疲れていますね

外来患者さんがたくさん来られとても嬉しいのですが、やはりとても疲れます おまけに火曜日はやはり縦に 3例のTAVI、そして 1例の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)です

TAVIにより治療した中のお一人の方は正直、「良くぞここまで生き延びられて、TAVIにより治療できたものだ」とも思う方でした これまで僕自身経験した中で最高値の なんとPeak Aortic Pressure Difference > 180 mmHgだったのです 本当に危ないところだったと思います この方もTAVIにより一瞬にして圧較差 0mmHgとなり、安静時にも感じておられた呼吸苦も全く無くなり、合併症無しでもうすぐ退院です TAVIの威力と、その治療に携わり治療できたことにやり甲斐を感じます そしてここ数年のTAVIの進歩、知識の集約、医学という科学の発展、ディバイスの進化、医術の進化、Heart Teamとしての成熟 それら全てが相まって良い結果が出ているのでしょう

それにしても神経を集中するこれらの治療に僕自身の精神が病んでいかないか心配です でも自分としてはとことんやり切るしか仕方ないと思いますね

本日も外来患者さんの診療に一生懸命でした 何年かぶりに僕を目指していらして下さった患者さんも数名おられました 結局本日の千歳行きの便を 16:00羽田発から 18:00羽田発に遅らせ先程泊まり先に到着しました

そして何時ものように 眼の前の MaxValueで夕食を買い込みました 毎度のことですがメニューは一緒ですね カップ麺、カレーパン、そしてウィンナパン これで〆て 202円でした 安いですねえ

夕食

久方ぶりのPCI

昨日は午前中鎌倉で外来診療 結構色々な問題を抱えた患者さんが新患として多く受診されましたので、時間がかかりました 急いで自宅まで自転車で一旦戻り、そこから羽田空港に

そして 16:00羽田発の千歳行きに搭乗し、札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30 そこから打ち合わせし、それから予定的なPCIを一例行いました うーんひょっとして 9/12にヘルシンキ大学附属病院で慢性完全閉塞二例を治療して以来ではないでしょうか

患者さんは重症大動脈弁狭窄症の患者さんで実は来週TAVIを予定していますが、その術前検査で何と左冠動脈前下行枝近位部、左冠動脈回旋枝中程でどん詰まりの慢性完全閉塞だったのです 奇跡的にも右冠動脈から微かな蛇行の激しい心外膜経由の副血行があり、そこから左冠動脈前下行枝や左冠動脈回旋枝が血液供給されているのです これってすごい重症ですよね

昨日は 18:45頃いや 19:00でしょうか その頃より開始しました 流石に両側経大腿動脈的インターベンション 7Frで入りましたよ 最初狙った右冠動脈から左冠動脈回旋枝の逆行性アプローチは途中でコイル状に蛇行した部分で不通過、次にもう一本の副血行路を狙い、ここから逆行性アプローチに成功し、左冠動脈回旋枝に一個 2.75mm薬剤溶出性ステント植え込みました そしてそのまま右冠動脈からのかすかな中隔枝経由の左冠動脈前下行枝への逆行性を狙ったのですが、蛇行が強く全く不可能でしたため最後に順行性をトライしました UB3 -> Gaia Next 3とパッパッとワイヤーを切り替え、何と順行性に長い慢性完全閉塞を通過したのです そしてこちらには 38mm 薬剤溶出性ステントを植え込んで結局冠動脈は悪い部分が無くなってしまいました

しかも 20:30よりも前に終了し、造影剤も 150mlぐらいしか使用しませんでした いやあ 久しぶりに慢性完全閉塞の治療すると少し high tensionになりますねえ やっぱり僕はインタベ医者ですね

久しぶりにTAVIを行いました

本日は朝から札幌東徳洲会病院心臓センターで三件のTAVIがあり、その中の一例を治療させて頂きました

北海道地震の被害からも立ち直りTAVIが本格的に再開されたのです 僕が治療させて頂いたのは、ご高齢の方でしたが、かなり高度な大動脈弁狭窄症であり、治療してよかったと思います 9:30AMよりTAVIのセッションが開始となり、合計で三例の治療を終わったのは 14:00でした 縦に三例を4.5時間半で入れ替えなども含んでする、というのは相当に早いですよね 入れ替え時間を含め、麻酔も含めて一例 1.5時間ということになります 素晴らしいですね

長期間の海外出張で、しかも西に東にですので、相当に体のリズムが狂ってしまいましたが、徐々に回復です とは言っても色々なメールには応答できていません 頭が回りません

頭のリハビリには Javascriptの勉強をしています Javascriptと言っても、正確には ECMAScript20151 というもので、別名 ES6と呼ばれている言語仕様のものです 現在ではほとんどのブラウザ上にこの ES6は実装されていますし、node.jsにも実装されています

言語仕様は非常に先進的なものであり、これまでのプログラミングの大きな考え方 (= パラダイム)を変更するほどのインパクトがあります 際立って紹介されているのが、アロー演算子とか Promiseとかいうものです Promiseに関しては未だ勉強を開始していません 現在はアロー演算子の習得にかかっています

