カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 世界観 (Philosophy) 外国訪問 (Foreign Visits)

光藤先生との思い出 – 続き

大混乱の中、デルタ航空にマシンで check inして、今ようやく Delta Loungeに入り込みました いやあクリスマスシーズンだからでしょうか、Minneapolis-St.Paul空港は大混雑です。こんな混雑見たことありません。

さて、その 1992 or 1993年のことですが、僕と光藤先生は、二人であの有名な Mayo Clinicそしてカナダのこれもまた有名な、Toronto大学のカテ室に見学に行くことにしたのです。そして、そのアレンジをしてくれたのが、当時の ACS社、日本にはこの会社設立されず、かわりに G兄弟社という商社がその販売を担っていたのです。もっとも ACSはその後 Guidantという会社に買収され、またそのGuidantは現在の Abbott社に買収され、今に至ります。

その ACSがこの時のアメリカ-カナダ訪問をアレンジしてくれたのです。そして、Mayo Clinicと Toronto大学カテ室およびカテ室チーフの先生に連絡してくれ、日にちがおさえられ、それに併せて僕と光藤先生は飛行機の予約をしたのです。最初の目的地は、Mayo Clinicのある小都市 Rochesterでした。Rochester空港は少なくともその当時は日本の地方都市空港よりも小さな空港ビルディングでした。

事前の打ち合わせでは、Rochester空港に到着すれば、Mayo Clinic担当の ACS営業社員が僕たちを待っていて、そしてそのままホテルにつれて行ってくれることになっていました。

何処で乗り継いだかは覚えていないのですが、成田空港から18時間ぐらいかけてようやく Rochester空港に降り立ちました。そこで迎えの人、当然初めて会うことになっていたのですが、その男性と覚しき人が待っているはず、しかし、待てど暮せど、1時間は待っていたのですが、誰も現れません。そしてついに小さな空港待合室には僕たち二人以外誰もいなくなりました。

「これはすっぽかされたな」と思ったのです。しかし問題は、その時宿泊するホテルが何処で、連絡先は何処か、あるいは担当者の名前や電話番号、そして日本側での連絡先、それらの情報が全く無かったのです。もちろん、そのような情報をきちんと確認せずに動いた僕たちが悪いのですが・・・・

当時は携帯電話も無く、また国際電話をかけるのはとてもとても大変であり、また高額だったのです。でも僕には光藤先生がおられるし、もちろん光藤先生には僕がいたのです。二人でこれからの策を練りました。まずはホテルの確保ですが、そこに移動するためには、レンタカーを借りる必要があります。幸い当時は保持していた国際運転免許証がありましたので、それで空港でレンタカーをまず借りたのです。多分11:00AMぐらいだったような気がします。まだ若かったのです時差ボケにもほとんどなっていませんでした。

とにかく Downtown Rochesterまで車を走らせ、何でもいいからホテルを探すと、交差点のところに、多分 Holiday Innがあったのです。そこのフロントに行き、「二人止まりたいのだけど」と二部屋確保したのです。それからまずは Family Restaurantで昼食を摂りました。そして、ホテルのフロントで City Mapをもらい、Mayo Clinicを探し、とにかくカテ室を探し、そこに行くことにしたのです。そして、昼ごはん食べた後、二人で向かいました。病院駐車場に駐車し、二人で、Catheterization Laboratoriesという院内標識を探しました。今にして思えば無謀でした。何しろ世界でもっとも有名な大病院です。

幸い、僕たちはその標識を発見し、入り口まで行き、そこにいたナースか技師さんに、「これこれしかじかの者で、本日は見学の約束がある筈です」と申し出たのですが、「そんな約束は無い」と断られたのです。いくら言っても無駄でした。

仕方がないので、また二人でホテルまで車を走らせ、あっそうだ、光藤先生と二人でアメリカやヨーロッパを何回も、何千キロもレンタカーでドライブしましたが、その時は、何時も僕が Driverで、光藤先生が Navigatorをされましたが、とにかくホテルに戻ったのです。そして多分眠りました。流石に時差ボケが出てきたのですねっ。

