MacBook Pro/MAMP mysqlにパスを通すには?

MacBook Proで Laravelをいじっています 直接 MySQLにコマンドを発行せねばならない場面があり、これまで直接 MySQLをいじくっている時には、phpMyadminを立ち上げ、その中で SQLを発行していました

しかし、これは本来のやり方ではなく、本来的には MySQLコマンドを用いるべきです しかし、MAMPを使用している時にこれをどのようにすれば良いのかさっぱり分かりませんでした 金沢に移動する新幹線の中、この中は長野から富山の間は電波が通じず、インターネットアクセスに難儀するのですが、何とか調べました
$ code ~/.bashrc ## ホームの.bashrcを編集します

そしてここからは visual studio codeの中ですが、そこで以下の文を最後に追加します
export PATH="$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin/"

そして terminalに戻りもちろんこれを叩いて反映させます

$ source ~/.bashrc

これで直接ターミナルから mysqlと打ち込めば mysqlを動作することができます 便利ですね

Laravel を MacOSにインストール – つづき

さてようやく MacOS上で composerがインストールできました というか既に何ヶ月か前にインストールしていたのに忘れていたのです

そもそも composerは何か? と言えば、phpを用いて web programを書くときに必要な諸々をサクッとインストールしてくれる便利な小槌と思えばいいのです まず行うことは

$ cd ~/target-folder/

とすることにより、目標とする target-folderに移動します

次いで

$ composer create-project "laravel/laravel=5.5.*" projectName

とすることにより、Laravel version 5.5一式をこのフォルダにインストールします これは大量のファイルをダウンロードしますので数分間かかりますよっ

$ cd projectName

とすることにより今作成したプロジェクト・フォルダに移動します そうすると artisanという phpで書かれたコマンドがこのフォルダには既にインストールされていまので、

$ php artisan --V

とすれば、僕の場合には
Laravel Framework 5.5.44というものが戻ってきました 実はこの artisanというプログラムは local serverを立ち上げるものであり、これで local serverを立ち上げるとその後 Laravelでプログラムを開発する時に面倒なことを考えずにできるのです

$ php artisan serve

これで local serverが  ip address = 127.0.0.1, port = 8000で立ち上がりましたので、ブラウザのアドレス・バーで localhost:8000とするかあるいはhttp://127.0.0.1:8000と打ち込めば見事 Laravelのデモページが立ち上がります

Laravelデモページ

Laravel再開

一度は挫折した Laravelに再度チャレンジです Macでインストールするのと Windows10でインストールするのでは大分やり方が異なるようです

Windows10では まずは XAMPPをインストールした方が良いようですね それでは まずは Macから ここは Terminalでの作業になりますね

まずは composerのインストールです これは簡単ですよ
$brew install composer

ところがここで以下のような膨大なエラー出現しました

==> Downloading https://getcomposer.org/download/1.8.0/composer.phar
######################################################################## 100.0%
Error: parent directory is world writable but not sticky
Please report this bug:
  https://docs.brew.sh/Troubleshooting
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.3/usr/lib/ruby/2.3.0/tmpdir.rb:93:in `mktmpdir'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/utils/fork.rb:28:in `safe_fork'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/formula_installer.rb:743:in `build'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/formula_installer.rb:317:in `install'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:326:in `install_formula'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:256:in `block in install'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:254:in `each'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:254:in `install'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/brew.rb:88:in `'

こんなことで慌ててはいけません 何だか rubyで書かれた Homebrew管理プログラムが色々とシステムに書き込もうとする時に「それは越権行為だ!」というようなエラーですね こういう時は Google叔父さんに聴いてみます 検索したのは

Error: parent directory is world writable but not sticky
Please report this bug:

というものですが、そうすると早速このページにヒットしました これに従い$ sudo chmod +t /private/tmp
$ sudo chmod +t ~/Library/Caches/Homebrew
とすると Treminalからは何の返答もありませんが、再度 $brew install composerと打つと

==> Downloading https://getcomposer.org/download/1.8.0/composer.phar
Already downloaded: /Users/transradial/Library/Caches/Homebrew/downloads/5f21a93cda75f6de1acae0850021a00add848552341d23d14aa9e6afc17de4dd--composer.phar
Error: The `brew link` step did not complete successfully
The formula built, but is not symlinked into /usr/local
Could not symlink bin/composer
Target /usr/local/bin/composer
already exists. You may want to remove it:
  rm '/usr/local/bin/composer'