/*jslint node: true */
/*jshint esversion: 6 */
"use strict";

const ary = [1, 4, 7, 9, 32, 43];
let reducer = (accumulator, initialValue) => accumulator + initialValue;
let result = ary.reduce(reducer);
console.log(result);

ここで、最初の2つのコメント欄が無いと、jslintという文法チェッカーでエラーを吐かれます

このプログラムは、配列の合計を求めるという他愛もないものですが、重大なパラダイムシフトがあるのです とっても難しいのですよ

本日の夕食

昨日の辛くて激しい一日を終え、今朝は外来診療のために自宅より歩いて鎌倉の病院に出勤しました 病院到着は何時ものように 7:00AM前後

そして、7:30AMより循環器内科カンファランス そしてそのまま可及的速やかに外来診療に入りました 多くの患者さんが来て下さり、色々なお話したり、もちろん診断や治療も更新し、外来診療終了は予定よりも遅れ、この結果 本日札幌東徳洲会病院心臓センターに入ったのは 18:00羽田発の便ででした 北海道地震の後、初めて札幌に入ったことになります

院内で暫く仕事してから、宿に そして宿に立ち寄る前に、目の前の AEON系列の Max Valueに入り食料調達をしました 既に地震による物不足の影は全く無く、この時刻にもかかわらず多くの人で賑わっていました そして購入した本日の夕食とおやつは毎度の如くこれです

本日の夕食とおやつ

なかなか美味しくて気に入っています あまり健康的とは言えないかも ですが、そんなに不健康ではないと思います しかしこれで税込みで 353円とは安いですねえ

本日の夕食

本日は 16:00発の ANA便で千歳空港に そして札幌東徳洲会病院心臓センターには 18:45頃到着しました それから明日のTAVIの検討と打ち合わせをしたのです

19:45には一人病院を出て、マンションの向かいにある MaxValueに入り、食事パンと、カップ麺を購入しました 今日の夕食はこれです ふふ

本日の夕食パン

最後の日韓友好TRIセミナー

昨日土曜日6/02は第12回日韓友好TRIセミナーを札幌東徳洲会病院心臓センターを舞台に開催させて頂きました 今年も14名の Interventional Cardiologistsが韓国より参加し、日本からは5名の先生方にご参加を賜りました

この会は日韓友好を促進すると共に、TRIを広く普及する目的で特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワーク主催で開催してきました 既に12回を迎え、この会の役割は十分に果たし、そろそろ幕を引く時と判断しました そして今回の Opening Ceremonyにおいて “This will be the last meeting for this seminar”と宣言しました

実際の会は、札幌東徳洲会病院に新しく据え付けられた Siemens ARTIS-Zを用いて病院会議室を会場に行われました 第一症例は 9:00AM start、もともと二例の慢性完全閉塞症例、一例の左冠動脈主幹部病変、一例の冠動脈重度石灰化病変の患者さんが用意され、9:00AMより開始してぶっつづけてで縦に行えば、15:00までに終われるか否か? と思える感じでした

でもこの日は僕すごく乗っていました あっという間にこの4症例を成功裏に終了して、12:00過ぎには終わってしまいました もう一例臨時で僧帽弁狭窄症に対する経皮的経僧帽弁的交連裂開術 (PTMC)が準備されていて、この治療は 15:30頃からできればいいな と予定されていたのですが、その症例を繰り上げることにしました しかし、問題はPTMCのための井上バルーンが札幌に届くのが 13:00ということだったので、結局その到着を待って行い、これも巨大左房であり、しかも過去にステロイド予防投与にもかかわらず造影剤ショックで心停止になった既往があるため、ゼロ・コントラストで経食道心エコー法無しで中隔穿刺を行い、僧帽弁拡張をしました そして非常に辺在性石灰化僧帽弁であったため、そして体も小さな方であったため、23mm程度でPTMCをして良好な結果となりました

結局会は大成功に終わり、特に韓国の先生方は非常に満足され、この会が最後となることをとても残念に思われていました

それはそうと今回の札幌で変わった店を見つけました

蕎麦 さとやま

それはれっきとした蕎麦屋さんの「さとやま」という店です 全て蕎麦は店主が石臼で精錬し、それを店の中で手打ちで打つ、というとても本格的な蕎麦屋さんです しかし、変わっているのはそのメニュー内容です もちろん通常の蕎麦メニューもあるのですが・・・・

激辛カレー蕎麦

雰囲気的には札幌発祥のスープカレーを蕎麦にかけたものですが、色でわかるように激辛であり、しかも山椒もたっぷりはいっています 値段も結構しますが、一度は味わって下さい えっと場所は札幌市の苗穂です

雨があれば晴れ間もありますね

昨日夕方の便で千歳に飛びました 札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30ぐらいだったのですが、19:00過ぎより院内の Auditoriumにおいて僕による FFRの講演会をしました