そもそもカテ室見学は二泊の予定でしたので、翌日は一日まるまる予定があきました。朝二人で地図を見ていたところ、ミネアポリスという街の名前が目に付きました。Rochester – Minneapolisは 135Kmぐらいです。Minneapolisは当時よりペースメーカー製造販売会社 Medtronic社があることで僕たちもその名前を知っていたのです。それで、別に Medtronic社を尋ねるつもりはありませんでしたが、とにかくその街に行こう! ということになったのですね。

例によって僕が運転し、連邦高速道路を一路西に Minneapolisの標識を目指し走り出しました。半分以上過ぎた頃には、これまで出ていた Minneapolisという標識が無くなったのです。道を間違えたか? と思ったのですが、やがて Twin Cityという標識が突然出てきました。そこで思いを巡らし、ひょっとして Minneapolis – Saint Paulと高速道路を挟んで並び立つ2つの都市をまとめて Twin Cityと呼ぶのだろうと推測しました。

さて、翌日も借りたレンタカーで、光藤先生と二人、「さあ、一日どうしようか?」と相談しました。その翌日には Rochester -> Toronto行きの便が確定しており、そのチケットは日本にいる時に入手していましたので、Rochesterでの日程最後は確定していたのです。結局、一日全くフリーとなりました。それで Minneapolisという聞いたことのある街に行ってみよう! ということになったのです。

高速道路を例によって僕が運転し、光藤先生は隣の助手席で navigateです。一時間以上も走った頃だったと思います。無性に眠く慣りましたので、路肩に車を停め、僕は仮眠しました。光藤先生はその間、車を離れ、ランニングされたのだと思います。仮眠から醒め、気づくと隣に光藤先生がおられませんでした。辺りを見回すと、高速道路とT字路に直行する砂利道が見えました。道の隣は川幅2mぐらいの川が2 – 3mぐらいの谷で上流に向かって右手に流れていました。道はゆったりとした上り坂だったのですが、これを見て、「あっ、みっちゃんはこの道をランニングして登っていったのだろうな」とピンときました。

そこでエンジンをかけ、その方向にゆっくりと登って行ったのですが、すぐにランニングして降りてくる光藤先生と合流しました。運転席は左手であり、僕はそちらに座り運転です。助手席の光藤先生側、つまり右手は崖となっており、僕の側は2-3mぐらいの深さの谷に川が流れているのです。道は舗装されておらず、砂利道でした。僕の運転するカムリでゆっくりとその道を降りて行きました。

カーブがあり、少しだけブレーキを踏みました。途端に前輪駆動のカムリが右に滑りながら曲がって行きました。ここからは目の前の景色が走馬灯のようにゆっくりと流れ出しました。全身からアドレナリンが大量に放出され、体感時間がゆっくりと流れだしたたのです。このまま右に行くと、光藤先生の座っておられる助手席は右手の崖にぶつかる! そう判断し、ブレーキ踏みながら左手にハンドルを切りました。とたんに車のコントロールが効かなくなり、そのまま左手の谷に向かって車は落ちようと進んでいきました。前輪駆動の前輪が両側とも谷に向かって踏み出しました。「あっ、このまま落ちてしまう」と思ったところで、谷の脇から生えていた木の枝に前輪が2つともひっかかり停止しました。

「助かった、でも下手に体動かすとバランス崩れ、谷に落ちてしまう」と二人で言いました。しかし、前輪駆動のカムリはバックしようとしてもできません。「もう頑張って車から外に出るしかない」と結論し、ゆっくりと外に出たのです。