To force the link and overwrite all conflicting files:
  brew link --overwrite composer

To list all files that would be deleted:
  brew link --overwrite --dry-run composer

Possible conflicting files are:
/usr/local/bin/composer
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/composer/1.8.0: 3 files, 1.8MB, built in 2 seconds

というように何だか インストールされたみたいです ただ、僕の場合には既に composerがインストールされているのでそれを修正した方が良いよ と出ているようですので、この指示のとおりに$ rm '/usr/local/bin/composer'
$ brew link --overwrite composer
$ brew link --overwrite --dry-run composer
とすると見事にアンイストールできました そして今度は Laravelのインストーラーをインストールするために

$ composer global require "laravel/installer"

とすると 何やらたくさんのファイルが downloadされて インストール準備段階に入りました

実はこの段階でこのインストーラーなどのパスを通さねばなりません それで

export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"

という一文を ~/.bashrcの最後に書き加えねばなりません これには vimとか visual studio code (VisutalStudio Code = VS Code)を用いねばシステム領域の書き換えはできませんので、

$ code

とコマンドラインから VS codeを立ち上げようとすると何と以下のエラー出現

/Users/transradial/.pyenv/shims/python: line 21: /usr/local/Cellar/pyenv/1.2.6/libexec/pyenv: No such file or directory
/usr/local/bin/code: line 10: ./MacOS/Electron: No such file or directory

さあ困った そこで、今度は”/usr/local/Cellar/pyenv/1.2.6/libexec/pyenv”で Google検索するとすぐにここにヒットしました この指示のとおりに

$ pyenv rehash

としたところ解決し、VS codeをコマンドラインから立ち上げることが可能となりました 要するに pyenvという python仮想環境が少し破壊されたので、それを自己修正したのですね さて、このようにそと VS codeでパスを無事通し、それを現在のコマンドラインに反映させるために

$ source ~/.bashrc

したところ、無事

$ laravel --version
Laravel Installer 2.0.1

となり さあこれで laravelをインストール可能となりました

さて、今度は Windows10でも行いたいと思いますが、こちらは仮想サーバーを別に立ち上げねばならないのかな? それとも php artisanコマンドで十分なのかな? 未だ検証していません これからの楽しみですが、時間があるかなあ???

既に消滅した「栄和堂」に代わり

僕が土曜日に自宅より歩いて10分の場所にかつて存在していた「栄和堂」というブック・カフェに入れ込んでいたことはこれまでこのブログで表明してきました

しかし、このカフェが建物ごと消滅し、その後 何処で自由な思索の時間を過ごすか? それは大きな問題でした

しかし、ついに最適の場所を見つけました それは大船駅前の喫茶店「ルノワール」です ここは電源フリー、Wi-Fiフリーを宣言しています そのようなカフェとして大船駅にはスターバックスもあるのですが、この店に入る前に覗いてきたのですが、とにかく満席++であり、とてもゆっくり座れたものではありません

しかし、このルノアールは多分何時でも空席が数席あります そして実際に本日 2時間コーヒー一杯のみで MacBook Proを電源と Wi-Fiに継いで過ごしているのですが、嫌がらせされるとごろか、何と途中でお茶を持ってきて下さいました 素晴らしいです 客層はスターバックスよりも年上ですが若い人もおられます 皆静かに会話したり、本を読んだり、パソコンやスマホを操作されています なかなか良い雰囲気です 大船は文化的に少し劣るかと思っていたのですが、なかなかどうして良いですね

今年はどんな年?

