JTVT終了しました

7月14日そして15日と鎌倉プリンスホテル・バンケットホールにおいて JTVT2019を開催させていただきました 当初よりその開催には幾多の困難が伴うと思っていました

  1. 公共交通機関によるアクセスが難しい – 実質的に江ノ電でしかアクセスできません
  2. 海の日であり、しかも湘南海岸なので交通渋滞がひどいと予想される

しかし蓋を開ければ、いい具合に軽い雨となり、これにより交通渋滞は著しく緩和され、しかも恐れていた江ノ電の混雑 – 実際土日には藤沢駅や、鎌倉駅での江ノ電乗降が制限されているのです その混雑もさほどではなく、参加者の方々には湘南海岸と江ノ電を楽しんで頂けたものと思われます

参加者総数もその前年に比較して100名以上増えました 実際4つの会議場にはたくさんの人々が集まって頂きホットしました この成功には、14日の日本国内では初めてとなるTAVIライブが素晴らしいできで仙台厚生病院より行われたこと、そしてTVTとの Joint Collaborationとして JTVTとして初めて開催され、あの世界的に有名な Martin Leon先生のご参加を頂いたこと、そして何より参加者全員のご協力、そして湘南鎌倉総合病院ハートチームのご協力、これら全てがいいように回ってくれたのです それが成功要因だったと思います 本当に皆様方には感謝のみです

これから各種残務整理が必要ですが、まずは自分自身の疲れを癒やしたいと思います 本当にありがとうございました

本日よりJTVT開催です

残念ながら外は結構激しい雨です まあものは考えようですが、これであれば湘南に来られる観光客は少なく、その結果、江ノ電もそんなに混まないでしょう

というのも、本日より僕が会長をする JTVT 2019という日本国内最大の心臓弁を中心とした心疾患に対するカテーテルを用いた治療法に関する学会がこの鎌倉プリンスホテルでいよいよ午後 14:00より開催されるのです そこで1番の問題は観光客が殺到し、江ノ電による公共交通が遮断されることでした でもこの雨であれば、その心配は無用でしょう

昨夜 Martin Leon先生も羽田空港経由でホテルに到着されました 全世界の心血管インターベンション界の至宝であられるLeon先生が無事到着され、それだけでも安堵し、満足です

まあ、あとは学会が成功するか否か、それは天命のみぞ知る、そんな気分です この学会が終了すれば、すぐに次の準備に移らねばなりません

そんな中、何回目かの挫折していた Haskellに再びアタックです やはりどうしても Monadという概念を心から理解したいのです あと Haskellとは関係ありませんが、 Tensorという概念も心から理解したいですね どなたか手取り足取り教えていただければ何とかなると思うのですが、独習では困難です

しばらく寝ぼけていたら

さて、パリからは木曜日夕方 5月23日に帰国しました パリでは official rolesが3つ、これはやらねばなりません、それだけでなく、private meetingsがたくさんあったのです その中で今後の新しいデバイス開発の方向性が決まったりするので気が抜けません 結局毎日 8:30AM頃から夜のdinnerまで予定でぎっしりでした

23日は時差ボケでしたが、翌日24日金曜日はまた別の仕事でビデオ撮りがあったのです

24日土曜日は今、メキシコ循環器病センターから一ヶ月間研修に来られている若手女性Interventional Caridologistである TiTi先生を鎌倉観光に連れて行きました この日 日本全国5月としては歴史上最高の猛暑であり、鎌倉も朝から35度ぐらいまで気温が上がり強い日差しでした それでも10:00AM病院玄関で待ち合わせ、大船駅まで25分間炎天下を歩き、そこで岩本理枝と待ち合わせ、三人で横須賀線次の駅である北鎌倉駅で下車しました TiTi先生が SuicaをiPhoneにインストールして自由に使いこなしているのを見て驚きました

北鎌倉駅より何処に行こうか迷ったのですが、結局まずは「明月院」に行きました そこの受付には岩本理枝の知り合いがたまたま出ておられ、挨拶してもちろん入場料を払い散策しました 名物の「あじさい」は未だ少ししか咲いていませんでした

明月院のあじさい
明月院のあじさい

明月院から次は「建長寺」に行ったのですが、なかなかの禅寺ですね

建長寺本尊
建長寺本尊

奥まった場所にある「半僧坊」は独特の雰囲気ですね そこまで急に階段を何段も登るのは暑い中大変でしたが、着いた先からは相模湾を見渡すことができものすごく良かったです

