焦ったあ – MacBook Proのカーソルコントロールが効かなくなった!!

日立から深夜というか早朝鎌倉に戻った後も JICA報告会、部下の結婚式、治験相談などに明け暮れあっという間に時間が流れ、昨日は神奈川PTCA研究会101回目の記念講演がありました その前に聖マリアンナ医科大学で院内ライブを行う機会がありましたが、もう10年ぶりのことでした とても優秀なスタッフだと感じました 皆さん方に感謝です この写真は良い思い出です

聖マリアンナ医科大学の皆様方と

そして本日はこれから神戸に講演に向かっています

さて、昨日聖マリアンナ医科大学から一旦講演前に鎌倉に戻るタクシーの中でファイルを操作していたのですが、MacBook Proの動作が急におかしくなったのです 突然カーソルコントロールができなくなり、止む無く再起動するにも Cmd+Tabによりアプリを切り替え、既に立ち上がっていた Terminalに移動してそこで

$sudo shutdown -r now

とせねばならなくなったのです これには焦りました だって講演スライドを最終型に持っていく最中でこんなことが起こったのです 再起動すれば治るかなと思っていたのですが、何回か再起動しても立ち上がるのですが、やはりカーソルコントロールが効かず操作不可能となり駄目です

頭をめぐらし色々と考えました「原因は何か? ソフトかハードか?」「ソフトだとすれば、TimeMachineからリカバリーせねばならないが、それを行っている時間はあるか?」「ハードだとすれば、新たに MacBook Proを購入せねばならないがそれも時間がかかる」「まずは講演のことを考え、なんとか Terminalを用いて出来上がり寸前のファイルを USB Memoryにコピーして、そのファイルを Windows10で立ち上げよう」 そのように結論しました つまり

$cp ~/Documents/[講演ファイルのパス] /Volume/[USB Memoryのパス]/[ファイル名]

とすれば良い筈です

そんなことを頭を巡らし考えている内に病院についたので、また MacBook Proを立ち上げたのですが、今度はなんの問題も無くカーソルも動作するのです 快適です なんだか原因分からないけどうまく今は動いているのでいいやっ と作業を行い 18:00に講演会場に向かいました

ところがその移動一時間の間再び MacBook Proを立ち上げるとまたまたカーソルコントロールが効かなくなったのです 再度立ち上げ直しても同じです さあ困った これでは講演できません

ここであり得る原因を考えました どうもおかしい カーソルの権限がなにかに乗っ取られている これはどういう場合に起こるか? それを考え、一つ思いあたりました 自分のバッグに BlueTooth Mouseがあるのですが、もちろんその電源は普段切っています もしも、このマウスの電源が入ったならば、そして MacBook Proとそのマウスが BlueTooth圏内にあれば、そのマウスがカーソルコントロール権限を取得するのでは? これが仮説でした そして次第にその仮説が正しいだろうと思うようになったのです 何故ならば講演会場に座り、その時は僕のバッグは離れた場所に預かってもらっていたのですが、その時には MacBook Proは正常に作動したからなのです

そしてバッグを取り寄せ、マウスを確認したところ、やはり電源が Onになっていたのです 電源を Offにしたところ、全く問題なく MacBook Proは作動しだしたのです 解決です

思えば最近 MacBook Proを使用していてえらく CPUが作動していたり、カーソル反応動作が遅くなっていたり最近変な現象に遭遇し、そろそろ OS clean installせねばならないかな? などと思っていたのですが、その原因は何と BlueTooth Mouseの電源を無意識に Onにしているためだったのです 今はとても快適に MacBook Proが作動中ですよっ

今日は夜 日立で講演です

久しぶりに茨城県日立市に参りました 前回訪問させて頂いたのは何と 2012/DEC/27でした この時は未だ病院には東日本大震災の爪痕が深く残っていました その中で経皮的冠動脈インターベンションをさせて頂いたのです