今回の講演会はスポンサーは無く、自主的なものです 内容は 3月初めに FRIENDSという学会で行ったものをさらに updateしました その後本日のTAVI症例の検討会を行い、部屋に入ったのは22:00過ぎでした

それからプログラミングの修正を行い、そして就眠 今朝は 5:30AMに覚醒し、シャワー浴びてから 7:00AM頃には出勤しました

そして本日のTAVI三例の内、僕に最初の二例の植え込みを行わせて頂きました バッチリです 知らなかったのですが、二例目は札幌東徳洲会病院で去年の4月06日に第一例のTAVIを行ってから 150例目だったのです

札幌東徳洲会病院TAVI150例記念

150例目といっても淡々と過ぎていきました でも色々ある中で少しは心が慰められました

久しぶりー

暫くブログにアクセスしていませんでしたね その間何をしていたかと言いますと、特に外国に出張に行っていた訳でもなく、何をしていたのでしょうかね

うーん TAVI、外来診療、少しのPCI そうですね、それと RAP and BEAT II臨床試験サイトの構築、これは三年前に作成し、既に二年前に登録終了し、論文にもなっている RAP and BEAT I Trialのサイトを修正しているだけですのでそんなに手間ではありません しかし、手間では無い、というのは落とし穴で、だから作業が遅々として進まないのです 要するに意欲の問題ですね

うん、一番この二ヶ月間一生懸命やっていたことは Coronay Physiologyの勉強です そうです FFR/CFRなどのことです 巷では本年4月より、明確な虚血証明を行うことが、PCI実施のために求められ、それが健康保険審査の基準となることが予告されています この予告のために慌てて勉強しているのか? って 違いますよ もともと当科はFFRをかなりの症例に対して行っていてそんな卑近な動機ではありません

今回の猛勉強は、明日 FRIENDSという学会、これは冠動脈生理学の学会だそうで、僕にとっては全く馴染みの無い世界いや学会です 何とその学会のランチョンセミナー一時間枠で、僕が講演を明日行うのです 要するに FFR/CFRのプロの前で僕がその話をするのです これって無茶苦茶でしょ?

そこに果敢にチャレンジしたのです チャレンジを決めるまでには逡巡がありました でも心に「これは自分にとっての試練だ この試練を利用して誰よりも FFR/CFRに詳しくなろう」そのように決めたのです そして本年になってから勉強を始めました 勉強といっても本を読む訳ではありません これまで FFR/CFRで publishされた論文を片っ端から読み、いや流し読みですが、知識を習得していったのです そして知識を習得していく過程の証拠として論文の中のグラフや表を切り取り Powerpointのスライドをどんどん作成したのです

昨日より今日にかけてそうやって作成した 230枚ぐらいのスライドを自分の論旨に合致するように並び替えたり、追加したり削除したりをしてきました 今朝はそんな訳で 4:00AM起床です

実は今札幌にいて、本日これから札幌東徳洲会病院でTAVIをして、夕方に羽田空港に飛ぶ予定なのですが、現在最大風速 40mのとんでもない低気圧が北海道に迫っています 部屋から見る外の景色は既に吹雪です 今日は関東に戻れるでしょうか?

もとも戻れなければ明日のランチョン講演はどうなるのでしょうか? 心配していても仕方ありません Que Será, Será なるようになる です

あーーーっ 追われている

ものすごく追われています 幾つかの講演会が重なり、その準備に追われているのです 好きなプログラミングも少しお休みです

ただ、こちらもタダで転ぶつもりはありません この機会に、自分の不得手な分野について急速に知識を高めるために勉強しながら講演会の準備をしています 論文を読み、忘れない内にすぐにそれからPowerpointの発表を作成し、そしてまた次の論文に移る、その中で現在進んでいるおおまかな流れが理解できるようになり、一つの壮大なストーリーが出来上がる筈なのです まあうまく行けばなのですが・・・

ところで、昨日札幌の夜は冷え込みましたが、空は晴れ、星も見えていました そしてそしてついに生涯で初めて「皆既月食 – Blue and Pink Moon」を見ました iPhoneで写真も撮りましたが、あまりにも小さく写り駄目です

そして昨夜も 3:00AM頃まで一人勉強と、Powerpointの作成です 今朝は8:30AMに札幌東徳洲会病院心臓センターに登場し、それからカンファランスそしてTAVIを行いました そのまま羽田に飛び立ち、現在は羽田 Excel Tokyu Hotelの喫茶で時間調整中なのですよっ

うーん 追われっ放しで辛いなあ

苦労した甲斐があります

昨日はから本日と雪のためバタバタでしたが、それでも苦労した甲斐はあったようです

本日は医学的理由から三例全例とも自己拡張型ディバイスによるTAVIでしたし、しかも二例は alternative approachによるものでした なかなか難しい症例でしたが、全例素晴らしいできで終了しました 雪の中飛行機の便変更で僕はもちろんのこと鎌倉や札幌のスタッフが振り回されましたが それでもこのような結果であり良かったと思います

今現在 ANA Chitose Loungeで 18:30発の便を待っています この便も5分遅れとの報ですが、まあ飛ぶだけマシですかね