さあ off-lineでブログを書き始め

MarsEditという MacOSのアプリを導入しました これは Macで off-lineでのブログ投稿を可能とするソフトなのです

そもそも Windows上の Wordでは 2007以降、そのような機能が Wordに内包されていたのですが、残念ながら MacOSで走る WOrdにはその機能がありません さあ実際にどの程度使い物になるのでしょうか?

XQuartzの困った動作

OSXは Unixですので本来の window systemはX11という有名なソフトが使われます もっとも通常OSXとして動かしている時にはX11でなくApple純正の Aquaというソフトが画面描画をするのです

しかし、もともとUnix/Linusで開発されてきたソフトの中にはX11を前提に動作するものがあります 既にX11に関してはライセンスの問題か何かでAppleと切れてしまい、現在はOpen Sourceで開発されている XQuartzというものが使われています 最新versionは 2.7.8です

これが困った動作をすることがあるのです それは full screen modeで立ち上がった時です こうなると X11がMacの画面を支配してしまい、ユーザーが普通に見るデスクトップが隠れてしまい、結果的にコントロール不可能となるのです 今気づけば簡単なことなのです 要するにX11をインストールした時に full screen modeがdefaultの状態だとこの現象が起こります

このような状態になった時には command + option + Aを押して下さい これで full screen modeから解除されX11も一つのwindowと成り下がりますので安心ですよ ちなみに、X11の有名ガジェットである、xcalcとxeyesも立ち上げましょう 楽しいですよ

Quartzのメニュー
Quartzのメニュー
Full Screen Modeのチェックボックス
Full Screen Modeのチェックボックス

突然OS X touch pad動作が凍りつく

昨日深夜MacBook Proを操作しようとすると、左クリッックが動作しないことに気づきました 再起動すらできません そのくせアプリは動作続いているのです メールも受信しているのですが 全く僕の命令に反応しません 時々右クリックのみ動作するのです

これは大変な事態ですので、まずは電源ボタンで再起動 -> 同じ結果、電源ボタン再起動 -> safe mode -> 同じ結果

困りました そらに奇妙なのは 再起動時にcommand+RでOSX再インストール覚悟の再起動かけたのですが、これも途中で動作しません 要するに touch padが反応しなくなるのです

結局何もできない、という結果に陥りました これはhard troubleかと思いましたが、不思議なことに safe modeでanyoneで立ち上げるとtouch padも反応するのです となると hardwareの問題ではありません virusかも知れません 何しろ再インストールもできなくなったので困り果てました

iPadで検索すると 時にこのような現象が報告されており、それに対する対処法は「just wait」と書いてあったように思います もう焦っていたのできちんと読んでいません

それで、もう1台のMacBook Proを立ち上げ、こちらにbackupをコピーしてしまおう、と思ったのですが、不思議なことに何と同じ現象がこのMacBook Proでも発生したのです これはvirus感染に違いない、と思いました

そうこうして1時間以上経過したところ、不思議と両方のマシン動作が正常化したのです 早速両者にvirus scanかけましたが問題ありません safe mode bootをして深い部分もスキャンしたのですがOKです

あの2時間ぐらいは何だったのでしょうか? 時差ボケで夢でも見ていたのでしょうか? いやいやそんなことはありません

となると可能性はこの頃自宅へのネットが通信エラー起こし、それによりOS一部が凍りついていたのかも? などと解釈しました

不思議なことです