまで どのディバイスでこのHPを参照しても非常に見やすいように自動的に相手に併せて画面が整列するという優れ物です

実際には、皆さん方で先の http://www.kamakkuralive.net/を色々なディバイスで参照して下さい どのようにかわるか、あるいはディバイスを縦横に回転させればどのようになるか見て下さい

まあ、そのことはこれで良いのですが、これまでPCのことばかり考えていた時には、ページを遷移する時には、ほとんどの場合 新たな画面を開くようにしていました その方がユーザーから見れば使いやすいと思っていたのです

しかし、特にスマホでこれをやると元のページに戻るのがめんどうだと気づきました それで現在はページを切り替えるのみにしたのです そうすれば簡単に戻れるのですよ

これって小さなことですが、使い勝手の向上にずいぶんと影響するような気がします