Detroitでの有意義な三日間

Detroitで Interventional CardiologyのDirectorをされている京都大学ご出身の山崎先生に招かれ、St. John Hospitalを訪問しました。今回、松陰くん、吉町くん、舛谷くんも一緒でした。宿泊はSt. John Hospitalから車で10分足らずの山崎先生のご自宅でした。

10/08 13:30頃にDetroit Metropolitan International Airportに到着し、山崎先生の運転される Priusに乗り、ご自宅に伺いました。暫しご自宅で休憩させて頂いてから、その日は、 Fellow向けに慢性完全閉塞についての講演を40分ぐらいで行い、その夜は山崎先生の奥様がご用意された夕食を皆で頂きました。とてもおいしく頂いたのですが、やはり時差ボケで 10:00 PM頃には皆眠くなり、早めにベッドに入りました。

時差ボケに弱い僕にしては珍しく、その日は間欠的ではありましたが、9日火曜日の6:00 AM頃まで眠ることができたのです。朝、ご自宅で朝食を頂き、St. John Hospitalに 8:00 AM前に到着しました。

今回、山崎先生、上司の先生、秘書さん達の多大なお計らいにより、私自身はSt. John Hospital゛での temporal medical licenseを取得しましたので、手技をデモすることができました。これでアメリカ国内で実際に手技を行い、デモをしたのは、St. Vincent’ Catholic Medical Center (New York), Columbia University Hospital (New York), Wake Medical Center (South Carolina), Washington Hospital Center (Washington DC), Scrips Clinic (San Diego), Mercy Hospital (Scranton)についで、7つ目の病院です。