ぎりぎりセーフ

昨日夜遅く そう実際にホテルに入ったのは 23:30を過ぎていました 夜遅くにソウルのホテルに入りました それから Pythonの勉強少しして寝ましたが、なかなか寝ることができず あっち向いたりこっち向いたりしている内に寝ましたが、浅い睡眠で 5:40AMには起床してしまいました

シャワーを浴びて 6:30AMよりホテルの 5階で韓国風朝食を食べたのです 昔は年に 15回くらいは韓国各地を訪れて PCI、TRI、CTOをしていましたが、ここ数年はすっかりご無沙汰でせいぜい年に一回ぐらしか訪問していなかったのです

今回は Seoul National University Bundang HospitalでのTAVIプロクターとして行きました とてもきついスケジュールです 7:30AM頃ホテルを車で出発し、ソウルの南に位置する衛星都市 Bundangに向かいました Bundang Seoul National University Hospitalには実は 2005年にも訪れています その時も丁度今頃 5月 18日でした Bundangは最近人気の場所で、ソウルから 30Kmぐらいに位置します 若い人や少しお年を召されたお金持ちの人々が、ソウルのようにガチャガチャしていないし、空気も奇麗なので移り住んでいるのです 現在の人口は 1,300万人くらいとのことですが、そのエリアに大きな病院がここを含め 2つしかなく、また中規模病院も 3つしか無いのだそうです

2005-05-18 With Dr. In-Ho Chae

上の写真は 前回訪問時 2005年 5月 18日にCTOのPCIをやっている写真です 隣におられるのは今回のTAVI術者であられた Chae In-Ho先生です

この病床数 700の大病院は 2003年に開院した病院で、ソウルのソウル国立大学分院ですが、建物はソウルの本院そっくりであり、何と手術室が 40ぐらいあります

Buntang Seoul National University Hospital
現在は新たに別の病棟も建っています Chae先生と
40ぐらいある手術室監視スクリーン

何と本日は 8:30AM頃から 4例の TAVI proctorをさせて頂きました 事前に DICOM CT dataを頂き、自分で Osirixで分析し、サイズや危険性などを判定し、僕としての方針を開示し、実際には Chae先生達が手技を行い、僕は口出し役として清潔となり後ろに立ち監視する、そんな感じで進みました

何しろ、安全にかつ有効に、ということをモットーとしてプロクターをしました ブロック状の石灰化がある症例、LVEFが 25%ぐらいしか無い症例などどれも危険性の高い症例ばかり四例でしたが、何も大きな合併症無く、しかも PVL (Paravalvular leak)もほとんど無く、圧較差も 100mmHg以上からほとんどゼロに皆さん方なりました 本当に良かったです

とは言っても、これは 8時間に 4例ということで単純計算しても一例平均 2時間での手技です 患者さん搬入し、全身麻酔かけ、それから手技、そして麻酔覚醒、患者さん搬出 そして部屋の掃除、そしてまた搬入というこれだけの手順をかけて一例あたり 2時間で行ったのです 僕の知るかぎりこれはこれまでの最速ペースですよね

TAVIの合間に

本日絶対に帰国せねばなりませんでしたが、夕方のソウル近郊は大渋滞となります 遅くとも 17:30には病院出て金甫空港に向かわねばなりません 17:29に4例目の植え込み終了し、合併症の無いこと確認してすぐに着替え走って病院を飛び出し待たせておいた自動車で金甫空港に向かいました 暫く走ると大渋滞 「これはだめかな もう一泊かな?」とも思いましたが頑張りました そして ANA 20:15発の最終羽田便に無事搭乗することができ、現在は鎌倉の自宅です 未だ日にちは変わっていません

本当に滑り込みセーフですが、頑張りました そしてとても良い気分ですし韓国の方々にもとても良かったのです? と思います

これから一泊で韓国です

今日は日曜日 実は昨日土曜日心穏やかな時間がありました

湘南モノレール大船から江ノ島駅までの中間点に「湘南深沢」という江ノ島モノレールの駅があります その駅から自宅に向かって数分の距離に「深沢」という交差点があり、その交差点周辺にはかつてダイエー系のスーパーがありましたが、既に潰れています しかし、Yamakaストアというスーパーが未だ頑張り、すごいことに湘南ボーリングというボーリング場が元気に頑張っています このYamakaストアの向かい、自宅から歩いても 10分かからない距離なのですが、そこに以前より一軒家の本屋さんがあったのです しかし本屋さんは今厳しいですよね ご多分にもれずこの本屋さんも店を閉じてしまったのです いきさつの詳細はもちろん知らないのですが、バス停でバスを待ちながらその本屋さんを見ていると、何だかいつの間にか喫茶店に変わっているのです 喫茶店といってもコンセプトが「本」と「Cafe」という感じです なかなか良い感じなのですが、中に入るのは少し気恥ずかしい感じがして、できてもう一年以上経つのにかかわらず一回も訪れて無かったのです それに何時も外から見てそんなにお客さんが入っているようには見えないのです