今回はそれから 7年経過しましたが、今でも前回の訪問のことは覚えています 今回はTAVIの講演をさせて頂きます 皆と再開できるのが楽しみですし、ドキドキです 今現在はプレゼンの最後の追い込みのために、日立駅に付属してあるとてもお洒落な Cafeで電源確保しながらお仕事しています

登山とハイキングの違い

岡病院での治療を終了し、車で由布院に一時間かけて移動、あまり天気が良くなく心配でしたが、かねて仲間で計画していたあの名峰 豊後富士こと由布岳登頂を目指したのです

この 1580mの山はとても美しい独立峰で、何時も登れるものならば登ってみたい、と思ってきたのです そしてネットで調べると何となんと「初心者向け登山コース」とあるのです

そこで、12月鎌倉ライブが終了してから「好日山荘」で登山靴を購入し、それ以来毎日の通勤はこれまでの自転車通勤から徒歩通勤に切り替え、靴慣らしの意味もあり、また足腰鍛える意味もあり、毎日往復で7Kmぐらいを急ぎ足で通勤するようにしたのです そしてその記録をGPSでとり (Finland製の Polar)、全て記録するようにしたのです これを続ければ緩んだ体も少しは改善するこを大きく期待しながらでしたが、その効果は極小ですね 今のところ

まずは、由布岳中央登山口を出発点としたのです ここは標高 780mです

由布岳登山口

そしてそこから由布岳目指してひたすら登るのです

はるかかなたの由布岳

そして苦闘 2時間半にしてようやく頂上の twin peaksのましたの分かれ目に到着したのです

マタエ

ここから先、頂上までの数十メートルはとても険しく、また時刻が既に 15:30となり、他に誰も登山する人々は消えていて、風は冷たくまた強くなってきたので危険を感じてここから下山することにしたのです

危険な頂上に至る最後の上り

下から見ると上にそびえていた山の頂上がはるか下に見えるぐらいに登ってきたのです

はるか下に見える山

登りはとても辛かったのですが、もっと辛かったのが下りでした もう足の筋肉がガタガタ 立っているのもふらついて辛い そんなになりました 麓には草原が広がるのですが、地面は火山の岩だらけでとても歩きにくいのです しかし、野生の鹿には天国なのでしょうね

野生の鹿

あーあー 辛かった 翌日日曜日よりも、そして月曜日よりも、そてし本日火曜日も足がガタガタです 足腰の筋肉がもう悲鳴を挙げています これが登山という言葉とハイキングという言葉の本質的違いなのですね

嵐のようなこの一週間

とてもとても疲れ切り、ブログにアップする気力も体力も無くなっていました でも、そのまま放置すれば歴史から消えてしまう そのように思い、書くことにしました

前回のブログは、2/12に書いたでしょうか

その次は、2/13から始めねばなりませんが、その数日の記憶が欠落しています やはり、僕の 69歳誕生日 2/15から始めねばなりませんね その日は、朝はやく東京駅まで出かけたのです そして、8:45AMには東京駅丸の内口にある、かつての東京中央郵便局跡、現在は、JP Tower + KITTEとして華やかな場所に変わっています そう言えば、僕が高校一年生の頃だったと思いますが、冬休みにこの東京中央郵便局に友人二人とアルバイトしに行きました 小包の仕分けです 今から、55年近く昔の話です なんかいまでもまったく雰囲気変わっていませんね

そして金曜日 2/15 9:00AMより PCR TokyoValves 2019の Preparatory Meetingが開始となりました そして、 14:00からはいよいよ本会の開始、Imaging Dayが始まりました

ところが、ここで大問題、朝急いで自宅から東京駅まで出てきたため、忘れ物をしていたのです 一つは携帯電話、2つ目が 何とカード類だったのです これで一日以内乗り切るのはOKですが、それから数日これで乗りかるのは危険でした そのため、 13:00に意を決して一旦自宅に戻ることに決めました 各所に電話しようと思ったのですが、何しろ携帯電話が無い!!!