何とか助かったのですが、自動車はそのままで、動かしようがありません。途方に暮れて二人で道端で呆然としていると、数分後に古い古いトラックがゆっくりと降りてきたのです。運転しておられたのは、左手を失っておられた60歳ぐらいの男性でした。とても強い訛りがあり、お互いに何を話しているのか身振り手振りでした通じないのです。それでも、どうやらトラックの後ろの荷台に乗れ、と言っておられるらしいとわかりました。それで二人で荷台に乗り込むと、トラックは少し高速道路を走り、近くの小さな街、というか色々な店が集まっている場所で止まり、そこのある一軒におじさんは僕たち二人を招き入れました。

おじさんは、どうやらそこの店主に我々の置かれた状況を説明されたようです。僕たちにはその会話を聞き取る英語力はありませんでしたが、今度は、その店主がレッカー車を運転し、どうやら我々にそのレッカー車に乗り込めと身振り手振りで指示されました。

レッカー車は我々が落ちかけた現場に戻り、今度はそのレッカー車で僕たちの車を引っ張り上げてくれたのです。それで、レッカー車についてカムリ(ラッキー まだ正常に動作していましたよっ)でお店まで戻りました。僕たちを連れて来て下さったおじさんは既に姿を消しておられ、お礼の挨拶もする暇がありませんでした。お店につくと、随分と安い請求書を見せられ、多分 10ドルぐらいだったかなあ、それをお店で支払い、ようやく高速道路に復帰し、そしてやっとこさまず、St Paulの街に行き、そこで見つけた「寿司屋」さんに入り、ゆっくりと昼食を二人で食べ、そして Minneapolisに行ったのです。でも正直何も覚えていません。

覚えていて鮮明に記憶に残っているのは、親友 光藤 和明 先生と過ごした濃密な時間と空間です。何事にも代えがたい思い出です。

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 冠動脈インターベンション (PCI) 外国訪問 (Foreign Visits)

光藤先生との思い出

暗く寒いミネアポリス
暗く寒いミネアポリス

今、新しい心臓治療ディバイスのトレーニングで Minneapolisに来ています。以前この街に来たのは、多分1992年ぐらいでしょうか。それからなんと27年間ですね。この街は以前より医療機械の会社が集積している街として有名です。

あれは、まだ冠動脈ステントが実用に供される前のことで、ぼちぼちDCAが世に出る前のことです。要するに冠動脈治療と言えば、バルーンしか存在せず、ACS (Advanced Cardiovasculr Sytems, Inc)は Goeffry O Hartzler先生、Simpson先生の指導の下で、バルーンの細径化と、Performanceの向上に努めていました。そして、USCI (United States Cardiac Instruments, Inc)は Gruentzig伝統のバルーンとそれを改良し、On-The-Wire balloonとして、Gruentzig Balloonを強化・改良した Probeというワイヤーの先にバルーンがついているシステム、これはその後 Boston Scientificの前身であった、SciMed(サイメド)そしてその会社を買収した あー 名前忘れた その会社にとられ、ACEという名前で実用化されましたね。

あっとそろそろ日本に向けて出発です この続きはまたね

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

鎌倉ライブも終わり、今はアメリカです

イスラエルから戻った後、14/15日 (土曜日・日曜日)と鎌倉ライブデモンストレーションを開催しました。今年はあまり参加して下さらないのでは? と心配していましたが、蓋を開ければ昨年とほぼ同等、1,000名以上の方々がご参加して下さいました。

毎年確実に年齢を重ね、当然のことながら体力・気力・知力が落ちていっているのでは? と自分でも懸念しているのですが、実際に今回のライブデモンストレーションでは本当に難しい複雑病変を次々と成功裏に治療することができました。正直のところ、我ながら「すごい!」と思いますし、「まだまだ進化の途中にある」と思いました。

以前より宣言していますが、「今日の手技が昨日の手技より進歩していなければ、その時はこのカテーテルを降ろす時だ」なのです。そんなつもりで行っています。

ご挨拶
ご挨拶
懇親会参加者の集合写真
懇親会参加者の集合写真

そして昨日19日木曜日の夜 羽田空港をたち、今はアメリカです これから新しい治療法/器具のトレーニングですよっ、まだまだ前に向かって前進です

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) ライブデモンストレーション 外国訪問 (Foreign Visits)