土曜日仕事を昼過ぎに片付け、自転車で早めに帰宅する途中 このCafeを訪れることに決めました 丁度店の前に自転車スペースがあり、そこに自転車をとめてヘルメットを持ちながら Cafeに入りました 最初何となく勇気が必要でしたが、店に入ると僕ぐらいの年齢のご主人でしょうか? が一人おられ「何になさりますか?」と聴いて来られました 見れば各テーブルには電源があり、また Free Wi-Fiも整備され、壁には色々な本が並べられ自由に閲覧可能でした そしてバックには 1980 – 90年代のジャズが軽くかかっているのです

すっかり馴染んだ空気となりました そして、壁の一角にある本が目についたのです それは「Webサービスのつくり方」という本でした そして、その本に付箋がついていて、「当店主人の兄の書いた本です」と記載があるのです この本の著者は 和田 祐介という方であり、Web programming 特に Perl programmerとして有名な方です 何とそんな方が身近な場所に住んでおられるのに驚きました

そして、よく見ると壁に並べられたたくさんの書籍はあらゆる分野のものですが、その中でも Web Programming関係の本が多くあるのです

結局一人でその Cafeで 2時間ぐらいゆったりと過ごしたのです また訪れるつもりです

そして今日は朝遅くまで寝坊しました 本日 20:00発の便でソウルに飛びます 明日は早朝から韓国のある病院でTAVIのプロクターです 明日の最終便で戻る予定です また忙しい時が始まります

うーん この食生活は??

TAVIの合間を縫い行く場所

札幌東徳洲会病院近くのラーメン屋さん、カレー屋さん、あるいは紅茶カフェさん この辺りが自然にTAVIの期間中の行きつけとなりました 本日は以前紹介したことのあるカフェ 柘榴(ざくろ)と、「あやめ」というラーメン屋さんに行きました この「あやめ」というラーメン屋さんは外見はあまり魅力的ではありませんし、中に入ってもご夫婦二人でこじんまり営業されていてうーん 出ようかな? と思うお店なのですが、その味はなかなかです

今回注文したのは「激辛みそラーメン」です

ラーメン「あやめ」
激辛みそラーメン

どうですか? 札幌に来られたら、そして札幌東徳洲会病院に来られたらならば是非ともお寄り下さい きっとご満足頂けるものと思います

今 17:30 千歳空港ロビー

千歳空港は今年に入り大規模な改修工事に入り、ANAのラウンジなんて3月になってから完全に閉鎖されています 何でも9月頃までこのままのようです

以前千歳空港工事のためANAラウンジが数ヶ月間閉鎖された時にはANAのカウンターでターミナ内での飲食券を配布していたのですが、今回は何も無し 全く何も無し これって目に見えるサービス低下ですよね

実際待ち時間を潰すのにとても難儀するのです 今も 18:30発の羽田行きを一時間待つことになっているのです

さて、今朝から三例のTAVIをこの札幌東徳洲会病院で行いました 僕も心臓センター長として参画しました これで今週は合計 8例のTAVIに積極的に参加しました うーん こんなこと予想だにしませんでしたね

この調子で行けば札幌東徳洲会病院のTAVI症例数は相当な数行きそうですね 非常に重症の患者さんも多く、そんな中で無事故無違反(うんっ?) もとい、無事故で切り抜けてきたのは指導してきた僕としてもとても嬉しいものがあります この調子でどんどん行きたいものです

ところで僕はTAVIのような高度医療技術に関しては、教育がとても重要だと思います 教育の方法として非常に重要なのが man-to-man方式 つまり Proctorshipなのです Proctorとなる医師が自分が責任を負う如くに深くその症例の治療に参画するのです そしてその過程で指導される医師の技量と正しい判断力醸成に努力するのです この方式はやはり基本でしょう

でも、それだけで良いのでしょうか やはりライブで多くの関連領域の医師、コメディカルに実際の手技が行われている場面を体験してもらうことも重要だと思うのです

これに対してよく言われるのが、それではビデオで良いではないか ということです でもビデオというのは真実が容易に隠されてしまうものです 僕はライブが本質的だと思います

残念ながらTAVIに関しては、日本国内同士でのライブを認めない、という風潮があるのです そのくせ、外国からのライブは平気で日本国内に対して放映するのです こんなことありでしょうか?