流石に東京駅周辺ならば公衆電話が何処にでもあるだろう、と思ったのですが、それは過剰な期待でした 何しろ電話かけようとしても公衆電話がなかなか無いのです ホテルのドアマンに聞いてようやく「はとバス」乗り場に電話ボックスがあることをつきとめ、そこにいました でも問題は財布にあるのは100円玉と、札ばいり、仕方がないので100円玉で病院に電話し、何とか相談したのです でも、公衆電話ってお釣りは出ないのですね たかだか一分程度の電話に100円を払うことになりました

まあ過ぎたことは良いでしょう 結局自宅まで一旦戻り、すぐに東京駅まで戻り、15:30には Imaging Dayでの議論に加わることができましたそれにしても、今や現代人は電話機が無い、ということに対処せねばならないのだと実感したのです

土曜日、日曜日は TokyoValvesでとても忙しく過ごしました でもサプライズで僕は知らなかったのですが、突然誕生日祝いのお祝いがあったのです 驚きです

MySpeech
Cereblation
BirthdayCake

そして嬉しかったこと、以前鎌倉で働いておられたとても優秀で奇麗で、そしてその他の能力を持たれている看護師さん、今は神奈川県の他の病院で働いておられる看護師さん、いつもこのような会で再会できることを願ってきたのですが、その彼女と今回再開できたのです いやあ 嬉しかったなあ、とても奇麗で優秀で優しくて憧れの方です

今回の TokyoValvesは何と 980名の参加があったのです、やはり 1,000名の人々が一同に会すればいろいろな化学作用が発生します それが良い方向に向かえばいいですね

月曜日 2/17は何したかなあ 忙しかったなあ

火曜日2/18は朝緊急の腹部大動脈瘤破裂治療があり、TAVIなどの開始は 1.5時間遅れました その結果 10:45AM頃より開始となりました そして、TAVI3例を終えたのが 14:30頃、そしてその後の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)開始が16:20頃より、でした これって最悪!!と思いますか?

そんなこと無いのですよ、きちんとクリップ植え込み、18:00前には手技終了したのです しかも僧帽弁閉鎖不全全く消失したのですよっ!!!!

その後、アクシデント ああ患者さんには関係ありません 患者さん達の経過はパーフェクトです そんなアクシデントのため帰宅したのは本日の 0:30AMでした

ですからとてもとても睡眠不足これから寝ねばなりません そして明朝 7:00AMにここを出発し、函館に飛ぶのです

MacBook Pro/MAMP mysqlにパスを通すには?

MacBook Proで Laravelをいじっています 直接 MySQLにコマンドを発行せねばならない場面があり、これまで直接 MySQLをいじくっている時には、phpMyadminを立ち上げ、その中で SQLを発行していました

しかし、これは本来のやり方ではなく、本来的には MySQLコマンドを用いるべきです しかし、MAMPを使用している時にこれをどのようにすれば良いのかさっぱり分かりませんでした 金沢に移動する新幹線の中、この中は長野から富山の間は電波が通じず、インターネットアクセスに難儀するのですが、何とか調べました
$ code ~/.bashrc ## ホームの.bashrcを編集します

そしてここからは visual studio codeの中ですが、そこで以下の文を最後に追加します
export PATH="$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin/"

そして terminalに戻りもちろんこれを叩いて反映させます

$ source ~/.bashrc

これで直接ターミナルから mysqlと打ち込めば mysqlを動作することができます 便利ですね

鎌倉ライブも無事済んで・・・・

先週の土曜日、日曜日と第25回鎌倉ライブが無事開催されました 比較的順調に運んだ最大の要因は、特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワークの皆の非常にアクティブな参加だと思っています それぞれの忙しいスケジュールの中、色々なアイディアを出され、それを実現されていったのです 素晴らしい行動力だと思います

そしてもちろん協力して頂いた企業の方々、さらには、忙しい中参加して下さった Faculty membersの方々、そして参加者の方々 皆さん方のお蔭と考えています 本当にありがとうございました