9月の忘備録-2

さてCVITの翌週9月24日には、羽田空港からサンフランシスコに飛びました。これはどうしても避けて通れないインターベンションの学会 TCT (Transcatheter Cardiovascular Therapeutics)に参加するためです。しかも、今回は日本人として唯一の Geoffry O. Hartzler Mater Clinical Operator Award 2019という非常に栄誉ある賞を受賞したのです。

この授賞式準備のために、たくさんの写真を送ることを要請されました。昔の写真、実はあまり無いのですが・・・・、それをスキャンして贈りました。これも大変な作業でした。そして、主催者である Colombia Universityの Martin Leon先生と、Gregg Stone先生から当日何千人という聴衆のいる Main Arenaでインタビューかされる、そのようにも聞かされていました。これは無茶苦茶なストレスでした。実際僕はこの TCTにおいてライブ症例を衛星中継して会場に流したこともあります。しかし、インタビューというのはまた別の経験だったのです。本当に大変でした。

Main Arenaでの受賞記念インタビュー
Main Arenaでの受賞記念インタビュー

正直に言いましょう、このために背広を一着誂えました。これまではスーツと言えば、町中の量販店でした購入したことはありませんでしたが、今回は藤沢駅周辺のデパートで、きちんと order-madeのスーツを仕立てました。人生始めての経験だったのです。スーツの仕立てに3週間以上かかる、ということを初めて知りました。

授賞式を終えて、たくさん方々がお祝いの言葉を投げかけてきました。嬉しいのですが、とても恥ずかしい気分だったのです。まあ何はともあれ僕の方にずしりとのしかかっていたストレスとはこれで開放されたのです。この時のビデオは下記にあります

Master Operator Award 2019 in Main Arena

Master Operator Award 2019 Main Screen

カテゴリー
TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

シカゴ出発するところ

現在シカゴ オヘア空港のラウンジで JAL便の出発を待っています 今回水曜日朝到着し、本日金曜日昼の便で帰国します 短い滞在ですが、水曜日から今まで飛行機の中では一睡もせず、そして着いた日は3時間、昨夜は2時間しか眠っていません 帰国の便でも眠れるか否か分かりません

水曜日の午後は別のホテルに移動し、ある新規ディバイスの in vitro試験を行いました

新規ディバイスの in vitro試験
新規ディバイスの in vitro試験

そして木曜日午前中は JTVT-TVT collaboration sessionにおいて発表をしました

そして本日朝は main arenaで TAVI liveの moderatorをして、それから空港行きの車に乗ったのです

この間に食べたラーメンは一杯のみでした 今回は Ajida Ramenで食べました とても美味しいものでした

Ajida Ramen
Ajida Ramen

実は今回もう一つ重要なミッションがあり、そのためにスタジオでビデオ撮りも行いました 自分自身のものは写真に撮らなかったのですが、現在ロスに留学中の落合くんの撮影風景がこれです

ビデオ撮り
ビデオ撮り
カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

シカゴ到着

本日は6月12日水曜日 TVT (Transcatheter Valve Therapeutics)という学会・ライブのためにシカゴに来ています 成田発の JALシカゴ行き直行便で11時間30分の飛行の後、8:50AM頃に到着しました

シカゴの朝は渋滞があり、1時間ぐらいかけてこの会場となっている Sheraton Hotelに到着したのですが、当然のことながら check-in timeは 16:00であり、現在までホテル内の Starbucksで 2時間一人たそがれながら時間を潰しています

実は現在 12:00 noonですが、12:30に待ち合わせしていてそこから歴史的なことを行うのです その内容に関しては現在は明かすことができません インターベンション医師としてのこれまでの経験と技術の総てを賭けて行うものなのです