半僧坊
半僧坊
相模湾をのぞむ
相模湾をのぞむ

建長寺の次は、そのまま歩いて「鎌倉八幡宮」に行きました そのして八幡宮から「若宮大路」に出て、その脇の小路を散策していたところ、住宅街の一角、北条氏が切腹したと言われる場所に続く小路なのですが、その一角に古びたCafeを見つけそこに入りました

古民家カフェ
古民家カフェ

落ち着いた雰囲気でとても良かったですね 実は鎌倉の裏の小路にはこのようなCafeがたくさんあるのですが、僕が知らなかっただけのようです このようなCafeでは観光客で混乱する世界とは別世界を味わうことができます

TiTi先生
TiTi先生
つばめCafe
つばめCafe

この後、小町通りを歩き、鎌倉駅に、そしてそこからSuicaで江ノ電「長谷」駅に出て、そこからまた鎌倉大仏の背部の小路を10分ほど歩いていきつけのレストランに行き、合流した皆と一緒に遅い昼食を摂りこの日は解散しました

とても暑い日でしたが楽しかったですね

鎌倉で一番の秘境

土曜日には治験の会議があり、品川に行きました 高速が予想以上に混んでいて約束の時刻より10分ぐらい遅れてしまいました 皆様方にはお忙しい中おまたせして誠に申し訳ありませんでした

その後、北品川で食事がてら昼からお酒を少したしなみ、それから鎌倉に戻りました 土曜日の夜は他に約束があり、17:00に自宅を再び出発し、鎌倉駅裏駅まで歩くことに決めました 大体5Kmぐらいの距離でありまあ一時間というところでしょうか?

北条家屋敷跡

実はこの途中に北条家の屋敷跡というのが遺跡として残っており、まあそれは道路に面しているのでただの原っぱなのです しかし、その奥に「タチンダイ」という何だか訳のわからない名前の場所があります これは明らかに遺跡なのですし、しかも昔の墓跡なのです

この山道に一人入るのは勇気必要です

ここに至る道は山道であり、足を踏み入れるのは憚れるような道です そしてその先には開けた場所があり、その奥には墓跡があるのです

不気味な分かれ道
見えてきた
昔の墓 (やぐら)
きちんとした歴史的遺構です

一人で夕方にこの場所に入るのは危険ですし、しかも不気味です 歩きながら常に後ろを振り返ります 本当に怖かったですねえ

でも皆様方鎌倉にお越しの時にはぜひとも訪れて下さい この先、大仏ハイキングコースにつながっているようですよ

先が見えた!

昨日は鎌倉市医師会忘年会に参加しました

湘南鎌倉総合病院は 1988年 10月 01日に開院しましたので、まるまる30年間 + αが経過したとこになります そして、この 8月から無事鎌倉市医師会に加入することができました

加入させて頂き驚いたことは、この鎌倉市医師会は長い歴史を有する医師会であり、湘南地区とくに鎌倉市における保健衛生と医療の発展に長年多大な貢献をして来られたということです 今回当院がその一員となることは栄誉でありますが、より重要な任務と使命を背負ったということになり、身を引き締める思いです

さて、昨日 12月01日土曜日 16:30より第126回創立記念式典が鶴ケ丘会館で開催されました 僕は 18:00からの忘年懇親会に間に合うように参加しましたので、17:00過ぎからの創立記念に講演会「ギターの歴史 〜 演奏を交えて」というとても素晴らしかったであろう演奏会には参加できませんでした

この演奏会には、これまで幾多のコンクール優勝をしてこられた 洗足学園音楽大学客員教授 原 善伸 先生がクラシックギターの名曲を皆の前で演奏されたのです これが聞けず残念です

そして 18:00過ぎから忘年懇親会が開催され、各所からのご来賓によるご挨拶に続いて乾杯、そして懇談があり、その後 今回医師会に加盟した先生方の自己紹介がありました

僕も院長のかわりに挨拶させて頂きましたが、自己紹介の項目の一つとして出身大学というのがあったのです それで、その紹介のために、「これを申し上げれば自分の年齢がわかってしまうのであまり申し上げたくはないのですが、実は昔々 東京大学安田講堂事件というものがあり、その年度の受験生は東大入試が無くなった影響で、東京から関西などに多くが流れました 私もその一人で東京から大阪大学に入学しました」と紹介しました 驚いたことには、この紹介に併せ、同じ年に同じ境遇で進学先を変更された先生方が何と会場に僕以外にも三名おられたのです