本日は早朝の便で札幌です 心配していた雪も大したことありません 千歳は快晴です また次のステップに向けて進みたいと思います

土日は JavaScriptに費やして

JavaScriptはとても奥が深い言語です 「単なるスクリプト言語でしょ」とか、「どうせ Browserに付属しているものでしょ」、あるいは「オブジェクト指向言語といっても、prototypeなどというものを使うのでしょ」などと酷評されることが多い言語で、僕も最初はそのように思っていました

しかし、この言語は Browserという縛りから解き放たれた時には、ものすごい能力を発揮します その部分の勉強を初めたのですが、これがとても難解です 特に今まで知らなかった関数型プログラミング、これはすごい世界です 関数型プログラミングに限らず何というか物事に対する考え方が今までと異なるので、その新して世界、文化になかなか馴染めないのですね きっと若い人にとっては何でもなく乗り越えることのできる壁なのでしょう 頑張りたいと思います

さて、今朝 12月10日は月曜日 いよいよ鎌倉ライブの週となりました そして僕は早朝といってもそんなには早くありませんが、7:00AMに自宅を歩いて出発、大船駅まで行き、現在東海道線グリー車に 1,030円支払って搭乗しています これからさる新規ディバイス治験のための会合があるのです 会合といっても本当に立ち上げなので少人数の集まりです 今日はこの会合で一日が終わりますね

でも自分の限られた時間をこのような未来に向けて投資する(消費する)ことを続けて行かないと未来は限られたものになってしまいます JavaScriptの勉強も同じ範疇のものです

本日はこれからTAVI

さてあっという間に日巡りカレンダーのように日にちがめくられていきます その間、外来診療に明け暮れ、カテーテルを握ることもありません 外来診療はその出会いの瞬間、そこに全てを凝集しての時間ですからとても好きです

そうして月曜日が過ぎ、火曜後はカテを握る日 朝からTAVI3例、一例目はとても心機能が悪く、万全の態勢で望みましたが、あっけなく終わりました でも終了後患者さんを一般病棟(鎌倉ではTAVIの後、ICUに入ることはしません)に戻ったところ、「とっても楽になりました」との患者さんからの一言、これはとっても嬉しかったです

そして三例のTAVIを終え、14:30より経皮的僧帽弁接合不全修復システム一例、術前の評価では技術的にとても難しそうでしたが、これも 17:00前には終了でした 術後僧帽弁閉鎖不全全く消失しました すごいですねえ

水曜日はまたまた外来診療 たくさんの新患が受診して下さるのは嬉しいです 病歴聴取が大変ですが、その方の人生とのクロスロードなので好きです

そして本日はTAVI 札幌は未だ本格的な雪ではありません

昨日は鎌倉市医師会忘年会に参加しました

湘南鎌倉総合病院は 1988年 10月 01日に開院しましたので、まるまる30年間 + αが経過したとこになります そして、この 8月から無事鎌倉市医師会に加入することができました

加入させて頂き驚いたことは、この鎌倉市医師会は長い歴史を有する医師会であり、湘南地区とくに鎌倉市における保健衛生と医療の発展に長年多大な貢献をして来られたということです 今回当院がその一員となることは栄誉でありますが、より重要な任務と使命を背負ったということになり、身を引き締める思いです

さて、昨日 12月01日土曜日 16:30より第126回創立記念式典が鶴ケ丘会館で開催されました 僕は 18:00からの忘年懇親会に間に合うように参加しましたので、17:00過ぎからの創立記念に講演会「ギターの歴史 〜 演奏を交えて」というとても素晴らしかったであろう演奏会には参加できませんでした

この演奏会には、これまで幾多のコンクール優勝をしてこられた 洗足学園音楽大学客員教授 原 善伸 先生がクラシックギターの名曲を皆の前で演奏されたのです これが聞けず残念です

そして 18:00過ぎから忘年懇親会が開催され、各所からのご来賓によるご挨拶に続いて乾杯、そして懇談があり、その後 今回医師会に加盟した先生方の自己紹介がありました