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

二泊三日のダラス

日曜日朝の羽田発ANA便でシカゴに飛び、2時間の transitの後、Dallas Fort Worth Airportに飛びました この巨大空港に来るのは10年以上ぶりだと思います 昔は ACCとか AHAとかの発表で良く訪れていたのですが・・・

今回は月曜日から一日半で会議があり、そのために訪れました 日曜日ホテルに到着したのは日曜日の 14:00頃でした 時差ぼけで眠くて眠くて 1時間ぐらい寝ました そして夕食は居酒屋/ラーメン屋さんを探しました そして行き着いたのは この wabi houseというものでした 広めの室内、そして歩道にまではみ出した部分にはお客さんで一杯で比較的若いアメリカ人ばかりで日本人らしい人は目に付きませんでした 辛味噌ラーメンはなかなかの味でした 本当にアメリカのラーメンは進化しています

wabi house
辛味噌ラーメン
カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

TCT2018 – (3)

この日の夜は 2:00AMに就眠しましたが、覚醒したのは 4:00AMでした それから Kindleで本を読み再び 5:00AM頃に寝て今度は 7:00AMに起きました

この日は 9/23日曜日です 9:00AMより二時間近く セッションの discussantであり、その後 朝食がてらに Faculty Loungeでつまみ食いし、そして今度は 12:00よりの二時間近くのセッションでやはり discussantとしての roleがありました やはり日曜日ですので、参加者はとても多い印象でしたね

それが終了してから、今度は新たに取り入れようとしている冠動脈用の新規ディバイスに関する治験の相談をアメリカの方々と行いました またまた会場近くのホテルに移動です そして、引き続いて別の米国メーカーと新たなディバイスの治験計画について話し合い、そしてそれからまた別のホテルに移動して JTVTとTVTの連携に関しての打ち合わせをしたのです そしていよいよメイン・イベントである TVTとの交渉 ここには旧知の友人でもある、Martin Leon先生や Jeffrey Popma先生、その他 STS registryの責任者たる先生など有名大物が揃いました もちろん日本側も大物です 話はまとまりましたので良かったです

これが終了してからいよいよ最後の夕食となりました 先程のホテルから遠くないところによる(多分)有名な Seafood Restrauantにアメリカのメーカーの方々と入りました 広い店内は満席であり、日本から TCTに来られていた先生方もうーん日本のメーカーの接待でしょうかね 結構たくさんおられましたねえ

お店の名前は

Alaska Seafood

僕が注文したのは Bass (日本では鱸・すずき ですが、見た感じは少し違いました)を一尾まるまるをグリルで焼いたもので、辛いソースがかかっていました 魚そのものの品質はとても良いと思いました

Alaska Seafood

この夜は 22:00前には解散し、ホテルに歩いて戻りました そして、22:00には就眠したのですが、やっぱり 1:00AMには覚醒、そして本日9/24月曜日となったのですが、何しろ 6:15AM発の San Diego -> LA便に搭乗せねばなりませんので、4:00AMにはホテルを check outしたのです そんな時刻にタクシーがいるのか心配でしたが、ホテルの人は前の晩に「24時間ホテルはホテルの前で待っている」と言われたのでその言葉を信じて予約しなかったのですが、確かにタクシーがそんな早朝よりたくさん待っていました

そして今は LAの Loungeでこのブログを書いています

あーとても忙しい今回の TCTでした しかし、本当に辛くなってきました そうそう Faculty Loungeで Jean Fajadetといろいろな話したのですが、彼は僕が体力的にきつくなっているということを良く理解して下さいました のんびりしたいなあ

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

TCT2018 – (2)

さて夜の睡眠はやはり 22:00頃就眠したものの、 14:30には覚醒してしまい、その後 眠れませんでした そして土曜日 9/22は 7:30AMに別のホテルにでかけました これはある薬剤溶出性ステント これに関しては日米欧州共同で治験および大規模臨床試験進行中なのですが、そのトライアルの Steering Committee memberとして会議に出席しました