そして、その話題が種となり、僕が高校時代三年間クラシック・ギター、そしてフラメンコ・ギター演奏に狂ったことなどにも話題がつながり、またそれを縁に現在クラシック・ギターの演奏を習っておられる二人の先生方ともお話することができ、奇跡的には 原 先生による「アルハンブラの想い出」と「禁じられた遊び」のマイクを用いない原音による演奏を眼の前で聞かせて頂く機会を得ました ものすごい感激です

忘年会が終了し、皆様方にご挨拶して早々に退席しましたが、鶴ヶ岡会館から鎌倉駅までタクシーを拾いに歩く途中、小町通りを歩いたのですが、その途中から少し脇に入ったところにある飲み屋さん街の中の一軒、一人高齢のママさんがやられているカウンターでけのこじんまりしたおでん屋さん兼飲み屋さんに入り、一人で会の後の色々な想い出や思いを噛み締めながら、日本酒を二合、そして「くさやの干物」と、おでんを食べ、それからタクシーで自宅に戻りました

なんだか自分が、いやもちろん当たり前なのですが、「大人になったような」気になりました またこの機会にこれまでお手紙でしか連絡できなかった先生方とも直接お会いしてお話できてとても嬉しかったのです

あっという間に年末月に突入とは!!!

何となんとなんと 知らない内に今日から 12月ではないですか うーん最近ボケているのか昨日何をしたか、一昨日何をしたか それらを思い出せない

きっと、僕が犯罪者になり、アリバイを警察に聴取されても回答できないのではないでしょうか

今必死で思い出します こんな時には calender.appが必要ですね そうそう 29日木曜日には早朝 札幌丘珠空港を飛び立ち、函館に移動しました そこで経カテーテル大動脈弁植え込み術に関わったのですが、とってもうまいこと患者さんが治療されて嬉しかったです

その後、14:45 函館発の便で羽田空港に、そして 18:00からの鎌倉ライブ実行委員会に参加するために鎌倉に戻りました 鎌倉ライブ実行委員会の方々そして特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワーク社員の方々には年末となりお忙しい中、わざわざご参加賜り、誠に嬉しい限りです 今年の鎌倉ライブ前の最終の年度内会合ですのでとても重要であり、また皆に会の成功と実行に向けてエネルギーを頂きました

30日金曜日は朝からたくさんの外来患者さんの診察、とても疲れますが色々な方々とお話できるのは知的刺激になり、楽しい一時でもあります そして外来診療後は経皮的冠動脈インターベンションを行いました それが終了してから鎌倉ライブの Web Site (https://www.kamakuralive.net/)の修正を行い、それから治験の打ち合わせでした

そして本日土曜日 そうなのです ついに 12月01日となってしまったのですが、鎌倉市医師会会合および忘年会に参加します 湘南鎌倉総合病院が開院したのは、1988年10月01日でした 僕が関西労災病院より移籍し、当院の職員として採用されたのが、同年 9月01日だったのです そうです何とその時より 30年間以上経過したのです 当初は日本全国的に「徳洲会」に対するアンチの嵐が吹き荒れ、鎌倉でもそれは同様でした

しかしながら、時代は流れ、ついにこの秋より湘南鎌倉総合病院は鎌倉市医師会、神奈川県医師会に加入することが受け入れられ、本日ははじめての忘年会に参加させていただくことになったのです でも でも 僕が代表としてご挨拶せねばならないらしいのです あー たくさんの目上の方々の前で自分が挨拶なんて とってもストレスですよ フーッ

2つの喫茶店

昨日長崎で CVIT九州・沖縄地方会での講演スライド作成している時に、昼ごはんの後 喫茶店に行きたくなり JR長崎駅前から大きな歩道橋を渡ってすぐのところに昔ながらの喫茶店を見つけ入りました 名前は、「旅人茶屋」といい、女性親子がやっているカウンターと小さなテーブルが2つあるだけの小さな喫茶店です その名前の通りに世界中から旅人が訪れている様子でした なかなか良かったなあ

長崎駅前の旅人茶屋

そして本日は午後から鎌倉深沢にある元 書店であり現在はブック・カフェとなっている栄和堂」で 3時間ぐらい粘りました ここには多くの本が壁に展示され、中には大小のテーブルがありコーヒーや軽食を食べることができます テーブルには電源コンセントが設置され、店の中で Wi-Fiで自由にインターネット接続できるのです ここでプレゼンスライドの準備と、Home Pageのブログラミングを行い大分進展しました ゆったりとした開放された時間いいなあ

鎌倉深沢の「栄和堂」