僕も院長のかわりに挨拶させて頂きましたが、自己紹介の項目の一つとして出身大学というのがあったのです それで、その紹介のために、「これを申し上げれば自分の年齢がわかってしまうのであまり申し上げたくはないのですが、実は昔々 東京大学安田講堂事件というものがあり、その年度の受験生は東大入試が無くなった影響で、東京から関西などに多くが流れました 私もその一人で東京から大阪大学に入学しました」と紹介しました 驚いたことには、この紹介に併せ、同じ年に同じ境遇で進学先を変更された先生方が何と会場に僕以外にも三名おられたのです

そして、その話題が種となり、僕が高校時代三年間クラシック・ギター、そしてフラメンコ・ギター演奏に狂ったことなどにも話題がつながり、またそれを縁に現在クラシック・ギターの演奏を習っておられる二人の先生方ともお話することができ、奇跡的には 原 先生による「アルハンブラの想い出」と「禁じられた遊び」のマイクを用いない原音による演奏を眼の前で聞かせて頂く機会を得ました ものすごい感激です

忘年会が終了し、皆様方にご挨拶して早々に退席しましたが、鶴ヶ岡会館から鎌倉駅までタクシーを拾いに歩く途中、小町通りを歩いたのですが、その途中から少し脇に入ったところにある飲み屋さん街の中の一軒、一人高齢のママさんがやられているカウンターでけのこじんまりしたおでん屋さん兼飲み屋さんに入り、一人で会の後の色々な想い出や思いを噛み締めながら、日本酒を二合、そして「くさやの干物」と、おでんを食べ、それからタクシーで自宅に戻りました

なんだか自分が、いやもちろん当たり前なのですが、「大人になったような」気になりました またこの機会にこれまでお手紙でしか連絡できなかった先生方とも直接お会いしてお話できてとても嬉しかったのです

あっという間に年末月に突入とは!!!

何となんとなんと 知らない内に今日から 12月ではないですか うーん最近ボケているのか昨日何をしたか、一昨日何をしたか それらを思い出せない

きっと、僕が犯罪者になり、アリバイを警察に聴取されても回答できないのではないでしょうか

今必死で思い出します こんな時には calender.appが必要ですね そうそう 29日木曜日には早朝 札幌丘珠空港を飛び立ち、函館に移動しました そこで経カテーテル大動脈弁植え込み術に関わったのですが、とってもうまいこと患者さんが治療されて嬉しかったです

その後、14:45 函館発の便で羽田空港に、そして 18:00からの鎌倉ライブ実行委員会に参加するために鎌倉に戻りました 鎌倉ライブ実行委員会の方々そして特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワーク社員の方々には年末となりお忙しい中、わざわざご参加賜り、誠に嬉しい限りです 今年の鎌倉ライブ前の最終の年度内会合ですのでとても重要であり、また皆に会の成功と実行に向けてエネルギーを頂きました

30日金曜日は朝からたくさんの外来患者さんの診察、とても疲れますが色々な方々とお話できるのは知的刺激になり、楽しい一時でもあります そして外来診療後は経皮的冠動脈インターベンションを行いました それが終了してから鎌倉ライブの Web Site (https://www.kamakuralive.net/)の修正を行い、それから治験の打ち合わせでした

そして本日土曜日 そうなのです ついに 12月01日となってしまったのですが、鎌倉市医師会会合および忘年会に参加します 湘南鎌倉総合病院が開院したのは、1988年10月01日でした 僕が関西労災病院より移籍し、当院の職員として採用されたのが、同年 9月01日だったのです そうです何とその時より 30年間以上経過したのです 当初は日本全国的に「徳洲会」に対するアンチの嵐が吹き荒れ、鎌倉でもそれは同様でした

しかしながら、時代は流れ、ついにこの秋より湘南鎌倉総合病院は鎌倉市医師会、神奈川県医師会に加入することが受け入れられ、本日ははじめての忘年会に参加させていただくことになったのです でも でも 僕が代表としてご挨拶せねばならないらしいのです あー たくさんの目上の方々の前で自分が挨拶なんて とってもストレスですよ フーッ