かつて日本のPCI黎明期幾多の重要なライブが行われ、それを見ながらどれだけたくさんの若い循環器内科が勉強したでしょう その結果、多数の患者さんにたいしてより良い医療が提供できているのです この歴史的事実を無視することは許されないと僕は思います

でもねえ TAVIの世界はどうやら少し異なるのですよ 僕のような老齢の TAVI医師が積極的にライブを叫んでも、若手が hesitateするのです やれペナルティーを受けるかも知れない とか、将来の専門医資格取得に悪影響するかも知れないとか 色々な理由を仰るのです

全く冗談じゃないよ と思います あーあ若手から戦いの姿勢が無くなればこの日本という国家ももう駄目ですかね

本日の勉強会

本日は勉強会「みんなのPython勉強会 #24」に参加してきました 最終的には参加者の総数は優に 100名を超えたと思います 三人のその道のプロが講演をされました もちろん講演は MacBook Proを駆使したもので、Powerpointはほんの一部でしか使用していませんでした

内容は#1 Geopython, #2 Web API, #3 Git/GitHubでした まあ Geopythonというのは様々な地理的データを色々なデータベースと組み合わせて可視化するものであり、その動作エンジンに Python特に Pandasを用いるものです 確か、以前に Rを用いた同様のシステムの本を読み勉強した記憶がありますが、すっかり内容は忘れました まあ、一般の方々からすれば Google Earthを思い浮かべれば大きな間違いは無いと思います

演者は東大理学部博士課程を終了したまあ頭の良い方で、今は起業され二名の会社のCEOとしてGeographical Programを開発されている方です

二番目は驚いたのですが、昨日 59歳となられた方であり、この方も社員8名の会社を起こしております そして SNSと Webを結びつけさらに電話で自動音声化するプログラムのための APIを開発されているのです 社員は、日本に彼含めて三名、一人は東京(彼)ですが、もう一人は京都の山奥、もう一人は何処か忘れましたが少なくとも数時間では到達できない場所、一名は韓国、一名はロシア、二名がマレーシアのジャングルの中、一名がインドネシア これで会社を日本でつくり、ビジネスをしているのです 何しろ officeが存在せず、いわゆる remote officeというもので自宅なんでしょうか どこでもよくインターネットで繋がってビジネス開発、プログラム作成をしているのです

59歳ですよ しかも、彼はまあ以前から Pythonをいじっていたらしいですが、Python Web Frameworkである Djangoは未だ一年しか経験が無い、とそのように言っておられました そして皆に「59歳の僕でもプログラム書けるのだから皆是非ともプログラム書いて下さい」です かっこいいよね

3題目は、Git/GitHubの話であり、正直僕は知っていることなのであまり聞かずに話題として出てきた slackにかまけていました

結局、19:00から終わったのは 21:20くらい、それから地下鉄麹町駅まで歩き、有楽町線で有楽町に出ました 有楽町は未だたくさんのサラリーマンがおられ、自然と足は駅ガード下の飲み屋さんに サラリーマンばかりの飲んだくればかりの集団 皆タバコ吸っています そこに一人で入りました そして食べたというか飲んだというか それがこれです

有楽町駅

何しろ有楽町駅ですよ あの「有楽町で逢いましょう」の有楽町駅ですよっ 歳が分かってしまいますね

酒や「はないち」

いやあ風情ありますね 昭和の風情です 有楽町駅ガード下です 値段はとても安い ここで摂った本日の夕食がこれです

本日の夕食
やはり日本酒に限ります

それはそうと今回たくさん新幹線に乗ったのですが、重大な事実が判明しました やはり、列車の旅と言えばその間に飲むお酒です ところが、JR東海管轄の駅、新幹線の中から日本酒などが無くなり、あるのはビール、酎ハイそしてワインだけなのです どういうことでしょうか? 日本酒やウィスキーを排除するというのは これは誰か調べて欲しいものです 山陽新幹線これは JR西日本管轄ですが、そちらには今でも置いているのです JR東海は何かあったのでしょうか?

まあこの有楽町で呑んだのは一人で40分間ぐらい そのまま山手線経由で東京モノレールに乗り、今は羽田空港第2ターミナルのエクセル東急ホテルに入っています 明朝は 6:25AM発の ANA便で千歳に移動せねばなりません そして、明日夜に鎌倉に戻り、金曜日は鎌倉で外来診療の後、小倉ライブに

土曜日小倉ライブで術者した後、鎌倉に戻り、その数時間後にフランクフルト経由でパリ そして EuroPCRで様々な役割です

全く休みがありません 流石にきついですねえ それでもプログラムの勉強は続けたいし、TAVIももっともっと深く知りたいし 所詮人間は頭脳で生きている動物なのです

さっきは新幹線に飛び乗るために名古屋近郊の新幹線駅ホームを駆け上りました

いやあ苦しかった そのままだと新幹線に乗り遅れるため、駅ホームまでの階段を思いリュック背負いながら駆け上りました この努力のお陰でセーフ 無事その近隣駅から名古屋に移動できたのです