あっという間に 2018年が過ぎていきました 相対的に見て自分がその場に留まっているとすれば、2018年があっと言う間に通り過ぎていった その方が正しい表現でしょう

暮れから正月にかけて、一回のみ散歩にでかけた以外は一歩たりと自宅から外に出ませんでした それでも時は否応なく流れて行きました 「あれをしよう これをしよう」と思いばかりつのりましたが、行動を伴わずに時間ばかり過ぎていきました 怠惰な自分

まあいいやこれが自分だから 今年もそんな年かな

奇麗な音色

日曜日は原先生のクラシックギター・コンサートに行きました 僕は 100名ぐらいの会場で一番前の席に座りずっと聴いていました 力強い、そしてとても奇麗な音色に魅了されました

六本木の「全特ビル」というビルの一階にある「Kサロン」という場所で開催されたのですが、六本木に出てきたのはもう何十年ぶりなのでそのビルの谷間でまるで異邦人でした でも、大船からは東海道線-地下鉄銀座線-地下鉄南北線と乗り継げばすぐでした 簡単なのでこれならばこれからも訪れることができますね

Guitar

本日は10数年ぶりのクラシック・ギターのコンサートへ

先日の鎌倉市医師会忘年会に付属した席で、原 善伸 先生のクラシック・ギター演奏を初めて聞かせて頂きました その時に、先生の演奏会が本日六本木で開催されることを知りました そして、本日一人で六本木に出てきました 今地下鉄六本木駅に隣接してある TullY’s Coffeeで時間合わせしています 演奏会は 13:30開場で 14:00からです

高校生の頃三年間クラシック・ギターおよびフラメンコ・ギターを弾くことに狂っていた自分にとってギターの演奏会というのはとても大切です とは言ってもこれまで有名人のギター演奏会で参加したのは、大阪厚生年金会館大ホールで45年以上前に開かれた Narciso Yepesの独奏会、そして、山下 和仁のもの、そして木村 大のものだけです

それ以外は、新宿 El Flamencoでの生演奏、あるいはスペインのいくつもの TABLAOでの生演奏などなどです

もうそろそろ開場なので行く準備します

本日は久しぶりの土曜日

鎌倉ライブが終わりもう 6日間経過しました うーん 終わったからと言っても自分は何も変わらない 普通に楽しんで、外来診療して、TAVIをして、PCI いやPCIはしていない、カテ いや カテもしていない、そして 7:30AMからの朝のカンファを先導して うーん 何も変わっていない

いやいや そんなことはありません そもそも僕が一週間も変わらないなんてことありませんよね そんなこと分かっていますよね 実はものすごく変わったのです じっ じっ 実は これまで二十年近く行ってきた自転車通勤をやめたのです そして、何と徒歩通勤に変えたのです 究極のエコ 徒歩通勤です

とは言ってもスタートしたのは実は恥ずかしながら昨日金曜日からです スマホのアプリで「いやあ今日は通勤に 5Km歩いたかな」と勇んで結果を見ると何と 3.1Kmしか歩いていません うーん 先は長い 目標は毎日 10Kmの歩行です これだと行き帰りでたった 6.2Kmにしかなりません 困ったなあ

でも根本原因はこのエコとは正反対に無駄エネルギーを燃え流してしまうようになったたるんだ体のせいです きっと、単位キロあたりのエネルギー消費は大きいのです だから、歩くスピードも他人より追い越されることも多いのです これではいけない もっとトレーニングせねばならない そうすれば、きっと同じぐらいの消費時間で 10Kmぐらいは歩けるようになるかなあ

だって朝は 7:30AMよりの朝カンファで規定されているのだから、そんなに時間は無いのだ 7:30AMからの朝カンファに出席する前にはトイレ行ったりせねばならないし、しかもメールのチェックやら、寝ていて夢の中で色々と思いついたことの妥当性検討をカンファの前にせねばならないからどうしても 7:00AMには病院に到着しておきたいのです ということは、現在の通勤時間幅は 40分なので、 6:20AMには自宅を出ねばなりません うーん厳しい

何時までこの新しいストラテジーを保持できるかな?

鎌倉ライブも無事済んで・・・・

先週の土曜日、日曜日と第25回鎌倉ライブが無事開催されました 比較的順調に運んだ最大の要因は、特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワークの皆の非常にアクティブな参加だと思っています それぞれの忙しいスケジュールの中、色々なアイディアを出され、それを実現されていったのです 素晴らしい行動力だと思います

そしてもちろん協力して頂いた企業の方々、さらには、忙しい中参加して下さった Faculty membersの方々、そして参加者の方々 皆さん方のお蔭と考えています 本当にありがとうございました

本日は早朝の便で札幌です 心配していた雪も大したことありません 千歳は快晴です また次のステップに向けて進みたいと思います