そして 11:00AM – 12:30PMは HBDのセッションで座長をしましたが、とても良い議論ができました これはとても良かったです

このセッションが終了してから、会場より離れ、また別のホテルである会社の国際共同治験・臨床試験の打ち合わせをしたのです ここいら辺街一体は Gaslampという名前がついているのですが、多分昔はガス灯がたくまさんあったのでしょう 古いアメリカの面影が残るとても良い町並みです

さて、その街の中を見慣れない乗り物に乗り、高速で行き来する人々がいます 何と電動スクーターです

電動スクーターで走る人たち

かなりのスピードが出るのです とても危険な香りがします パトカーがあっても警官は特に咎めることもありません 違法ではないのですね このスクーターは何と IT化されていて、各車両には GPSが搭載され、現在何処に置かれているか、残存バッテリーはどれぐらいあるか 現在誰かが搭乗しているか などの情報がセンターに送られ、そこで適切に管理され、登録してあると最低料金一ドルで乗れて、そらにあるスクーターで空いていれば、何時でも搭乗することが出来、また何処に乗り捨てても良いということです どうやら何社かが既に参入しているようです

電動スクーターは歩道に置いてあります

いやあこれには驚きました そしてアメリカの規制緩和と、それにあいのりした型で新しいテクノロジーがどんどん開発されていることにアメリカという国の強さを感じたのです それに対して我が国は大丈夫でしょうか

さて、この日の夜は ホテルの中にあるSeafood Restaurantで食事しました

そして、その後 ラーメンを食べに行ったのです この San Diegoでもラーメンは流行っていて何軒かあるらしいのですが、この日行った店は、とてもモダンなガラス張りの店であり、とてもラーメン屋さんには見えません

モダンなラーメン屋さん

基本的に豚骨ラーメンですが、この日僕が食べたのは Veggie用のラーメンです つまり、スープも野菜出汁のもので、肉や魚を使用していないものです

Veggieラーメン

正直あまりおすすめできるものではありませんでした 何しろ味が無いのです

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) アメリカ (USA) 外国訪問 (Foreign Visits)

TCT2018 – (1)

金曜日9/21の昼過ぎに羽田空港に行き、羽田空港より Delta Airline LA行きに乗りました 9時間++でロサンゼルス到着しましたが、日本から出発すれば昼の便ということになりますので、やはり機内では 1.5時間ぐらいしか睡眠できませんでした そして、2時間の transitで LA -> San Diegoに同じく Delta Airlineで移動し、San Diego空港に到着したのは13:30頃 ホテル到着は 14:00頃でした この巨大な Hilton Hotel Bay Sideは学会場である San Diego Convention Centerに隣接してあります

San Diego Convention Center

もちろん San Diegoはアメリカ太平洋艦隊の最大の基地ですので、たくさんの軍艦が停泊しています この日も、巨大な航空母艦が二隻 対岸に停泊していました

二隻の航空母艦

少しホテルで休み、この日は 15:40 – 17:10まで Sessionの座長 (Moderator)および discussantをしたのです ぶっ続けです

そして、17:10 – 18:30は ある新規ディバイス これに関しては、日米共同で治験をする予定なのですが、そのディバイスの評価と今後の治験スケジュールの打ち合わせをしました このディバイスは一週間前にカナダ Vancouverで初めて患者さんに植え込まれたそうです

そして夜になってからは、あるアメリカの会社の方々、そして昔から馴染みの米国のインターベンションの先生であり、現在はその会社の CMO (Chief Medical Officer)の先生達と会食しながら色々なことを話し合いました 

今年の TCTは昨年 Denverで開催された時には史上最低参加者数だったらしいのですが、それとは打って変わり史上最大参加者数となりました またプログラム内容もより実臨床的なものとなり、ライブも盛りだくさんでした

今年のTCT