そして、現在は名古屋駅から「のぞみ」で東京駅に移動中 これからきっと楽しくもありまた辛くもある会が開催され、それに間に合うように必死で移動しているのです でもだからと言って患者さんの命に関わるような手抜きはしていません 結局しわ寄せは合間の時間をいかに短縮するかにかかってくるのです

本日はその近郊の病院で素晴らしいTAVI二例に間接的に参加させて頂きました いやあ素晴らしい手技でした このような経験に僕も参画できて本当に幸せです 階段駆け上るぐらいなんてことありませんね

そして今はこれから開催される会に思いをはせてワクワク気分です

ああ ゾッとした

今朝は大変な思いをしました 今朝はTAVI 3件の予定ですが、その中の一例を検討している時に、自分の MacBook Pro Late 2016を例の Type C connectorで VGA端子につなげたのです そして OsirixMDを立ち上げた途端、Osirixの modeが勝手にかわり、これは大変と Osirixを shutdownして 再度立ち上げたのです

そうしたらば、何と Databaseが消えている!!!

自分の Macにはこれまで全世界で行ってきたそれなりの症例、bifurcation, LMT, DCA, Rota, たくさんのCTO、それに TAVI, MitraClip, Watchmanその他諸々が 400GBぐらいのデータして蓄えられているのです

それがそれが消えた!!!??

どうしようかと思いました そしてTAVIに入るにあたり、この動揺した精神状態をどうするか? こんな状態でTAVIに入れば患者さんに不利益

そこでとった行動は、「まず忘れよう、いざとなれば自分の過去を清算するつもりで、全てのデータ無くなってもいいさ」と思いを改めました これにより心は平静となりTAVIに臨み、そして素晴らしい結果で患者さんも眠りから醒め(当院では Conscious Sedation局麻でTAVIを行っています)、とてもお元気

これを確認して、そして再び Macに立ち向かい、自分で設定していた色々なことを思い出しました そもそも Osirix Databaseは自分の場合、~/直下においていたのを忘れていました

そして、それを Open Databaseで開いたところ、見事にありましたねえ 素晴らしいですねえ 何も消えていなかったのです ああ良かった

今日は充実

連休の合間の今日は、朝 W治療、引き続いて Evolut R 2例植え込みしました それから、15:00外来に入り、TAVI治療の説明して、その他CT冠動脈造影の結果説明、そして 色々な検討を行い 今現在 20:00に至ります

未だカテ室では皆仕事しています 皆良く働きますねえ いや昨今の情勢ではそんなこと言ってはいけないのですね 働きすぎは罪悪と見做されますから

さて、その合間にここ数ヶ月間悩んでいたことが解決されました それは MacOSで、アイコンをダブルクリックしてもほとんどの書類で Previewが立ち上がり、本来のたとえば、Excel/Word/Powerpointなどなどが立ち上がらず、それらを立ち上げようと思えば、右クリックから「この Appで開く」を選択せねばならない事態に陥っていたのです

これは結構不便です でも何が原因か分からなかったのですが、本日検索してようやくヒットしました

MacOS内部で使用されるデータベースが壊れていたのです 早速、ここに書いているコマンドを入力したところ、治りましたねえ 素晴らしい

今後不都合が起こるようならば、やはりこのページに書いている Onyxを走らせようと思います Onyxという名前はもうすぐ某社からラウンチされる新しい薬剤溶出性ステントの名前に似ていますね この薬剤溶出性ステントも僕が PIで導入したものです

まったくどこで何がつながっているかわからないですね

【Mac】「このアプリケーションで開く」を再構築する方法【Finder】

今日は働いたぞお

今朝 5:10AM羽田空港国際線に、ロサンゼルスから飛んできて、レンタル・シャワールームでシャワーして、それから羽田空港ターミナル連絡バスで、国内線 ANAに移動し、6:25AM始発の便で千歳空港に飛びました

一例はとても重症でしたが、何とか大丈夫です 他の二例はとても順調に行われました これで、札幌東徳洲会病院は SAPIEN3の Proctorshipから開始後一ヶ月以内に独立する、という他のどの施設も成し遂げたことが無い快挙を成し遂げました 素晴らしいですね

そして、タクシーで札幌東徳洲会病院に急ぎました 道路は空いていて、8:50AMには到着、そして 9:00AMよりTAVIカンファランス開始 そして、Proctor症例 2症例の指導、さらに一例の準緊急TAVI症例の治療を行い、全てを終えて 16:50には病院を出て再びタクシーで千歳空港に、そして今 18:00発の JAL便の座席でこのブログを書いています

自宅に到着すれば 21:00頃でしょうか まずまずの時間効率ですね 良く働きました うん少し疲れたなあ